Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

Naga Shawl, Nagaland, India, First Half 20th Century

各界肖像画展 Tadanori Yokoo

ありがとう、デヴィッド・ボウイ。20世紀で最も影響力のあったアーティストの軌跡Ciel[シエル] | ファッションメディア

吉田博 Hiroshi Yoshida

横尾忠則

tumblr_mop46mbunR1qaz1ado1_1280.jpg 1,000×1,429 像素

色相でコントラストをつくる 色相でコントラストをつくる 色相(hue)は画家などのアーティストが色相環(color wheel)から特定のカラーをみつける時によくつかいます。しかしこのカラー理論は、グラフィックやWebデザイナーにも役立ちます。画家が高いコントラストの構成をつくるために何世紀にも渡り使用されてきた色相環から、典型的なカラーパレットをつくることができます。 補色(complementary) レッドとグリーン、ブルーとオレンジ、のように色相環上で反対に位置するカラーを組み合わせます。非常に高いコントラストです。 下記のバッジのデザインはシンプルな補色のカラースキームで、見た目の美しさと実用性の両方を備えています。各セクションの区切りもうまく機能しています。

Amazon.co.jp: Capital in the Twenty-First Century: Thomas Piketty, Arthur Goldhammer: 洋書

"2014年 アフガニスタンのヘルマンド州にいる近接工作部隊の装備品"

銹絵染付梅花散文蓋物 尾形乾山は、野にある菊や薄、桔梗、笹、柳などのほか、鳥や道釈人物などを題材に、彼が陶法を受け継いだ仁清窯や他の京焼などには見られない独特の作風の焼きものを生み出した。この蓋物は、文様化した梅花の重なりを意匠とする被せ蓋形式の蓋物である。乾山は京都有数の呉服商雁金屋の三男として育ったが、その家業の伝統を生かし染織に用いる型置きの技を陶面に応用した作品である。技法的には、型紙を用いて梅花文を白泥で厚くリズミカルに配置し、さらに呉須(コバルト)と鉄絵具で重なり合うように梅花文を描いて、最後に全体に透明釉を薄くかけて焼成したものである。蓋、身ともに内側は、白化粧地の上に梅花の型紙を置いて、呉須の刷毛塗りで白梅を浮き立たせている。器形といい文様といい日本的情緒あふれる意匠で、乾山の代表作の一つとして知られている。身の底裏中央には、大きく鉄絵具で「乾山」と書かれている。鴻池家伝来。 作者 尾形乾山 時代 江戸時代 18世紀 サイズ 総高8.5 蓋縦21.0 横20.3