Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

南紀男山焼 染付玉津春暁図花生 江戸時代後期 口径11.9cm/高さ26.2cm 南紀男山焼は、文政10年(1827)に藩の支援を得て、現在の広川町上中野に崎山利兵衛が開窯した窯で製作されたやきものである。この窯では、明治11年(1878)まで、染付の日常雑器を中心に生産を行っていた。本品は、和歌浦八景の一つ、「玉津春暁」をモチーフにした染付の花生で、玉津島神社周辺の景観を構成する観海閣・海禅院多宝塔・三断橋・鏡山などを描き、くびれの部分に片男波を表現する。底面には、染付銘で「南紀男山」とある。

偕楽園焼 交趾写二彩寿字文花生 典型的な偕楽園焼の二彩寿字文花生である。釉薬はやや薄いが、内面全体にも紫釉がかかる。底面高台内に陰印刻銘で「偕楽園製」(楷書体)とある。箱書によれば、紀伊藩主からの拝領品であるということである。この種の交趾写の作品は、西浜御殿内の窯で製作されたものか、このような銘のある破片が発見された南紀男山窯もしくは南紀高松窯で製作されたものかは、判別することができない。

南紀男山焼 染付名草晩潮図大皿 江戸時代後期 口径39.6cm/高さ9.3cm この資料は、「瀟湘八景」「近江八景」を模倣した「和歌浦八景」のうち、「名草晩潮」をモチーフとした作品である。和歌浦湾から望む名草山・紀三井寺・名草浜などをデフォルメして描いた染付の大皿で、縁の周囲には豪快な波濤文をめぐらし、縁の形にも変化をつけている。側面には、桃の果実・霊芝・蝙蝠という不老長寿の意匠を表す。底面の高台中央には、「南紀男山」の染付銘がある。

Japanese Pottery Japanese Tea Bowl Kutani Ware for Green Tea Maccha

南紀男山焼 染付琴浦戯鴎図大皿 江戸時代後期 口径39.2cm/高さ8.7cm 南紀男山焼製の大皿で、「和歌浦八景」の一つである「琴浦戯入」をモチーフとした作品である。中央に和歌浦湾に付き出した毛見崎の南東に位置する琴浦を描き、その上に空を群舞する入を表現する。右奥に見えるのは、黒江(現・海南市)の町並みであろう。外周には、波濤文をめぐらす。側面には、50と同様に、桃の果実・霊芝・蝙蝠が描かれ、また底面の高台中央に、「南紀男山」(行書体)の染付銘がある。

Japanese__SATSUMA pottery Vase

Korin maki-e lacquer box, Edo period (1603-1868), Japan 光琳蒔絵桐流水文手箱 江戸時代