Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

Ciudad Autónoma de Buenos Aires

チョリパン from Buenos Aires,Argentina. アルゼンチンのソウルフードである「チョリパン」。大きなチョリソーを縦に割いたものを焼き上げて、バゲットで挟んで、チミチュリというソースをかけたら出来上がり。シンプルな料理でありながら、店によって、チョリソー、バゲット、チミチュリソースに店それぞれのこだわりがあり、奥深い世界が広がっている。 チョリパンを販売する屋台は街のいたるところにある。テイクアウトしたチョリパンを公園で食べるのがなんとも気持ちよかった。名前がかわいいのもいい。「チョリパン」ってなんだかとってもキュートだ。

Ciudad Autónoma de Buenos Aires (Buenos Aires)

アルゼンチンの牛肉 from Buenos Aires,Argentina. アルゼンチンは牛肉大国。一人、一年あたりの牛肉の消費量は日本人の約十倍とも言われ、2009年まで世界一位の座についていた。2010年に隣国ウルグアイにその座を明け渡したが、以降もデッドヒートを繰り広げている...

Asunción, Paraguay

パラグアイの鉄板焼き屋さん from Asuncion,Paraguay. ボリビアのサンタクルスからパラグアイに入国し、首都アスンシオンへ。宿泊先に隣接する市場を散策中、一軒の屋台の前で足を止めてしまった。

Guadalajara

Dish.0022 “Torta Ahogada”「トルタ・アオガーダ」。メキシコ第2の都市であり、テキーラの故郷でもあるグアダラハラ。郊外にはテキーラと呼ばれる村があり、周辺には原料のアガベ(竜舌蘭)の畑が広がっている。そんなグアダラハラの名物がトルタ・アオガーダ。バゲットの中に鶏肉や玉ねぎを挟んだサンドイッチだが、…

Marrakech (مراكش)

Dish.0602 シシケバブ from Marrakech,Morocco. モロッコ、マラケシュのジャマ・エル・フナ広場には数えきれないほどの屋台や露店が並び、モロッコ料理がぎゅっとつまったスポットになっている。...

Puerto Escondido

from Puerto Escondido,Mexico.“Pozole”メキシコの家庭料理「ポソーレ」。メキシコ全土で食べられる定番の料理なので、メキシコ滞在中に何度か食べたが、ここ、プエルト=エスコンディードで食べたポソーレはとりわけ絶品だった。メキシコで食べた料理の中で最も美味しかった。豚の頭や豚骨を長時間煮込んでとったダシに豚肉、豚の皮、白とうもろこしを加え、濃厚なスープを作る。細切りのレタスや玉ねぎ、…

Porto

Dish.0653 ポルトガルのタコ料理 from Porto,Portugal. 欧米ではあまりタコを食べる習慣がない。イギリスなど一部の地域においては「Devil Fish」(悪魔の魚)などと呼ばれていたりもしている。ちなみに日本の消費量は世界一位で60%を占めるという統計も出ている。

Porto

Dish.0657 ポルトガルのイワシ。 from Porto,Portugal. 世界中を旅しながら、日本料理ほど「旬」を重んじる食文化はないなと感じた。四季だとか、季節感だとかを生活様式や文化の中で昇華・洗練させるのは日本人ならではの繊細な気質なのだとつくづく思う。

San Salvador

from San Salvador,El Salvador."Gallo Pint"中南米にはガジョピントと呼ばれる「赤飯」がある。この一帯では珍しく米が主食であるコスタリカでの国民食だが、近隣のエルサルバドルの食堂でもガジョピントが提供されていた。黒豆を煮た煮汁で炊き上げる赤飯のようなものだが、ニンニク、ピーマン、玉ねぎ、香草、時にはタイムなどのハーブ類と一...

Sahara Desert, Merzouga

Dish.0615 砂漠でのディナー from Merzouga,Morocco. 人生で初めてとなる砂漠のディナーはタジンだった。タジン鍋の中には鶏肉とインゲン、茄子、瓜などがたっぷりと盛られていた。タジンの特徴はこの野菜にあり、加熱することによって蒸発した野菜の水分が円錐型の鍋の中で内部をつたわり、具材に戻っていく。つまり水を使わずに、素材に含まれている水分だけで仕上げていく料理なのである。...