Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

ピンもと:Twitter

外薗昌也 on

【画像】洪水に立ち向かうザリガニが話題にwwwww http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/8137592.html … ちょっと癒された

アースロプレウラ 古代のムカデやヤスデの仲間。体長2.4メートル以上。これまで発見された中で、間違いなく最大級の無脊椎動物だ。約3億年前の石炭紀からペルム紀初頭まで、今の北米やスコットランドあたりに生息していた。意外なことに、恐ろしい外観にもかかわらず、まったくの草食系だった(化石の胃の中に残されていた内容物から判明)。

褐虫藻(かっちゅうそう)、英語で"zooxanthella"(ゾーザンテラあるいはズークサンテラ)とは、海産無脊椎動物と細胞内共生する 渦鞭毛藻類の単細胞藻類の総称である。 Zooxanthellae species are members of the phylum Dinoflagellata. However, this is not a taxonomic name. Instead, it refers to a variety of species that form symbiotic relationships with other marine organisms, particularly coral.

ピンもと:Twitter

Hine Mizushima/水島ひね on

無脊椎動物における睡眠習性: 休暇の計画」。足組んでる。送料無料中。Invertebrate Sleep Habits: Holiday Planning. Free shipping http://society6.com/hine?promo=RKQ7W9NFZNFX …

ピンもと:WSJ Japan

水中の無脊椎動物にクローズアップ

水中の無脊椎動物にクローズアップ  写真家スーザン・ミドルトン氏の新著「Spineless」(無脊椎)から、水中の無脊椎動物たちを紹介。

ハルキゲニア 現在の節足動物の仲間。体長は3ミリなく、円筒形胴体とつながった丸い頭。かつてはとげ状の突起で立っていたと考えられていたが、のちに実際の足は触手であることがわかった。今日のカギムシの祖先と考えられる。

アノマロカリスはこれまで想定されていたよりもはるかに大きく生息期間も長かったことが判明。劇的な生物の多様化が起こった「カンブリア爆発」(約5億4000万~5億年前)期に君臨したと考えられてきたアノマロカリス類は、見つかっている化石も最大で長さ60センチ程度だった。 だが新たに発見された化石は全長が1メートルもあった。さらに、生息していた時期がカンブリア紀ではなく、それに続くオルドビス紀だったことも分かった。オルドビス紀も同様に、種の多様化が進んだ時代だ。こうした事実から、アノマロカリス類の生息期間が、想定を3000万年も上回ることが明らかになった。アノマロカリス類は、非常に成功した種だったといえ、現代の海洋動物へと続く有機体は、海の『掃除屋』である巨大な無脊椎の捕食動物(アノマロカリス類)から、早い段階に分岐したと考えられてきた。だが実際は、かなり最近まで生息していたことが分かったとしている。

#Eurypterid Captures His Prey | *Artwork by @Ryan Durney via Prehistoric Life in the Phanerozoic Eon on Facebook