Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

南紀男山焼 染付玉津春暁図花生 江戸時代後期 口径11.9cm/高さ26.2cm 南紀男山焼は、文政10年(1827)に藩の支援を得て、現在の広川町上中野に崎山利兵衛が開窯した窯で製作されたやきものである。この窯では、明治11年(1878)まで、染付の日常雑器を中心に生産を行っていた。本品は、和歌浦八景の一つ、「玉津春暁」をモチーフにした染付の花生で、玉津島神社周辺の景観を構成する観海閣・海禅院多宝塔・三断橋・鏡山などを描き、くびれの部分に片男波を表現する。底面には、染付銘で「南紀男山」とある。

南紀男山焼 染付玉津春暁図花生 江戸時代後期 口径11.9cm/高さ26.2cm 南紀男山焼は、文政10年(1827)に藩の支援を得て、現在の広川町上中野に崎山利兵衛が開窯した窯で製作されたやきものである。この窯では、明治11年(1878)まで、染付の日常雑器を中心に生産を行っていた。本品は、和歌浦八景の一つ、「玉津春暁」をモチーフにした染付の花生で、玉津島神社周辺の景観を構成する観海閣・海禅院多宝塔・三断橋・鏡山などを描き、くびれの部分に片男波を表現する。底面には、染付銘で「南紀男山」とある。

japanese.

japanese.

Japanese pottery

Japanese pottery

偕楽園焼 交趾写二彩寿字文花生 典型的な偕楽園焼の二彩寿字文花生である。釉薬はやや薄いが、内面全体にも紫釉がかかる。底面高台内に陰印刻銘で「偕楽園製」(楷書体)とある。箱書によれば、紀伊藩主からの拝領品であるということである。この種の交趾写の作品は、西浜御殿内の窯で製作されたものか、このような銘のある破片が発見された南紀男山窯もしくは南紀高松窯で製作されたものかは、判別することができない。

偕楽園焼 交趾写二彩寿字文花生 典型的な偕楽園焼の二彩寿字文花生である。釉薬はやや薄いが、内面全体にも紫釉がかかる。底面高台内に陰印刻銘で「偕楽園製」(楷書体)とある。箱書によれば、紀伊藩主からの拝領品であるということである。この種の交趾写の作品は、西浜御殿内の窯で製作されたものか、このような銘のある破片が発見された南紀男山窯もしくは南紀高松窯で製作されたものかは、判別することができない。

Japanese Pottery Japanese Tea Bowl Kutani Ware for Green Tea Maccha

Japanese Pottery Japanese Tea Bowl Kutani Ware for Green Tea Maccha

南紀男山焼 色絵花蝶文花生 江戸時代後期 和歌山市立博物館 底部には「南紀男山」銘があり、胴部には「偕楽園画製」と記される。素地を南紀男山窯(有田郡広川町)で焼き、色絵部分を西浜御殿内で仕上げたと考えられる。

南紀男山焼 色絵花蝶文花生 江戸時代後期 和歌山市立博物館 底部には「南紀男山」銘があり、胴部には「偕楽園画製」と記される。素地を南紀男山窯(有田郡広川町)で焼き、色絵部分を西浜御殿内で仕上げたと考えられる。

Japanese__SATSUMA pottery Vase

Japanese__SATSUMA pottery Vase

The Bernard Leach St Ives United KingdomGalena釉線Homizuchu 1922 16.8 x 14.5 cm No.3966

The Bernard Leach St Ives United KingdomGalena釉線Homizuchu 1922 16.8 x 14.5 cm No.3966

Japanese Satsuma Vase

Japanese Satsuma Vase

南紀男山焼 紀三井寺図水指 江戸時代後期 和歌山市立博物館 南紀男山窯は、崎山利兵衛(さきやまりへえ)が文政10年(1827)に有田郡広村に開窯した登窯で、九州の伊万里焼に似た染付の磁器類を多く焼いた。名刹紀三井寺と名草山を描く。

南紀男山焼 紀三井寺図水指 江戸時代後期 和歌山市立博物館 南紀男山窯は、崎山利兵衛(さきやまりへえ)が文政10年(1827)に有田郡広村に開窯した登窯で、九州の伊万里焼に似た染付の磁器類を多く焼いた。名刹紀三井寺と名草山を描く。

Pinterest
検索