Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

遺伝子工学

20 ピン2 フォロワー

中性子星とヒトの細胞内に、非常によく似た構造が存在することがわかってきた。カリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)などの研究チームが報告した。

遺伝子療法が大躍進 2016年を振り返る

「メンデルの優性の法則」の詳しい仕組み解明 奈良先端科技大グループ - 産経ニュース

HIV感染を治す ゲノム編集で薬不要を目指す:朝日新聞デジタル

今年あたりから、「ゲノム編集」という言葉が世間でよく聞かれるようになった。今、研究者や企業の間では「新しい育種技術」(NBT:New Breeding Techniques)と呼ばれる技術の開発が進められている。今回はゲノム編集をはじめとするNBTをテーマに、日本を含む各国の政策や規制について、現状を専門家に聞くことにした。

iPS細胞(人工多能性幹細胞)研究の進展に、遺伝子を自在に書き換える「ゲノム編集※」技術が大きな役割を果たそうとしている。難病患者からiPS細胞を作り、ゲノム編集で病気の原因遺伝子を修復できるかもしれないからだ。

理研がゲノム編集で新技術 病変部位を直接修復が可能に

理研がゲノム編集で新技術 病変部位を直接修復が可能に - エキサイトニュース(1/2)

遺伝子を自在に書き換える技術「ゲノム編集」を、魚の養殖に応用する研究が進んでいる。京都大などのチームは、身の多いトラフグなどを育てることに成功しており、養殖のコスト削減につながることが期待されている。ただ、ゲノム編集された生物に対する規制はなく、市販できる条件整備など、早急なルール作りを国に求める声も上がっている。(諏訪智史)

「ゲノム編集」初の人体応用 中国で肺がん患者に :日本経済新聞

生体内ゲノム編集の新技術を開発 | 理化学研究所