Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

源川瑠々子の「花の日本橋」 (2014/5/23更新) ゲスト/映画評論家 国弘よう子さん◇今週の「花の日本橋」は、映画評論家の国弘よう子さんをお迎えします。先月行われた、第23回「映画批評家大賞授賞式」の様子から、今後注目したい受賞者の方々のコメントもお聞きしました!もちろん、新作映画の紹介も!ということで、SNS上で起こった事件に巻き込まれる人々の姿をサスペンスフルに描いた群像ドラマ『ディス/コネクト』や、お笑いタレントの劇団ひとりが、自身の書き下ろし小説を初監督で映画化した『青天の霹靂』についてお話していただきます!そして、林家うん平師匠のコーナー「コレゾ日本橋!」では、日本で唯一の「地球儀専門店」の相川さんに多種多様な地球儀をご紹介していただきました!

源川瑠々子の「花の日本橋」 (2014/5/23更新) ゲスト/映画評論家 国弘よう子さん◇今週の「花の日本橋」は、映画評論家の国弘よう子さんをお迎えします。先月行われた、第23回「映画批評家大賞授賞式」の様子から、今後注目したい受賞者の方々のコメントもお聞きしました!もちろん、新作映画の紹介も!ということで、SNS上で起こった事件に巻き込まれる人々の姿をサスペンスフルに描いた群像ドラマ『ディス/コネクト』や、お笑いタレントの劇団ひとりが、自身の書き下ろし小説を初監督で映画化した『青天の霹靂』についてお話していただきます!そして、林家うん平師匠のコーナー「コレゾ日本橋!」では、日本で唯一の「地球儀専門店」の相川さんに多種多様な地球儀をご紹介していただきました!

ゲスト◇久松(Hisamatsu)3月3日の雛祭りの日に、三代続く生粋の江戸っ子として、日本橋人形町に生まれる。15歳でお雛妓さんとしてお座敷にあがり、19歳で芸妓として一本立ちを迎えた。おりしも高度経済成長の波にわく活気溢れる日本橋で、400人を超す芸妓衆(当時)の中心として葭町の花柳界を支えてきた。慣わし通りに6歳の6月6日から日本舞踊の稽古を初め、以降お囃子、小唄、長唄、常磐津、祭囃子・・・といろいろな芸事に精進。明治座をはじめ数々の舞台にも上がり、現在に至るまで芸能者としての研鑽を積んでおり、とくに舞踊、お囃子においては名手として知られている。歌舞伎界との親交も深く、長唄や常磐津、鳴物などの各派の会に招かれることも多い。舞台に留まらず最近では映画「力道山」でお座敷シーンへ芸妓として出演するとともに、この場面での出演者への指導もこなした。現在も葭町の見番に籍をおきながら、置屋のお母さんとして、また芸妓としてお座敷に上がり多忙な日々を送る。主なお出先は、玄冶店でも有名な老舗料亭「濱田屋」。

ゲスト◇久松(Hisamatsu)3月3日の雛祭りの日に、三代続く生粋の江戸っ子として、日本橋人形町に生まれる。15歳でお雛妓さんとしてお座敷にあがり、19歳で芸妓として一本立ちを迎えた。おりしも高度経済成長の波にわく活気溢れる日本橋で、400人を超す芸妓衆(当時)の中心として葭町の花柳界を支えてきた。慣わし通りに6歳の6月6日から日本舞踊の稽古を初め、以降お囃子、小唄、長唄、常磐津、祭囃子・・・といろいろな芸事に精進。明治座をはじめ数々の舞台にも上がり、現在に至るまで芸能者としての研鑽を積んでおり、とくに舞踊、お囃子においては名手として知られている。歌舞伎界との親交も深く、長唄や常磐津、鳴物などの各派の会に招かれることも多い。舞台に留まらず最近では映画「力道山」でお座敷シーンへ芸妓として出演するとともに、この場面での出演者への指導もこなした。現在も葭町の見番に籍をおきながら、置屋のお母さんとして、また芸妓としてお座敷に上がり多忙な日々を送る。主なお出先は、玄冶店でも有名な老舗料亭「濱田屋」。

ゲスト◇「和」のコンシェルジュ 新日屋  取締役 塚本陽子(Yoko Tsukamoto)

ゲスト◇「和」のコンシェルジュ 新日屋 取締役 塚本陽子(Yoko Tsukamoto)

ゲスト◇中村京妙(kyotae nakamura) 東京都中野区出身、女方の歌舞伎俳優。 昭和51年国立劇場第三期歌舞伎俳優研修修了。同年4月、本名で国立劇場『金門五山桐(きんもんごさんのきり)』の腰元ほかで初舞台。52年4月中村雀右衛門に入門し中村京妙を名のる。62年5月名題昇進。小柄で可愛らしい若女方で、いつまでも初々しい色気と華やかな雰囲気を持ち、師匠譲りの華と芸を兼ね備えた実力派。時代物の腰元も世話物の芸者もよく似合い、関西の歌舞伎鑑賞教室で『俊寛』の海女千鳥に抜擢される。新橋演舞場では、『東海道四谷怪談』の孫娘お梅を演じるなど、舞台で華々しい活躍中。勉強会で『将門(まさかど)』の滝夜叉姫や『妹背山(いもせやま)』のお三輪などを熱演し、師匠そっくりだと評判を受ける。昭和 52年3月、55年12月国立劇場奨励賞。平成11年5月歌舞伎座賞。12年第六回日本俳優協会賞。13年第17回こんぴら大歌舞伎三穂津さくら賞。20年3月国立劇場特別賞。

ゲスト◇中村京妙(kyotae nakamura) 東京都中野区出身、女方の歌舞伎俳優。 昭和51年国立劇場第三期歌舞伎俳優研修修了。同年4月、本名で国立劇場『金門五山桐(きんもんごさんのきり)』の腰元ほかで初舞台。52年4月中村雀右衛門に入門し中村京妙を名のる。62年5月名題昇進。小柄で可愛らしい若女方で、いつまでも初々しい色気と華やかな雰囲気を持ち、師匠譲りの華と芸を兼ね備えた実力派。時代物の腰元も世話物の芸者もよく似合い、関西の歌舞伎鑑賞教室で『俊寛』の海女千鳥に抜擢される。新橋演舞場では、『東海道四谷怪談』の孫娘お梅を演じるなど、舞台で華々しい活躍中。勉強会で『将門(まさかど)』の滝夜叉姫や『妹背山(いもせやま)』のお三輪などを熱演し、師匠そっくりだと評判を受ける。昭和 52年3月、55年12月国立劇場奨励賞。平成11年5月歌舞伎座賞。12年第六回日本俳優協会賞。13年第17回こんぴら大歌舞伎三穂津さくら賞。20年3月国立劇場特別賞。

源川瑠々子の「花の日本橋」 (2014/09/19更新) ゲスト/三重テラス 加藤憲祐さん◇今週の「花の日本橋」は、三重テラスの加藤憲祐さんをお迎えします。昨年には、伊勢神宮の式年遷宮など、今注目の三重県のアンテナショップとして、日本橋に出店したのは三重との深い繋がりが?? 歴史も交えた三重の魅力満載のお話から、今月9月28日で1周年を迎える三重テラスでのイベント情報、レストランの期間限定メニューの詳細もお聞きします!そして、林家うん平師匠の「コレゾ日本橋!」では、コレド室町3にあります、「SUSgallery(サスギャラリー)」から、店長の徳田さんに、真空チタンカップの性能をたっぷりとご紹介していただきます!

源川瑠々子の「花の日本橋」 (2014/09/19更新) ゲスト/三重テラス 加藤憲祐さん◇今週の「花の日本橋」は、三重テラスの加藤憲祐さんをお迎えします。昨年には、伊勢神宮の式年遷宮など、今注目の三重県のアンテナショップとして、日本橋に出店したのは三重との深い繋がりが?? 歴史も交えた三重の魅力満載のお話から、今月9月28日で1周年を迎える三重テラスでのイベント情報、レストランの期間限定メニューの詳細もお聞きします!そして、林家うん平師匠の「コレゾ日本橋!」では、コレド室町3にあります、「SUSgallery(サスギャラリー)」から、店長の徳田さんに、真空チタンカップの性能をたっぷりとご紹介していただきます!

ゲスト◇福島深雪(Miyuki Hukushima)日本橋三越本店総務部で接待係を担当した後、2004年より名橋「日本橋」保存会の活動に携わる。 地域イベントの司会やシンポジウムのパネリストなど、さまざまな活動を行っている。

ゲスト◇福島深雪(Miyuki Hukushima)日本橋三越本店総務部で接待係を担当した後、2004年より名橋「日本橋」保存会の活動に携わる。 地域イベントの司会やシンポジウムのパネリストなど、さまざまな活動を行っている。

ゲスト◇弁松総本店 代表 樋口 純一(Junichi Higuchi)

ゲスト◇弁松総本店 代表 樋口 純一(Junichi Higuchi)

ゲスト◇「日本橋三四四会」/佐久間一郎(Ichiro Sakuma)当会は、昭和34年4月に日本橋料理飲食業組合の青年部として発足。スタートの日時にちなみ、「三四四(みよし)会」と名づけられました。以来五十余年、東京・日本橋に根ざした活動を積み重ねながら、真摯に料理づくりに励むことで日本橋の味を守り、会員間の交流の輪を広げてまいりました。また、近年は地域のさまざまな活動に積極的に参加し、地域の活性化という課題にも前向きに取り組んでいます。

ゲスト◇「日本橋三四四会」/佐久間一郎(Ichiro Sakuma)当会は、昭和34年4月に日本橋料理飲食業組合の青年部として発足。スタートの日時にちなみ、「三四四(みよし)会」と名づけられました。以来五十余年、東京・日本橋に根ざした活動を積み重ねながら、真摯に料理づくりに励むことで日本橋の味を守り、会員間の交流の輪を広げてまいりました。また、近年は地域のさまざまな活動に積極的に参加し、地域の活性化という課題にも前向きに取り組んでいます。

ゲスト◇鈴木道こ(Michiko Suzuki)大学卒業後出版社に勤務。現在、多国籍料理を創作・指導すると共にサプライズダイニング誌、ムック本等に執筆。また世界の情報が行きかう中、日本ならではの「箸」を通して和のこころを伝えて行くことに携わる。

ゲスト◇鈴木道こ(Michiko Suzuki)大学卒業後出版社に勤務。現在、多国籍料理を創作・指導すると共にサプライズダイニング誌、ムック本等に執筆。また世界の情報が行きかう中、日本ならではの「箸」を通して和のこころを伝えて行くことに携わる。

源川瑠々子の「花の日本橋」 (2014/06/20更新) ゲスト/日本橋ふくしま館 MIDETTE 館長 加藤さん◇今週の「花の日本橋」は、 日本橋ふくしま館 MIDETTE 館長の加藤さんをお迎えします。ご本人も福島県のご出身だという加藤さんから、ふくしま館での人気の商品「ままどおる」や「ゆべし」に加え、金賞を穫ったお酒の数が日本一である福島の魅力をたっぷりと語っていただきます!その他、毎月29日(ふくの日)に行う、イベント情報もお聞きしました。そして、「コレゾ日本橋!」では、コレド室町3の中にある、今治タオルの「伊織」から、店長の宮下さんをお迎えして、さまさまな場面に合わせた商品をご紹介していただきました!

源川瑠々子の「花の日本橋」 (2014/06/20更新) ゲスト/日本橋ふくしま館 MIDETTE 館長 加藤さん◇今週の「花の日本橋」は、 日本橋ふくしま館 MIDETTE 館長の加藤さんをお迎えします。ご本人も福島県のご出身だという加藤さんから、ふくしま館での人気の商品「ままどおる」や「ゆべし」に加え、金賞を穫ったお酒の数が日本一である福島の魅力をたっぷりと語っていただきます!その他、毎月29日(ふくの日)に行う、イベント情報もお聞きしました。そして、「コレゾ日本橋!」では、コレド室町3の中にある、今治タオルの「伊織」から、店長の宮下さんをお迎えして、さまさまな場面に合わせた商品をご紹介していただきました!

Pinterest
検索