Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

Palais idéal du facteur Cheval by Okaya Koji(1992) 「郵便配達夫シュヴァルの理想宮」岡谷公二

ヒトが本屋を愛し続ける理由:『世界の夢の本屋さん』『世界の夢の本屋さん2』から « WIRED.jp

コブミカン(マックルー)の散歩道~その3 - ぷんぷいの空飛ぶかまど

コブミカン(マックルー)の散歩道~その3 | ぷんぷいの空飛ぶかまど - 楽天ブログ

コブミカン(マックルー)の散歩道~その1 - ぷんぷいの空飛ぶかまど

コブミカン(マックルー)の散歩道~その1 | ぷんぷいの空飛ぶかまど - 楽天ブログ

コブミカン(マックルー)の散歩道~その5 - ぷんぷいの空飛ぶかまど

コブミカン(マックルー)の散歩道~その5 | ぷんぷいの空飛ぶかまど - 楽天ブログ

コブミカン(マックルー)の散歩道~その4 - ぷんぷいの空飛ぶかまど

コブミカン(マックルー)の散歩道~その4 | ぷんぷいの空飛ぶかまど - 楽天ブログ

重金属を排出するパクチー

重金属を排出するパクチー | エスニック料理でいただくことが多いため、夏野菜のイメージがあるかもしれません。けれどパクチーの旬は冬から春にかけて。初秋に種を蒔いて寒い時期に収穫されたパクチーは、葉の肉付きもよく、色も香りも濃厚。濃緑の茎のなかに紫色が入ることもあるんです」と、パクチーの栽培も行う植松さんは語る。 ハーブのなかでもとりわけ個性的な香りがユニークなパクチーだが、その香りに優れた作用がある。それは、胃腸などの消化器系に働きかけるリナロール、ゲラニオールといった芳香成分で、整腸作用や胃を丈夫にする作用がある。それゆえ精油としても活用されているというわけ。また、葉にはビタミンCや亜鉛、鉄といったミネラルが豊富。さらに近年注目されているのは、その驚くべきキレート作用。パクチーを摂取することで、カドミウムなど体内の有害金属を排出する作用が認められているのだ。つまりパクチーを食べることで重金属をデトックスでき、抗酸化作用が高まるというということ。女性にぜひ摂ってほしい貴重なハーブなのだ。

花椒 // 花椒というスパイスは、中国の山椒(サンショウ)のことで、カショウとかホァジャオと呼ばれます。四川料理に欠かせないのがこの花椒で、例えば本格的な麻婆豆腐(マーボードウフ)を食べた時に舌がしびれるような感覚がありますが、この花椒の特徴はそのしびれる辛さなのです。

パクチー旋風が巻き起こっています。料理に添えるなどの脇役であったパクチーですが、今や愛好者は「パクチスト」と呼ばれ、2015年はパクチー専門レストランのオープンラッシュが起こるなど、ブームに拍車がかかりました。その勢いはエスニックの枠を超え…

クミンを食べ過ぎると体臭がするって本当? 古代から栽培されている「クミン」はセリ科の一年草で、種子(シード)がスパイスとして用いられています。 主にカレーの香りづけに使われ、インドでは必須のスパイスです。もちろんインドだけではなく、スペイン、メキシコ、トルコ、東南アジアなど、世界各地で香辛料として使われ、特にエスニック料理には欠かせないスパイスです。 その用途もカレーにとどまらず、チーズ、スープ、ソーセージ、シシカバブなど多岐にわたり、インドやヨーロッパでは薬用としても使用されているとか。胃腸の消化・吸収、利尿剤にもなるそうです。 クミンは体臭を強める食品の1つで、摂り過ぎると独特の体臭になる恐れがあります。クミンを含む多くの香辛料を頻繁に摂取するインド人などには、独特の体臭がありますよね。