Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

twowheels

twowheels

カブのフレームです。 スイングアームとメインチューブの延長に伴い、カスタムペイント済みに補修&グラフィックを入れました。   シート下当たりにラップペイントが入っていたので、全体のバランスとワンポイント的要素を考えパープルでデザイン。  メタリックのグラデーションによるグラフィックです。 光の当たり加減で浮き上ったり、黒くシルエットのようになります。  スイングアームも同様にグラフィック。 ミニフレークをパラ吹きしてあり、キラキラ仕様にもなっています。  お尻の先っちょは少し塗装が欠けていたのでグラフィックで隠しています。     OWNER HANABUSA CANDY PAINT  BASE Metallic Mini-Flake   COLOR Oriental-Blue VooDoo-Violet

カブのフレームです。 スイングアームとメインチューブの延長に伴い、カスタムペイント済みに補修&グラフィックを入れました。 シート下当たりにラップペイントが入っていたので、全体のバランスとワンポイント的要素を考えパープルでデザイン。 メタリックのグラデーションによるグラフィックです。 光の当たり加減で浮き上ったり、黒くシルエットのようになります。 スイングアームも同様にグラフィック。 ミニフレークをパラ吹きしてあり、キラキラ仕様にもなっています。 お尻の先っちょは少し塗装が欠けていたのでグラフィックで隠しています。 OWNER HANABUSA CANDY PAINT BASE Metallic Mini-Flake COLOR Oriental-Blue VooDoo-Violet

イタリア最古のオートバイメーカー「MOTO GUZZI(モトグッツィ)」といえば、車両自体が既に完成されたフォルムであるという考えが主流であり、ハードにカスタムを施すことは珍しい。 しかし今回紹介する車両は、原型をとどめないほどにビルドアップされた珠玉のカスタム・モトグッツィだ。   極限までストリップ  エンジンとフレーム以外は、ほとんどのパーツが変更されるか取り外されており、原型をとどめていない「1000 SP」。こちらの車両を製作したのは、イタリアのカスタムショップ「FIFTY FIVE GARAGE」だ。    ヘッドライトはサイドに移植されており、ハンドルはセパレートハンドルをチョイス。バーエンドミラーにすることで、ハンドル周りの"もっさり"感を払拭している。    フロントはスプリンガーフォークへと変更され、中央に革巻きされたスピードメーターが鎮座する。    タンクやシートカウルはアルミで製作され、上から薄めのペイントをした後にエイジング加工が施されている。    横からのカットでは、もはや往年の英国レーサーレプリカ(カフェレーサー)そのもの。…

イタリア最古のオートバイメーカー「MOTO GUZZI(モトグッツィ)」といえば、車両自体が既に完成されたフォルムであるという考えが主流であり、ハードにカスタムを施すことは珍しい。 しかし今回紹介する車両は、原型をとどめないほどにビルドアップされた珠玉のカスタム・モトグッツィだ。 極限までストリップ エンジンとフレーム以外は、ほとんどのパーツが変更されるか取り外されており、原型をとどめていない「1000 SP」。こちらの車両を製作したのは、イタリアのカスタムショップ「FIFTY FIVE GARAGE」だ。 ヘッドライトはサイドに移植されており、ハンドルはセパレートハンドルをチョイス。バーエンドミラーにすることで、ハンドル周りの"もっさり"感を払拭している。 フロントはスプリンガーフォークへと変更され、中央に革巻きされたスピードメーターが鎮座する。 タンクやシートカウルはアルミで製作され、上から薄めのペイントをした後にエイジング加工が施されている。 横からのカットでは、もはや往年の英国レーサーレプリカ(カフェレーサー)そのもの。…

イタリア最古のオートバイメーカー「MOTO GUZZI(モトグッツィ)」といえば、車両自体が既に完成されたフォルムであるという考えが主流であり、ハードにカスタムを施すことは珍しい。 しかし今回紹介する車両は、原型をとどめないほどにビルドアップされた珠玉のカスタム・モトグッツィだ。   極限までストリップ  エンジンとフレーム以外は、ほとんどのパーツが変更されるか取り外されており、原型をとどめていない「1000 SP」。こちらの車両を製作したのは、イタリアのカスタムショップ「FIFTY FIVE GARAGE」だ。    ヘッドライトはサイドに移植されており、ハンドルはセパレートハンドルをチョイス。バーエンドミラーにすることで、ハンドル周りの"もっさり"感を払拭している。    フロントはスプリンガーフォークへと変更され、中央に革巻きされたスピードメーターが鎮座する。    タンクやシートカウルはアルミで製作され、上から薄めのペイントをした後にエイジング加工が施されている。    横からのカットでは、もはや往年の英国レーサーレプリカ(カフェレーサー)そのもの。…

イタリア最古のオートバイメーカー「MOTO GUZZI(モトグッツィ)」といえば、車両自体が既に完成されたフォルムであるという考えが主流であり、ハードにカスタムを施すことは珍しい。 しかし今回紹介する車両は、原型をとどめないほどにビルドアップされた珠玉のカスタム・モトグッツィだ。 極限までストリップ エンジンとフレーム以外は、ほとんどのパーツが変更されるか取り外されており、原型をとどめていない「1000 SP」。こちらの車両を製作したのは、イタリアのカスタムショップ「FIFTY FIVE GARAGE」だ。 ヘッドライトはサイドに移植されており、ハンドルはセパレートハンドルをチョイス。バーエンドミラーにすることで、ハンドル周りの"もっさり"感を払拭している。 フロントはスプリンガーフォークへと変更され、中央に革巻きされたスピードメーターが鎮座する。 タンクやシートカウルはアルミで製作され、上から薄めのペイントをした後にエイジング加工が施されている。 横からのカットでは、もはや往年の英国レーサーレプリカ(カフェレーサー)そのもの。…

イタリア最古のオートバイメーカー「MOTO GUZZI(モトグッツィ)」といえば、車両自体が既に完成されたフォルムであるという考えが主流であり、ハードにカスタムを施すことは珍しい。 しかし今回紹介する車両は、原型をとどめないほどにビルドアップされた珠玉のカスタム・モトグッツィだ。   極限までストリップ  エンジンとフレーム以外は、ほとんどのパーツが変更されるか取り外されており、原型をとどめていない「1000 SP」。こちらの車両を製作したのは、イタリアのカスタムショップ「FIFTY FIVE GARAGE」だ。    ヘッドライトはサイドに移植されており、ハンドルはセパレートハンドルをチョイス。バーエンドミラーにすることで、ハンドル周りの"もっさり"感を払拭している。    フロントはスプリンガーフォークへと変更され、中央に革巻きされたスピードメーターが鎮座する。    タンクやシートカウルはアルミで製作され、上から薄めのペイントをした後にエイジング加工が施されている。    横からのカットでは、もはや往年の英国レーサーレプリカ(カフェレーサー)そのもの。…

イタリア最古のオートバイメーカー「MOTO GUZZI(モトグッツィ)」といえば、車両自体が既に完成されたフォルムであるという考えが主流であり、ハードにカスタムを施すことは珍しい。 しかし今回紹介する車両は、原型をとどめないほどにビルドアップされた珠玉のカスタム・モトグッツィだ。 極限までストリップ エンジンとフレーム以外は、ほとんどのパーツが変更されるか取り外されており、原型をとどめていない「1000 SP」。こちらの車両を製作したのは、イタリアのカスタムショップ「FIFTY FIVE GARAGE」だ。 ヘッドライトはサイドに移植されており、ハンドルはセパレートハンドルをチョイス。バーエンドミラーにすることで、ハンドル周りの"もっさり"感を払拭している。 フロントはスプリンガーフォークへと変更され、中央に革巻きされたスピードメーターが鎮座する。 タンクやシートカウルはアルミで製作され、上から薄めのペイントをした後にエイジング加工が施されている。 横からのカットでは、もはや往年の英国レーサーレプリカ(カフェレーサー)そのもの。…

イタリア最古のオートバイメーカー「MOTO GUZZI(モトグッツィ)」といえば、車両自体が既に完成されたフォルムであるという考えが主流であり、ハードにカスタムを施すことは珍しい。 しかし今回紹介する車両は、原型をとどめないほどにビルドアップされた珠玉のカスタム・モトグッツィだ。   極限までストリップ  エンジンとフレーム以外は、ほとんどのパーツが変更されるか取り外されており、原型をとどめていない「1000 SP」。こちらの車両を製作したのは、イタリアのカスタムショップ「FIFTY FIVE GARAGE」だ。    ヘッドライトはサイドに移植されており、ハンドルはセパレートハンドルをチョイス。バーエンドミラーにすることで、ハンドル周りの"もっさり"感を払拭している。    フロントはスプリンガーフォークへと変更され、中央に革巻きされたスピードメーターが鎮座する。    タンクやシートカウルはアルミで製作され、上から薄めのペイントをした後にエイジング加工が施されている。    横からのカットでは、もはや往年の英国レーサーレプリカ(カフェレーサー)そのもの。…

イタリア最古のオートバイメーカー「MOTO GUZZI(モトグッツィ)」といえば、車両自体が既に完成されたフォルムであるという考えが主流であり、ハードにカスタムを施すことは珍しい。 しかし今回紹介する車両は、原型をとどめないほどにビルドアップされた珠玉のカスタム・モトグッツィだ。 極限までストリップ エンジンとフレーム以外は、ほとんどのパーツが変更されるか取り外されており、原型をとどめていない「1000 SP」。こちらの車両を製作したのは、イタリアのカスタムショップ「FIFTY FIVE GARAGE」だ。 ヘッドライトはサイドに移植されており、ハンドルはセパレートハンドルをチョイス。バーエンドミラーにすることで、ハンドル周りの"もっさり"感を払拭している。 フロントはスプリンガーフォークへと変更され、中央に革巻きされたスピードメーターが鎮座する。 タンクやシートカウルはアルミで製作され、上から薄めのペイントをした後にエイジング加工が施されている。 横からのカットでは、もはや往年の英国レーサーレプリカ(カフェレーサー)そのもの。…

イタリア最古のオートバイメーカー「MOTO GUZZI(モトグッツィ)」といえば、車両自体が既に完成されたフォルムであるという考えが主流であり、ハードにカスタムを施すことは珍しい。 しかし今回紹介する車両は、原型をとどめないほどにビルドアップされた珠玉のカスタム・モトグッツィだ。   極限までストリップ  エンジンとフレーム以外は、ほとんどのパーツが変更されるか取り外されており、原型をとどめていない「1000 SP」。こちらの車両を製作したのは、イタリアのカスタムショップ「FIFTY FIVE GARAGE」だ。    ヘッドライトはサイドに移植されており、ハンドルはセパレートハンドルをチョイス。バーエンドミラーにすることで、ハンドル周りの"もっさり"感を払拭している。    フロントはスプリンガーフォークへと変更され、中央に革巻きされたスピードメーターが鎮座する。    タンクやシートカウルはアルミで製作され、上から薄めのペイントをした後にエイジング加工が施されている。    横からのカットでは、もはや往年の英国レーサーレプリカ(カフェレーサー)そのもの。…

イタリア最古のオートバイメーカー「MOTO GUZZI(モトグッツィ)」といえば、車両自体が既に完成されたフォルムであるという考えが主流であり、ハードにカスタムを施すことは珍しい。 しかし今回紹介する車両は、原型をとどめないほどにビルドアップされた珠玉のカスタム・モトグッツィだ。 極限までストリップ エンジンとフレーム以外は、ほとんどのパーツが変更されるか取り外されており、原型をとどめていない「1000 SP」。こちらの車両を製作したのは、イタリアのカスタムショップ「FIFTY FIVE GARAGE」だ。 ヘッドライトはサイドに移植されており、ハンドルはセパレートハンドルをチョイス。バーエンドミラーにすることで、ハンドル周りの"もっさり"感を払拭している。 フロントはスプリンガーフォークへと変更され、中央に革巻きされたスピードメーターが鎮座する。 タンクやシートカウルはアルミで製作され、上から薄めのペイントをした後にエイジング加工が施されている。 横からのカットでは、もはや往年の英国レーサーレプリカ(カフェレーサー)そのもの。…

tatsuro kiuchi

tatsuro kiuchi

The Italian way of life...

The Italian way of life...

WOW! Endless Chain of Cars, 1933 | Retronaut #Nash

WOW! Endless Chain of Cars, 1933 | Retronaut #Nash

Pinterest
検索