Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

国立がんセンターに中性子線使ったがん治療装置

国立がんセンターに中性子線使ったがん治療装置

In Case You Missed it, This New Cancer Study is Terrifying  By Sean Williams | More Articles  (ENZ, EXAS)

In Case You Missed it, This New Cancer Study is Terrifying By Sean Williams | More Articles (ENZ, EXAS)

先月、放射線医学総合研究所「放射線被ばくの早見図」がこっそり変更されています。添付イメージは2011年4月。2013年5月は…http://www.nirs.go.jp/data/pdf/hayamizu/j/20130502.pdf→100mSv以下で「がんの過剰発生がみられない」が削除。

先月、放射線医学総合研究所「放射線被ばくの早見図」がこっそり変更されています。添付イメージは2011年4月。2013年5月は…http://www.nirs.go.jp/data/pdf/hayamizu/j/20130502.pdf→100mSv以下で「がんの過剰発生がみられない」が削除。

Nearly half of people with Parkinson’s disease lack information and resources to get the best care, a survey found.

Nearly half of people with Parkinson’s disease lack information and resources to get the best care, a survey found.

ガンを引き起こす食べ物トップ10 より  もっとも不健康で、発がん性のある食べ物は・・・  食品の解説は、英会話&バイリンガル教育 GIGGLES ENGLISHさんのブログ より転載  http://giggles-english.com/category/blog/kenkonitsuite

ガンを引き起こす食べ物トップ10 より もっとも不健康で、発がん性のある食べ物は・・・ 食品の解説は、英会話&バイリンガル教育 GIGGLES ENGLISHさんのブログ より転載 http://giggles-english.com/category/blog/kenkonitsuite

The researchers were able to prepare the bone cells (right) before implantation, improving their ability to survive at the wound site

The researchers were able to prepare the bone cells (right) before implantation, improving their ability to survive at the wound site

「植物状態の人間に意識があるか」を測定する装置 « WIRED.jp

「植物状態の人間に意識があるか」を測定する装置 « WIRED.jp

エナメル質は、歯の最外層にある人体で最も固い組織。骨や軟骨といった硬組織とは異なり、皮膚の上皮細胞や毛、爪と同じく「歯原性間葉細胞」と呼ばれる上皮細胞によって形成されているのが特徴。   実験では、歯原性間葉細胞に発現するタンパク質の一種「エピプロフィン」が全身に発現するよう、実験用マウスの遺伝子を操作した。すると通常のマウスではみられない場所にエナメル質が形成されたほか、歯のかみ合わせや形にも異常が認められた。研究チームによれば、エピプロフィンは歯の発生過程で細胞増殖因子「FGF9」「SHH」の発現を誘引し、歯原性間葉細胞の増殖を促進させていることが明らかになったという。

エナメル質は、歯の最外層にある人体で最も固い組織。骨や軟骨といった硬組織とは異なり、皮膚の上皮細胞や毛、爪と同じく「歯原性間葉細胞」と呼ばれる上皮細胞によって形成されているのが特徴。 実験では、歯原性間葉細胞に発現するタンパク質の一種「エピプロフィン」が全身に発現するよう、実験用マウスの遺伝子を操作した。すると通常のマウスではみられない場所にエナメル質が形成されたほか、歯のかみ合わせや形にも異常が認められた。研究チームによれば、エピプロフィンは歯の発生過程で細胞増殖因子「FGF9」「SHH」の発現を誘引し、歯原性間葉細胞の増殖を促進させていることが明らかになったという。

心不全に対する「遺伝子導入」、早期試験で成果(2016.4.7配信)

心不全に対する「遺伝子導入」、早期試験で成果(2016.4.7配信)

T-Cell therapy has delivered promising results in early trials involving patients with acute lymphoblastic leukemia

T-Cell therapy has delivered promising results in early trials involving patients with acute lymphoblastic leukemia