Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

Pinterest でおしゃれアイデアをまとめましょう!

出典:http://rikoncafe.com 今この瞬間さえ楽しければいいのなら好きなようにすればいいでしょうが、もし今の交際相手との今後を考えていきたいなら、いつもとは違う視点を持った方が良いでしょう。 ラブラブカップルからアドバイスをもらうことも良いことですが、今回はその逆「離婚経験者の声」を反面教師にして今後の対策を講じていきましょう。 司法統計によると・・・ 内閣府(旧経済企画庁)がまとめた「国民生活白書」では離婚原因に関する調査結果が公表されています。 離婚原因には男性版と女性版があるのですが、今回はそれぞれが理由に挙げる原因をランキング形式で一気にご紹介します。 1位:(男)性格が合わない/(女)性格が合わない 2位:(男)異性関係/(女)暴力を振るう 3位:(男)家族親族との折り合いが悪い/(女)生活費を渡さない 4位:(男)異常性格/(女)精神的に虐待する 5位:(男)精神的に虐待する/(女)異性関係 6位:(男)浪費する/(女)浪費する 7位:(男)性的不調和/(女)家庭を捨てて省みない 8位:(男)同居に応じない/(女)異常性格…

ピンもと:TABI LABO

口ベタな男性が、本当に好きな女性にする「9つの愛情表現」

261920891

出典:http://www.karesihosii.jp 「彼氏いない歴=年齢」とはいかなくても、長年彼氏がいない女性もいますよね。 自分なりに生活を楽しんでいてキラキラ輝いていれば問題ないのですが、周りがドン引きしてしまうパターンも。 誰の耳にも言い訳にしか聞こえないフレーズを紹介します。 1.恋愛する暇がない 出典:http://彼氏のつくり方.com 忙しすぎて恋人をつくっている暇はないと言いたいのでしょうが、恋愛をしている人からすれば、恋愛は暇を見つけてするものではありません。 強がっているようにしか聞こえないですね。 2.過去の人を忘れられない 出典:http://careerpark.jp 純粋なようで聞こえが良いと思っているのでしょうが、一人前の大人の女が本気で口にすると狂気をおびて聞こえます。 しかもそれが過去の恋人ではなく、「片思いをしていた初恋の人」となってくると、ただただ怖いです。 3.家が厳しい 出典:https://www.youtube.com 実家暮らしで門限などが厳しいから、ということでしょうか。…

『恋をすると女性はキレイになる』というのを聞いたことがありますか?あれは『恋をすると前向きになり、まわりにも優しい気持ちで接することができるため、イキイキとして美しく見えるから』だと思われがちですが、実はそれだけではありません。女性が恋をするとキレイになるのには、科学的な理由があったのです!そこで、女性の美しさと密接な関係がある『エストロゲン』についてご紹介します。 1.愛されホルモン『エストロゲン』とは? 出典:http://allabout.co.jp/matome/cl000000004899/   あなたは『エストロゲン』という物質を知っていますか?エストロゲンとは、別名『愛されホルモン』とも呼ばれる女性ホルモンのことです。エストロゲンは、女性らしい美しい身体作りに欠かせない存在です。エストロゲンは、コラーゲンの合成を進め、美しくツヤやハリのある肌を保つ助けをしてくれます。また、乳房を豊かにしたり柔らかく女性らしいボディラインを作ったりする働きをしてくれます。恋をすると、このエストロゲンの働きが活発になるのです。 2.どうやったらエストロゲンの働きが活発になるの?…

男性が喜ぶ『さしすせそ』をご存知ですか?「さすがですね」「知らなかった」「すごーい」「センスいい!」「そうなんだぁ」の5つの言葉は、男性を喜ばす頭文字に『さしすせそ』が付く言葉として有名です。 それでは反対に、男性を傷付ける『かきくけこ』があることをご存知でしたか? 知らないあなたは要注意!頭に『かきくけこ』が付く、知らずに口にすると相手を傷付けてしまう5つの言葉をご紹介します! 1.「勘違いだよ」 出典:http://cc-library.net 男性の多くはプライドが高く、自分の間違いや勘違いを面と向かって指摘されたり注意されたりするのが得意ではありません。そうだと気付いたとしても、直接本人に指摘をするのではなく、さりげなくフォローするようにしましょう。 2.「キライ」 出典:http://www.beauty-co.jp 例え冗談であったとしても、女性からの「キライ」という言葉に傷ついてしまう男性は少なくありません。また、「あの人キライ」、「それするのキライ」などと何でもかんでも「キライ」という言葉を使う女性は下品に見えます。極力使わないようにしましょう。…

出典:http://www.funlearning.co.jp 結婚生活は山あり谷あり、いつも楽しいことばかりではありません。喧嘩が続いたり、モヤモヤしたりウンザリするようなこともあるかもしれません。 でもちょっと待ってください!「もしかしたらこの結婚失敗だったのかな・・・」なんて考えるのはまだ早い! 結婚生活を幸せなものに変えれるかどうかはあなたの考え方次第かもしれません。 そこで、結婚生活を幸せにする5つの方法をご紹介します! 1.『価値観は違うもの』と心得る 出典:http://prcm.jp0 夫と喧嘩になった時には「どうしてわかってくれないのか」「なんでそんなことをするのか」と疑問に思うかもしれません。 しかし、人それぞれ価値観は違うもの。夫婦と言ってもいつも同じ考え方が出来るわけではありません。意見が違って当たり前だということを前提に考えましょう。 2.感謝を言葉にして伝える 出典:http://ameblo.jp 毎日一緒にいると、本来感謝すべきようなことでも、慣れてきてしまったり「言わなくてもわかっているだろう」と考えたりするようになってしまうもの。…

愛する男性とのSEXは女性を幸せに、そして美しくするものです。 しかし、最近では若くしてSEXレスに悩むカップルも少なくありません。 また、現在のパートナーとわかれるわけではないが、SEXはしたくないと感じている女性も多いと聞きます。 今一度、本当のSEX、女性が美しくなるSEXについて考えてみましょう。 【SEXと女性ホルモンの関係】 出典:GATAG4.0 SEXをすると女性ホルモンがたくさん分泌されて美しくなるという考え方がありますが、実際にはそうではないようです。 つまり、SEXで女性ホルモンの量が大きく変化することはないのです。 しかし、SEXと女性ホルモンに何も関係がないわけではありません。 そして、女性ホルモンが女性を美しくすることは事実なんですね。 【女性ホルモンはどうすれば分泌されるのか】 出典:photoAC 女性ホルモンは主に食生活によって影響を受けますが、今回は恋愛を元に考えていきます。 女性の場合は恋をしてドキドキしていると女性ホルモンが分泌されることが分かっています。 つまり、恋愛感情を抱いている時に分泌されているんですね。…

芸術表現,文字の場所,本の文字,見ます,ピクチャ,視線,People Expressions,Window To The Soul,Look In2 My Soul

出典:http://lovecen.com 愛する人との結婚は本当に幸せなものですが、実際の結婚生活は大変なことも多くあります。 そんなことは誰もが知っていることでしょうが、中にはその辺りのイメージがしっかりとできていないので、思わず結婚したことを後悔してしまうことがあります。 今回は、既婚者が思わず結婚を後悔してしまった理由をご紹介します。 結婚を後悔した理由1:家事が大変 出典:http://dj8miipjn3ds2.cloudfront.net 結婚前は家事に協力的な男性も、結婚をした後は手伝わなくなってしまったという声が後を絶ちません。 一人暮らしならまだしも、夫ができたり、子供が産まれたりすると、家事をしなければならない相手が増えてくるので、その負担は増大します。 結婚を後悔した理由2:夫の協力がない 出典:http://internet-homework.com 先ほどの家事だけでなく、結婚ではすべてにおいて夫婦が協力しながら生活を営んでいくものです。しかし、夫の協力がなければすべてを妻がしなければならなくなります。…