.

米・カルチャー誌「KINFOLK」で活動するフラワーアーティスト&写真家による展覧会を渋谷で開催

Parker Fitzgerald (パーカー・フィッツジェラルド):1984年3月6日、ウィスコンシン州 ミルウォーキー生まれ。コロラド大学ビジネスカレッジ卒業。Ransom Limitedの創業者のひとりで国際的に活躍するフォトグラファー。主なクライアントに、Nike、Honda、Uniqlo、 KINFOLKなど。フィルム撮影により、静物のインパクトを再現することを目指す。 ゲーム大好きっ子として過ごした幼少時代。将来はゲームのキャラクターデザインか漫画家、もしくはイラストレータになりたかったというParker Fitzgerald(パーカー・フィッツジェラルド)氏。夢は叶い、グラフィックデザイナーとしてキャリアをスタートさせるが満足出来ず、ネット上に発表した写真が、人気を呼んだことをきっかけにフォトグラファーへの道を歩み始める。ポートランド発のライフスタイルマガジンKINFOLKをはじめ、NikeやUNIQLOのキャンペーンを手がけると瞬く間に人気フォトグラファーへとその才能を開花させた。 そんなフィッツジェラルド氏が、同じくKINFOLKのビジュアルに欠かせないフラワーデザイナーRiley Messina(ライリー・メッシーナ)と取り組んできたプロジェクトが写真集「OVERGROWTH」として出版された。ポートランドを拠点に、活躍するフィッツジェラルド氏に写真集のこと、写真をはじめた経緯、そして日本でも本格的にキャリアをスタートさせるこれからについてインタビューした! 「OVERGROWTH」OVERGROWTHはフィッツジェラルド氏の写真哲学を体現し、メッシーナ氏の色彩感覚と美的センスが存分に反映されたプロジェクト。コダック社のフィルムで撮影。2005年10月に写真集として発売。ソフトカバー|W224×H302|190P|9,180円(税込) ――フラワーアーティスト、メッシーナさんとの写真集「OVERGROWTH」ですが、ギャラリーRocketや代官山T-siteでの展示と広がりをみせました。このプロジェクトはプライベートな発想からはじまったそうですね。 遡ると、KINFOLKから花の本をつくりたいって話しがあったんです。KINFOLKが出版した料理の本の写真を撮っていたんですが、KINFOLK的にも気に入ってもっと書籍をやろうということでした。そこで、ライリーと僕のコラボレーションで “花”をテーマにゆっくりと始まったんです。その頃、撮影していたのが、この写真集の後半にあたるところです。なんとなくKINFOLKっぽさがでているのが分かると思います。 ――ファンタジックな世界の中にも親密感のある雰囲気が素敵ですね。 ほとんどのモデルはフォトグラファーの友達やアーティストの知り合いで、プライベートスタジオという名のガレージで撮影しているからでしょう(笑)。写真を撮りながらどんな“本”がいいのか探っていました。その頃は、春で、ポートランドはそこら中花が咲きみだれる、うってつけの季節でしたからね。そうやってはじまったプロジェクトなんです。 数ヶ月後、今から約2年前の6月の金曜日の夜、僕は東京にいました。KINFOLKのシティガイド企画の撮影で来てたんですが、友人を介してグラフィックデザイナーの長嶋りかこさんと知り合ったんです。彼女から「花で顔が隠れつつも顔がみえるようなポートレートを撮ってほしい」とリクエストがあって、面白そうだからやってみようと、いうことになり、ライリーがすぐに花を買ってきてコンクリートの壁を背景に撮影をしたんです。その写真がこの写真集の方向性を決めました。 長嶋りかこ氏のポートレート “自分が部屋に飾りたい写真”をゆるいテーマとしていたのですが、りかこさんのポートレート、花で顔が隠れている写真はまさにぴったりでした。美しさとグロテスクさが奇妙に入り交じった写真がはじめてフォーマットになったような気がして、色んな人とこのシリーズを撮影していきました。来日中に、ギャラリーROCKETと、5週間後に、ライリーのフラワーワークショップと僕の写真展の約束もしました。一方で、KINFOLKと進めていた花の本が、残念ながら立ち消えてしまい、僕たち自身のプロジェクトとして必然的に継続することになったんです。KINFOLKの本だったら、もっとカラフルでフラワリーな可愛いさを軸にしていたけど、自分たちのプロジェクトになってからはもっとダークなアプローチなものが増えていったんです。ただ奇麗というだけでなくもっとコンセプチュアルなものになっていきました。3つのキーワードcemetery(墓地)、reflection(反射)、 repetition(反復)をもとに、一風変わった写真を撮っていくことになりました。とは言え、キーワードに囚われすぎず撮影していった写真集なんです。 ■ ビューティーとダークが混在する世界を作るミュートなカラー。 ――自由度をもたせて撮影をしていったとのことですが、どれくらいの割合で下準備をしているんですか? スケッチの6割が実際の写真になればいいほうです。シーツを使った写真は、スケッチでは全く違う使い方をするつもりで用意してたけど、オリジナルを思い出せないぐらい違う出来上がりになっています。 毎回スケッチを描くのは、自己資金でやっているし、無駄をする余裕なんてありませんからね(笑)。撮影毎、なんとしてでも作品を作らなきゃいけないっていう、良い意味でのプレッシャーもありました。 ...

smoke

smoke

Smoke!

Smoke!

kinfolk

kinfolk

Kinfolk

Kinfolk

Pinterest
検索