Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

内野 薫さんの木地蒔絵箱「夏の日」という作品。蒔絵と呼ばれる、器の表面に細い筆を使って漆で絵を描き、その漆が固まらないうちに上から金の粉を蒔きつけて模様をあらわす技法でつくられている。なんと値段は約300万円。。。

内野 薫さんの木地蒔絵箱「夏の日」という作品。蒔絵と呼ばれる、器の表面に細い筆を使って漆で絵を描き、その漆が固まらないうちに上から金の粉を蒔きつけて模様をあらわす技法でつくられている。なんと値段は約300万円。。。

金城 一国斎さんの切金高盛絵飾箱「軌跡」という作品。彫漆と呼ばれる、素地に色漆を何十回も塗り重ね、その層に、彫刻刀で彫り込んで模様を表現する技法と蒔絵の技法が用いられている。

金城 一国斎さんの切金高盛絵飾箱「軌跡」という作品。彫漆と呼ばれる、素地に色漆を何十回も塗り重ね、その層に、彫刻刀で彫り込んで模様を表現する技法と蒔絵の技法が用いられている。

色貝蒔絵飾箱「つわぶき」

色貝蒔絵飾箱「つわぶき」

大谷 早人さんの籃胎塗網代色紙箱という作品。竹を細く割り表側の皮をはがして漆を塗り重ねたものを編んでつくられている。網目を生かした模様が美しい。

大谷 早人さんの籃胎塗網代色紙箱という作品。竹を細く割り表側の皮をはがして漆を塗り重ねたものを編んでつくられている。網目を生かした模様が美しい。

野口 洋子さんの乾漆椿花組鉢という作品。一枚一枚花ビラの模様が異なって美しい。

野口 洋子さんの乾漆椿花組鉢という作品。一枚一枚花ビラの模様が異なって美しい。

I like the detailed design on the pattern and the delicate medium used to craft these boxes. I would like to explore how culture can be conveyed through a box

I like the detailed design on the pattern and the delicate medium used to craft these boxes. I would like to explore how culture can be conveyed through a box

器=溜塗食籠 十一代中村宗哲作 昭和時代

器=溜塗食籠 十一代中村宗哲作 昭和時代

Nothing beats the supremacy of Japanese lacquer work! Bring home those beautiful lacquer dishes. When in Kyoto go to Zohiko shop, a short walk from Hiean-jingu Shrine. Address: 10 Okazaki Saishoji-cho, Sakyo-ku. In Tokyo you can find their shop at: 2-2-2-1F Nihonbashi-honcho Chuo-ku,Tokyo103-0023 http://www.zohiko.co.jp/ #whattobuy#Japan

Nothing beats the supremacy of Japanese lacquer work! Bring home those beautiful lacquer dishes. When in Kyoto go to Zohiko shop, a short walk from Hiean-jingu Shrine. Address: 10 Okazaki Saishoji-cho, Sakyo-ku. In Tokyo you can find their shop at: 2-2-2-1F Nihonbashi-honcho Chuo-ku,Tokyo103-0023 http://www.zohiko.co.jp/ #whattobuy#Japan

輪島塗 棗(なつめ)松彫り詰め沈金, Japanese lacqerware, Wajimanuri, made in Wajima City

輪島塗 棗(なつめ)松彫り詰め沈金, Japanese lacqerware, Wajimanuri, made in Wajima City

空気の器 (GRADATION PATTERN)torafu architects

空気の器 (GRADATION PATTERN)torafu architects

Pinterest
検索