Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

一美役 斉藤めぐみも配るよーー。

巷溢れるクソ綺麗事よりも、遥かに見る人を勇気づける裸の心のライム。映画レビュー「SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」

入江悠監督による、自主映画ながら異例のヒットを続ける「SR サイタマノラッパー」シリーズの最新作、『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』が4月14日、東京、渋谷のシネクイントで公開初日を迎えた。

『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』 大ヒット御礼舞台挨拶

『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』(以下、『SR3』)公開を翌日に控えた4月13日(金)、渋谷wwwにて「ラッパーはつらいよ シネクイントまで0.08マイル」と題された公開前夜祭ライブイベントが開催された。公開を翌日に控え多くの観客が会場に集合。開始前から場内は熱気に包まれ大盛り上がりのイベントとなった。 このイベントのオープニングを飾ったのは、DJダイノジとmckj、そして豊満乃風。フロアを満たした観客を独自のパフォーマンスで盛り上げた。ステージ途中からは『SR サイタマノラッパー』シリーズ第1作の主役、IKKU(駒木根隆介)もステージに乱入するハプニングが!妙に違和感のないステージングに会場のテンションも一気にMAX!

【新作特集 『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』】 〈座談会〉 「一点の「真実」から映画の「リアル」は見える」 入江悠(『SR』監督)+真利子哲也(映画監督)+西田亮介(社会学者) 「日本のラップ、その変遷と「SR」がしたこと」 岩崎太整(『SR』音楽監督)+上鈴木崇浩(『SR』ラップ監修)+ 上鈴木伯周(『SR』ラップ監修)+ECD(ラッパー)+磯部涼(音楽風俗ライター)

「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」公開初日打ち上げ

MAKING of 『SR サイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』007

ノアくんは数日前に地元の福岡へ帰って行ったが、彼がどんな気持ちで東京を離れたのかは分からない。 安堵の気持ちか、諦観か、新天地への希望なのか(東京最後の夜に会ったノアくんの顔は明るかった)。 ただ、福岡で元気にやっていってくれたらいいな、と思うだけだ。 これはノアくんだけの話ではない。 映画「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」は、 こんなノアくんのような有志のスタッフによって撮影された映画だ。 いろんな人の人生の一瞬を借りて撮影した。 福岡の映画館で上映する時、ノアくんはいったいどんな気持ちで観に来てくれるのだろうか。

『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』 サウンドトラックの全貌が明らかに!

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search