Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

関連トピックを見てみる

デスクワークのスペースは、天井までの大きな本棚でゆるやかにパーティションされている。木目の構造合板の向こう側がカスタムペイントするスペース。

デスクワークのスペースは、天井までの大きな本棚でゆるやかにパーティションされている。木目の構造合板の向こう側がカスタムペイントするスペース。

子どもは2階、親は1階 一家4人+ホワイトスイスシェパード2頭が暮らす宇野さん宅。ここが葉山というインフォメーションがなければ、アメリカのお宅を拝見しているように感じてしまうかも。 それもそのはず、夫の雄大さんはバンクーバーで、妻の洋子さんはアリゾナで長く暮らした経験があるので、日本で家を建てるならアメリカのスタイルでと考えていたそうなのだ。 「アメリカでは、子どもは子ども、親は親と、子どもと親の暮らしを分けるスタイルが自然です。我が家では2階が子どもたち、親は1階と分けています。そのほうが子どもはのびのびと自由に遊べますし、親も自分の時間が持てるので、どちらもハッピーです」と洋子さん。 「“2階で夢中になって遊んでいたら下から料理のいい匂いがする、お腹が空いたから降りてみよう……”、そんな家族の姿が理想でした」 都内で飲食店を経営する雄大さんは、料理のいい匂いがキッチンから2階に上がっていく吹き抜けを作った理由をそう話してくれた。…

理想のアメリカンハウスを葉山に子どもと親の領域を分ければ家族全員がハッピー!

子どもは2階、親は1階 一家4人+ホワイトスイスシェパード2頭が暮らす宇野さん宅。ここが葉山というインフォメーションがなければ、アメリカのお宅を拝見しているように感じてしまうかも。 それもそのはず、夫の雄大さんはバンクーバーで、妻の洋子さんはアリゾナで長く暮らした経験があるので、日本で家を建てるならアメリカのスタイルでと考えていたそうなのだ。 「アメリカでは、子どもは子ども、親は親と、子どもと親の暮らしを分けるスタイルが自然です。我が家では2階が子どもたち、親は1階と分けています。そのほうが子どもはのびのびと自由に遊べますし、親も自分の時間が持てるので、どちらもハッピーです」と洋子さん。 「“2階で夢中になって遊んでいたら下から料理のいい匂いがする、お腹が空いたから降りてみよう……”、そんな家族の姿が理想でした」 都内で飲食店を経営する雄大さんは、料理のいい匂いがキッチンから2階に上がっていく吹き抜けを作った理由をそう話してくれた。…

Takahiko Machida's house

スタイルの違う2軒の家ひとつの敷地に建つモダン邸宅と校倉造のアトリエ

Takahiko Machida's house

3階の子どもスペース。ハンモックやブランコがあり、子どものお友達にも好評のスペースだそう。ブランコも陽一さん作で、ロープも自ら編み込んだ。

3人兄弟の笑い声に満ちるハンドメイドが住まいを彩るアトリエ併設の3階建て住宅

3階の子どもスペース。ハンモックやブランコがあり、子どものお友達にも好評のスペースだそう。ブランコも陽一さん作で、ロープも自ら編み込んだ。

屋上庭園のある都心の2世帯住宅すべてをゼロベースで考えてつくられた家

屋上庭園のある都心の2世帯住宅すべてをゼロベースで考えてつくられた家

兄妹が勉強などする空間。奥さんはここで夕飯の下ごしらえ前などに、本を読んだりするのも贅沢に感じるという。

中庭へと開かれた快適住空間ここにしかない、かけがえのない贅沢な時間

兄妹が勉強などする空間。奥さんはここで夕飯の下ごしらえ前などに、本を読んだりするのも贅沢に感じるという。

吹き抜けにある本棚の前が子どもたちの読書スペース。子どもが小さいので奥の子ども部屋はまだ使っていない。将来は間仕切りをすれば2部屋として使える。

趣味と子育て – 2 – のびのび子育てできる広い庭はおじいちゃんちと共有スペース

吹き抜けにある本棚の前が子どもたちの読書スペース。子どもが小さいので奥の子ども部屋はまだ使っていない。将来は間仕切りをすれば2部屋として使える。

壁は構造用合板、床はパイン材。木のぬくもりを感じさせる室内。木の存在感がそのまま伝わる梁は濃い色に塗って、室内のアクセントに。

家造りは自分の手で葉山への移住を決意したのは波乗りと愛犬のため

壁は構造用合板、床はパイン材。木のぬくもりを感じさせる室内。木の存在感がそのまま伝わる梁は濃い色に塗って、室内のアクセントに。

アンティークのダイニングテーブルは、天板の大きさが変えられるエクステンションタイプ。椅子は宮崎椅子製作所のものをデザイン違いで4脚購入した。

和の心地良さ目指したのは、温泉旅館のような家。

アンティークのダイニングテーブルは、天板の大きさが変えられるエクステンションタイプ。椅子は宮崎椅子製作所のものをデザイン違いで4脚購入した。

1階から2階へと至る階段。階段脇の壁には本棚がずっと続く。

壁をなくして開放的に暮らす狭小敷地につくられた広々、ゆったりの充実空間

1階から2階へと至る階段。階段脇の壁には本棚がずっと続く。

Pinterest
検索