Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

源川瑠々子の「花の日本橋」 (2014/5/23更新) ゲスト/映画評論家 国弘よう子さん◇今週の「花の日本橋」は、映画評論家の国弘よう子さんをお迎えします。先月行われた、第23回「映画批評家大賞授賞式」の様子から、今後注目したい受賞者の方々のコメントもお聞きしました!もちろん、新作映画の紹介も!ということで、SNS上で起こった事件に巻き込まれる人々の姿をサスペンスフルに描いた群像ドラマ『ディス/コネクト』や、お笑いタレントの劇団ひとりが、自身の書き下ろし小説を初監督で映画化した『青天の霹靂』についてお話していただきます!そして、林家うん平師匠のコーナー「コレゾ日本橋!」では、日本で唯一の「地球儀専門店」の相川さんに多種多様な地球儀をご紹介していただきました!

ゲスト◇盛田株式会社 商品企画室 佐藤朋子(Tomoko Sato)

ゲスト◇弁松総本店 代表 樋口 純一(Junichi Higuchi)

ゲスト◇福島深雪(Miyuki Hukushima)日本橋三越本店総務部で接待係を担当した後、2004年より名橋「日本橋」保存会の活動に携わる。 地域イベントの司会やシンポジウムのパネリストなど、さまざまな活動を行っている。

ゲスト◇「和」のコンシェルジュ 新日屋 取締役 塚本陽子(Yoko Tsukamoto)

源川瑠々子の「花の日本橋」 (2014/09/12更新) ゲスト/竹久夢二専門店ギャラリー港屋 会長の大平直輝さん、大平孝子さん◇今週の「花の日本橋」は、竹久夢二専門店ギャラリー港屋の会長 大平直輝さん、奥様の大平孝子さんをお迎えします。今年で生誕130周年を迎える夢二の商品を初めて取り扱うお店として始まった「港屋」の当時のお話や、大正時代から現代まで女性達に支持され続ける夢二の魅力を語っていただきました。そして、林家うん平師匠の「コレゾ日本橋!」では、コレド室町2にあります、さつま揚げ専門店「玖子貴(キュウジキ)」から、鹿児島出身の前田さんにオススメ商品をご紹介していただきます!

花の日本橋(2014/06/13更新) ゲスト/やのはな from VOJA◇亀渕友香率いる日本を代表するゴスペルグループ、 The Voices of Japanのメンバーから女性5人で構成 するユニット。 日本の美しい文化や情景を音楽を通じて表現する、 ゴスペルとは違う、音楽を表現する。

源川瑠々子の「花の日本橋」 (2014/09/19更新) ゲスト/三重テラス 加藤憲祐さん◇今週の「花の日本橋」は、三重テラスの加藤憲祐さんをお迎えします。昨年には、伊勢神宮の式年遷宮など、今注目の三重県のアンテナショップとして、日本橋に出店したのは三重との深い繋がりが?? 歴史も交えた三重の魅力満載のお話から、今月9月28日で1周年を迎える三重テラスでのイベント情報、レストランの期間限定メニューの詳細もお聞きします!そして、林家うん平師匠の「コレゾ日本橋!」では、コレド室町3にあります、「SUSgallery(サスギャラリー)」から、店長の徳田さんに、真空チタンカップの性能をたっぷりとご紹介していただきます!

ゲスト◇中村 京妙(kyoutae nakamura) 中野区出身、女方の歌舞伎俳優。昭和51年国立劇場第三期歌舞伎俳優研修修了。同年4月、本名で国立劇場『金門五山桐(きんもんごさんのきり)』の腰元ほかで初舞台。52年4月中村雀右衛門に入門し中村京妙を名のる。62年5月名題昇進。小柄で可愛らしい若女方で、いつまでも初々しい色気と華やかな雰囲気を持ち、師匠譲りの華と芸を兼ね備えた実力派。時代物の腰元も世話物の芸者もよく似合い、関西の歌舞伎鑑賞教室で『俊寛』の海女千鳥に抜擢される。新橋演舞場では、『東海道四谷怪談』の孫娘お梅を演じるなど、舞台で華々しい活躍中。勉強会で『将門(まさかど)』の滝夜叉姫や『妹背山(いもせやま)』のお三輪などを熱演し、師匠そっくりだと評判を受ける。昭和52年3月、55年12月国立劇場奨励賞。平成11年5月歌舞伎座賞。12年第六回日本俳優協会賞。 13年第17回こんぴら大歌舞伎三穂津さくら賞。20年3月国立劇場特別賞。

ゲスト◇浜町高虎/高林晋(Susumu Tahabayashi)江戸時代から職人の町とされてきた日本橋・浜町。その地に店を構える「濱甼高虎」、昭和23年(1948年)の開業。前身は、日本橋・人形町に江戸後期に創業の染元「紺屋」。紺屋の技術を受け継ぎ、今も染色工程にまで関わり半纏や暖簾、手ぬぐいや袋物などを仕立てている。祭り半纏(はんてん)や手拭いなどをはじめ、合財袋(がっさいぶくろ)、掛守り(かけまもり)などに江戸の洒落を効かせた商品を多数制作している。