Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

プエルトリコの新世代ラテン・バンドOrquesta El Macabeo(オルケスタ・エル・マカベオ) のすんごいかっこいいトラック。 2008年結成の若いメンバーが織りなす期待度抜群のバンド。 この7inchただものではないですワ。 とにかく、ド強烈なホーンとグルーヴが最高なファンクサウンド。 A.El Sueno B.Cogiendo Pon このグルーヴ、観てみなさい!

NOMO / NEW TONES 老舗レーベル、UBIQUITYのスピリチュアル・アフロ・ジャズ・ファンク・バンドNOMOの06年リリースの傑作セカンド・アルバム「NEW TONES」。 デトロイト発のバンドですが、元Antibalasアンティバラスのメンバーやインディ・ロック・バンドHis Name Is Aliveのメンバーなどを中心にしています。 セカンドですが、 A1. Nu Tones はアガるしかない爆音アフロ。かなり複雑な演奏が交じり合い、彼らなりの解釈が炸裂してますね。いやぁすごい。これで2006年とは! その他のナンバーはメローなアフロビート。

女性ヴォーカル・アフロ・ビート・バンドのU.Kもの。 ドストレートのアフロアゲアゲ! こういうバンドがどんどんでてきそうです。 ここまでがっつりいかれるとわかりやすいですねww このバンドのかっこいいところは何とっていもホーンセクション! ガチ吹き荒れるホーン隊が魅力です。 PVかっこいい!

Prince Buster All Stars / Linger On ピアノ・ホーンともにスバラシイスカ! 最近スカを買いだしましたが、ハマった一曲です。 ホーンのアンサンブルから、お得意の口チュクで始めるこのナンバーは 曲としてのバランスがほんといいです。 後半は叩き打ちピアノとも言うべくのアタック感ある展開。

もういっちょFela Kutiからお気に入りの曲。 吹き荒れるホーンの入りがかっこいい。 聴かせて聴かせて・・・・ ドラムと交わるあのタイミングが鳥肌立つ! 歌詞も西洋人に対して反発した内容! 「猿=アフリカ人にスーツ」を着ても意味がないってこと。 I no be gentleman at all I no be gentleman at all I no be gentleman at all o I no be gentleman at all, at all I be Africa man original I be Africa man original Them call you, make you come chop You chop small, you say you belly full You say you be gentleman You go hungry You go suffer You go quench Me I no be gentleman like that

今年1発目の初エントリーです。 ガーナのアフロ・ビートの先駆者Gyedu-Blay Ambolleyの 再発。ガーナのアフロラップ代表です。 後にSimigwa-Doというjazzyなhighlifeサウンドで一世風靡 することになるすごいmusicianです。 この口が歪んでいる意味がわかりませんし、ジャケ買いも ナイと思いますが、内容は素晴らしいんですねぇ! FACEBOOKページはこちらにありました。 Gyedu-Blay Ambolley レーベルはsoundwayなので間違いナイ! このLPが傑作なところはやっぱり”Akoko Ba”が収録されていることでしょう! ベースの小刻み感、スキです。

パーカッション奏者Candidoのビッグバンド&ドゥーワップLP。 わりとメローなラテンジャズを聴かせてくれます。 なんといってもこのLPの注目曲は IT DON’T MEAN A THING (IF IT AIN’T GOT THAT SWING) オリジナルのスキャットの部分をCandidoのコンガでナイスカバー。 使いたいのはこの曲だけですが、jazz dancerがいるイベントでは 差しで入れたい曲!

Quitapenas / Mas tropical 南カリフォルニアの現行バンドの7inch。2年も前の曲のいまさら出会い、 自分の情報アンテナの鈍さに腹たちますが、聞いた瞬間トリコになりました。 曲によるトロピカルフレーバー度が違いますが、この7inchはちょうどいいDJユースの2曲でどっちもラテンダンサー。 チャンペタ感がいいですねぇ。しかもアコーディオンの哀愁がたまらないです。 日本で生で観たいバンド! フォーマットは重量盤! SIDE A 01.Mas Tropical SIDE B 02.Que Te Pasa

ペルーのパーカショニストCoco Lagosの傑作。 本気すぎてジャケが少し恥ずかしいですが、 本当、名曲揃い。日本ではあまり見かけないですが 東京のdisc unionでホイっと! このへんのデスカルガのアルバムではクオリティ高すぎですわ。 A.1のVolandoはリズミカルなラテン。ティンバレスのはねぐあい とサックスの軽快さ、ピアノの疾走感、どれをとっても一曲目から 最高です。 このテンションのデスカルガがあってのラテンです。 A 1: Volando 2: Tumba Coco 3: La Juventud 4: Noche Buena 5: Echate Pa’ Lla 6: Brava Pachanga B 1: Guajireate 2: Mamblues 3: El Hueso 4: Busco Una Chiquita 5: Guaracha Y Bembe 6: Melodia En Flauta

サルサは実はあんまり買わないんですが(ソンは少々) このコンピは使えるナンバーばっかりでした。 買わないのはおっちゃんな感じがするだけなんですがね・・ レーベルMontunoの貴重な音源を一挙3LPに厳選収録した 貴重なコンピがスペインVampisoulから。このレーベルはノーチェックでした。 結構キャッチーで綺麗な音も多いので入りやすいサルサの作品だと思います。 新しいジャンルにはコンピも結構いいですよぉー♪