Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

future house by matti suuronen いやおもしろい プラスチックが未来の素材ともてはやされた時代プラスチック製の家までも作られたんですね 未来と宇宙感 名前も未来 ふふふ夢があって楽しいなあ 当時これを見た人たちどんな反応だったんだろ #spacey #house #arkitecture #mattisuuronen #tinyhouse #futuro by harupion

二拠点で活動する事を選択 ニューヨーク在住のスタイリスト兼インテリアデザイナーScott Newkirk氏が、セカンドハウスとして建てたのが、この家。 「多忙な生活から離れて、自然に囲まれた休日を過ごしたい」と彼が選んだ街は、ニューヨークからは車で2時間くらいの距離にある、Yulanというところ。 生活インフラが整い、生活や仕事場の選択肢も多様に選べる時代。 これくらいの距離だと、自分の生活に置き換えても実現可能かな?と思えるセカンドハウスの間隔です。 「何もない」という豊かさ なんとなく田舎暮らしがしたいな~、という気軽なものではなく、彼はとにかくストイック。 ONとOFFを切り替えるために、あえて電気も水道もなし、インターネット回線も繋いでいないのだそう。 ライトをキャンドルで代用することで、明るすぎずリラックスできる空間になっています。 「モノ」はお金を払えば得ることができるが、あえて「持たない」「シンプル」にすることによって、普段の生活における「ノイズ」に気づくことができるかもしれません。 オフラインのインプットって人間本来の大事な部分ですよね。…

無駄なくコンパクトに暮らせる“小さな家”。「タイニーハウス」ってどんなもの?

なんと無印良品からもタイニーハウスが販売されているんですよ。コルクの小屋、アルミの小屋、木の小屋とシーンによって選べ、デザイナーさんもそれぞれ異なっています。※画像はコルクの小屋になります。

photo(C)池本史彦 篠崎弘之 / 篠崎弘之建築設計事務所が設計した栃木県宇都宮市の住宅「House I」です。 以下、建築家によるテキストです。 ********** House I 住宅と田畑がひろがる周辺環境の中に建つ、3人家族のための住宅である。地元で採掘される大谷石でつくられた囲いの中に、大屋根を支える放射状の壁がひろがることでそれぞれの生活空間をつくっている。敷地は袋小路の突き当たりに位置し、心地のよい奥まった感覚を感じる場所であり、隣家の庭や畑、洗濯物などが垣間見えて、近隣の気配も感じられる開放的な場所でもある。近隣の人たちと庭越しに挨拶したり、塀をまたいでお互いに行き来するといった風景がひろがる場所である。 そのような場所に、家族の生活が周囲と連続しながら包まれている住宅を目指した。家という箱ではなく生活の囲いをつくり、そしてその囲いは出入り口をつくる外壁になったり、周囲を眺める窓の高さによって塀になったりと、生活の動きによって変化していく住宅である。平面的に偏平したこの囲いの中には壁が放射状にひろがっていて、その間に家族が集まったり離れ...

古材が似合う筒状の空間 “味のあるもの”で 馴染んだ空間に

キッチンから南方向を見る。柱の間に見えるX形の細いスチール材によって、壁無しで見通せる筒状の空間になっている。

自分自身をみんなにシェアしてもらう「自分シェアリング」を始めるために、移動手段と寝場所を兼ねた「トラックハウス」をつくりたいと思っています。来春から、大工仕事、写真撮影、Webデザイン、マッサージなど、僕ができることを無償で提供し、ダーナ(寄付)によって成り立つ暮らしを始める予定です。

Tiny Apartment Full of Color in Tel Aviv

ときに色がMaayanズスマンインテリアデザイン(8)によって穏やか満たしています

jezi.jayによって自由奔放に生きるキッチン

Prismatic Colours by Jean Verville Architecte

ジャンベルビルArchitecteによってプリズマティックカラーバリエーション| HomeDSGN

建築家シャルロット・ペリアンによって1934年に設計された低コストの別荘は、ルイ・ヴィトンによって80年後に建てられました。…