Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

4次元 - Wikipedia

オープンソース、新種の社会主義 最低限の規則と少数精鋭による介在で、人間の長所も短所もすべて共有財産に生まれ変わる。適切なツールを使えば、荒らされた文章を元に戻すこと(ウィキペディアの差し戻し機能)は、妨害文を作成する(荒らし行為)よりも容易である。ウィキ化した知性の限界は、まだ見えない。その知性で教科書や音楽や映画をつくれるのか? 法律や政治的統治はどうだろうか? 「ありえない!」と言う前に、考えてみよう。何も知らない素人が法律をつくるのは無理だということは、わたしも十分承知している。しかし、同様の問題についてわたしは、一度意見を変えたことがあるのだから、ここは結論を急がずにじっくりと考えたい。

93のうち40の文明(43パーセント)で、人身御供の証拠が確認された。3グループの割合を見ると、平等主義の社会では20のうち5つ(25パーセント)、適度に階層化された社会では46のうち17(37パーセント)、高度に階層化された社会では27のうち18の文明(67パーセント)で人身御供が確認された。人身御供は「高度に階層化された社会」の維持に役立つこと、そして「適度に階層化された社会」を「高度に階層化された社会」に変化させることがわかった。興味深いことに、人身御供を行っていた平等主義の社会が階層化されることはなかった。 つまり、階層化された社会で力を維持したいエリートにとって、人身御供は有益な手段になったということだ。

まるで錬金術。不思議な 「産廃ビジネス」の世界──中台澄之    なにも難しいことはありません。ようは、生産ラインのどこにゴミ箱を設置するか、それだけです。鉄なら鉄、ポリエチレンならポリエチレンを加工するラインで、それぞれにゴミ袋を分けておけば、異素材が混ざることはありません。取引先の企業も、うちも分別の手間はないんです。

ピンもと:TechCrunch Japan

Googleは事実確認タグを導入した、Facebookよ次は君の番だ

それに加えて、Facebookはそのトレンドニュースリンクの検証で失敗しているだけでなく、そのサイトを埋めているリンクに警告を設定する方法も持っていない。 トレンドニュースの外では、Facebookは相変わらず、不正確で不十分なソースの、あるいは完全に偽であるニュース、噂そしてデマで埋め続けられている。たぶん、ニュースフィードではそうしたものを見ることは少ないかもしれないが、イカれた友人があなたの投稿に、良く知られたデマサイトへのリンクをまるでニュースのようにコメントとして貼り付けることを防ぐことはできない。何のタグやラベルもなく、彼らは事実を共有しているつもりなのだ。 一方、自分自身の投稿に対してコメントを禁止する手段も提供されていない、たとえその中に「性的暴行の被害者は嘘つきである」といったものが含まれていたとしても(例えば、最近のこうしたストーリーとか)。

「もしあなたが外にいて、同じくプレーしている人を見かけたら、それはバーにいるようなもの。社会的なシチュエーションを共有しているのです」とノース教授は説明する。「さらに、自然なかたちで話しかけるきっかけができるので、最初の気まずい雰囲気を払拭できます」

世の中には「計画的陳腐化」と呼ばれるものがあって、これがわたしたちの経済的・環境的破滅に大きく関わっているとされている。わたしたちが購入する製品は、脆弱で、どんどん壊れやすくなっている。そして、よく知られているように、修理するのは新しいものを購入するよりも費用がかかる。 これがいくらか発展の土台となっていることは、産業は物語ってきた。国民総生産を、そして雇用を増やすには、わたしたちは売って、売って、売りまくらなければならない、と。 数カ月のうちに、このスカンディナヴィアの国は、修理に対する付加価値税を25パーセントから12パーセントに減らすかどうかを採決する。

ピンもと:TechCrunch Japan

自動車の未来に関する議論に欠けているもの

シリコンバレーに住んでいる人のように、私は変化が起きると信じており、現状の自動車の所有方法は、破壊的イノベーションが起きるべき段階に達していると考えている。しかし、個人向け自動車販売台数が過去最高を記録する中、いつ、そしてどのように変化が起きるのだろうか?改革の担い手としては、Tesla、Uber、Google、A..

これは、住民3,500人の小都市フンのことだ。在住者の半分以上がTwitterをコミュニティ生活への市民参加のツールとして利用している。これを先導しているのが、社会主義者の市長、ホセ・アントニオ・ロドリゲス・サラスだ。彼は2005年以降、このアンダルシアの都市でテクノロジーの小さな、しかし着実な実践を積み上げている。

バナナの皮で転ぶという古典的なズッコケに対応するハイテクロボットSpotMini