Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

偕楽園焼 金彩寿字文盃 6客(江戸時代19世紀、高2.7cm/口径6.4cm)六客一揃えの盃で、器の内側には中央に金彩で「寿」の文字をあらわし、その周囲に唐草文をめぐらせている。器の外側には、菊と水仙を色絵で描き、高台の周囲にも唐草文をあしらっている。菊は秋、水仙は冬から春にかけて咲く花だが、菊は長寿、水仙は「仙」に通じることから、どちらも目出度い主題だった。また、唐草文の蔓も連続性や子孫繁栄を象徴している。器の底の高台内に金彩で「偕楽園製」と記され、江戸時代後期に和歌山城下で焼かれた偕楽園焼とわかる。

偕楽園焼 金彩寿字文盃 6客(江戸時代19世紀、高2.7cm/口径6.4cm)六客一揃えの盃で、器の内側には中央に金彩で「寿」の文字をあらわし、その周囲に唐草文をめぐらせている。器の外側には、菊と水仙を色絵で描き、高台の周囲にも唐草文をあしらっている。菊は秋、水仙は冬から春にかけて咲く花だが、菊は長寿、水仙は「仙」に通じることから、どちらも目出度い主題だった。また、唐草文の蔓も連続性や子孫繁栄を象徴している。器の底の高台内に金彩で「偕楽園製」と記され、江戸時代後期に和歌山城下で焼かれた偕楽園焼とわかる。

偕楽園焼 灰釉平茶碗 銘「新樹」(口径15.6cm/高さ6.3cm、和歌山県立博物館)。平茶碗とは、茶の湯で、夏季おもに風炉を用いる際に使う、皿より深めの茶碗をいう。この資料は、草木灰を主成分とした釉薬を使用しており、淡緑色に美しく発色している。高台脇に、小文字の「偕楽園製」という陰印刻銘がほどこされている。収納する桐箱には、紀伊徳川家所蔵票が貼られており、またこの茶碗を「新樹」と名付けた、治宝側近の伊達千広(1802~77)の箱書がある。

偕楽園焼 灰釉平茶碗 銘「新樹」(口径15.6cm/高さ6.3cm、和歌山県立博物館)。平茶碗とは、茶の湯で、夏季おもに風炉を用いる際に使う、皿より深めの茶碗をいう。この資料は、草木灰を主成分とした釉薬を使用しており、淡緑色に美しく発色している。高台脇に、小文字の「偕楽園製」という陰印刻銘がほどこされている。収納する桐箱には、紀伊徳川家所蔵票が貼られており、またこの茶碗を「新樹」と名付けた、治宝側近の伊達千広(1802~77)の箱書がある。

偕楽園焼

偕楽園焼

偕楽園焼

偕楽園焼

偕楽園焼 交趾写二彩寿字文花生 典型的な偕楽園焼の二彩寿字文花生である。釉薬はやや薄いが、内面全体にも紫釉がかかる。底面高台内に陰印刻銘で「偕楽園製」(楷書体)とある。箱書によれば、紀伊藩主からの拝領品であるということである。この種の交趾写の作品は、西浜御殿内の窯で製作されたものか、このような銘のある破片が発見された南紀男山窯もしくは南紀高松窯で製作されたものかは、判別することができない。

偕楽園焼 交趾写二彩寿字文花生 典型的な偕楽園焼の二彩寿字文花生である。釉薬はやや薄いが、内面全体にも紫釉がかかる。底面高台内に陰印刻銘で「偕楽園製」(楷書体)とある。箱書によれば、紀伊藩主からの拝領品であるということである。この種の交趾写の作品は、西浜御殿内の窯で製作されたものか、このような銘のある破片が発見された南紀男山窯もしくは南紀高松窯で製作されたものかは、判別することができない。

偕楽園焼 向付 永楽保全(1795〜1854) 保全は十一代永楽善五郎。十代・了全の養子で「永楽家中興の祖」と呼ばれる人物。茶陶の世界では仁清、乾山とも並び称され、傑出した陶技が遺憾なく発揮されている。

偕楽園焼 向付 永楽保全(1795〜1854) 保全は十一代永楽善五郎。十代・了全の養子で「永楽家中興の祖」と呼ばれる人物。茶陶の世界では仁清、乾山とも並び称され、傑出した陶技が遺憾なく発揮されている。

偕楽園焼 交趾写黄白釉寿字文花生 江戸時代後期 陶磁器 口径13.4cm,高さ29.7cm 1口  偕楽園焼の典型的な交趾写花生のスタイルで、文様の構成も同じであるが、外面の「壽」字の部分のみ白釉とし、その他の部分は黄釉で染めている点が珍しい。ただし、釉薬が薄いため、轆轤による調整痕を観察できる。また、浮き彫りとなっている文様線は、強く浮き出ており、一般的な二彩の作品より、文様の輪郭をはっきりと見ることができる。底面には、陰印刻銘で「偕楽園製」とある。

偕楽園焼 交趾写黄白釉寿字文花生 江戸時代後期 陶磁器 口径13.4cm,高さ29.7cm 1口 偕楽園焼の典型的な交趾写花生のスタイルで、文様の構成も同じであるが、外面の「壽」字の部分のみ白釉とし、その他の部分は黄釉で染めている点が珍しい。ただし、釉薬が薄いため、轆轤による調整痕を観察できる。また、浮き彫りとなっている文様線は、強く浮き出ており、一般的な二彩の作品より、文様の輪郭をはっきりと見ることができる。底面には、陰印刻銘で「偕楽園製」とある。

偕楽園焼 赤楽加賀光悦写茶碗 二代•弥介 天保7年/1836 偕楽園焼は紀州藩十代藩主・徳川治宝が、文政二年(1819)に別邸西浜御殿に京都の陶工らを招いて始めた御庭焼。本品は二代・弥介(やすけ)の天保7年(1836)の作。

偕楽園焼 赤楽加賀光悦写茶碗 二代•弥介 天保7年/1836 偕楽園焼は紀州藩十代藩主・徳川治宝が、文政二年(1819)に別邸西浜御殿に京都の陶工らを招いて始めた御庭焼。本品は二代・弥介(やすけ)の天保7年(1836)の作。

瑞芝焼 青磁菊透文手焙 江戸時代後期 和歌山市立博物館 和歌山城下の鈴丸で焼かれた瑞芝焼は、偕楽園焼・南紀男山焼と並んで近世紀州三大窯の一つに数えられる。諸窯の写しが多いが、精美な青磁製品が知られる。

瑞芝焼 青磁菊透文手焙 江戸時代後期 和歌山市立博物館 和歌山城下の鈴丸で焼かれた瑞芝焼は、偕楽園焼・南紀男山焼と並んで近世紀州三大窯の一つに数えられる。諸窯の写しが多いが、精美な青磁製品が知られる。

南紀男山焼 色絵花蝶文花生 江戸時代後期 和歌山市立博物館 底部には「南紀男山」銘があり、胴部には「偕楽園画製」と記される。素地を南紀男山窯(有田郡広川町)で焼き、色絵部分を西浜御殿内で仕上げたと考えられる。

南紀男山焼 色絵花蝶文花生 江戸時代後期 和歌山市立博物館 底部には「南紀男山」銘があり、胴部には「偕楽園画製」と記される。素地を南紀男山窯(有田郡広川町)で焼き、色絵部分を西浜御殿内で仕上げたと考えられる。

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search