Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
【簡単!!】おすすめです!!レンジ&トースターで*鶏の味噌あぶり焼き |山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

【簡単!!】おすすめです!!レンジ&トースターで*鶏の味噌あぶり焼き |山本ゆりオフィシャルブログ「含み笑いのカフェごはん『syunkon』」Powered by Ameba

pin 1
しっとりとして濃厚生チョコケーキが誰でも簡単に!?お菓子作りにトラウマがある人でも失敗なしでお店レベルの味が再現できるレシピがあるのです。SNSでも話題の濃厚"生チョコケーキ"をご紹介します。

しっとりとして濃厚生チョコケーキが誰でも簡単に!?お菓子作りにトラウマがある人でも失敗なしでお店レベルの味が再現できるレシピがあるのです。SNSでも話題の濃厚"生チョコケーキ"をご紹介します。

pin 1
しっとりとして濃厚生チョコケーキが誰でも簡単に!?お菓子作りにトラウマがある人でも失敗なしでお店レベルの味が再現できるレシピがあるのです。SNSでも話題の濃厚"生チョコケーキ"をご紹介します。

しっとりとして濃厚生チョコケーキが誰でも簡単に!?お菓子作りにトラウマがある人でも失敗なしでお店レベルの味が再現できるレシピがあるのです。SNSでも話題の濃厚"生チョコケーキ"をご紹介します。

pin 1
つくれぽ1000人♫ 加熱時間わずか4分。 蒸し器で作るプリンです

つくれぽ1000人♫ 加熱時間わずか4分。 蒸し器で作るプリンです

ビーフラグーパスタ ‐ 普段の材料を使い、準備が簡単でゆっくり煮込んだお料理は高級料理並みの美味しさです。

ビーフラグーパスタ ‐ 普段の材料を使い、準備が簡単でゆっくり煮込んだお料理は高級料理並みの美味しさです。

絶品!簡単ウマぁ~!★☆山芋グラタン☆★の画像 材料 山芋 15~20cm 卵 1個 とろけるチーズ スライス2枚 ベーコン 2枚 しょうゆ 適量 刻みネギ 適量 作り方 1 耐熱皿等に山芋をすり下ろし、卵を割り入れ、よく混ぜ合わせる。 2 チーズ→ベーコンを乗せ、オーブン(トースター)で加熱。 焦げ目が付いたら刻みネギ・しょうゆをタラ~っと回しかける。 3 もう一度加熱し、ほんのり醤油を焦がせば出来上がり☆ コツ・ポイント 簡単すぎてな~んにも!! レシピの生い立ち 居酒屋さんメニュー!

絶品!簡単ウマぁ~!★☆山芋グラタン☆★の画像 材料 山芋 15~20cm 卵 1個 とろけるチーズ スライス2枚 ベーコン 2枚 しょうゆ 適量 刻みネギ 適量 作り方 1 耐熱皿等に山芋をすり下ろし、卵を割り入れ、よく混ぜ合わせる。 2 チーズ→ベーコンを乗せ、オーブン(トースター)で加熱。 焦げ目が付いたら刻みネギ・しょうゆをタラ~っと回しかける。 3 もう一度加熱し、ほんのり醤油を焦がせば出来上がり☆ コツ・ポイント 簡単すぎてな~んにも!! レシピの生い立ち 居酒屋さんメニュー!

栗原 はるみ さんのゆで卵を使った「タルタルソース」。 NHK「きょうの料理」で放送された料理レシピや献立が満載。

栗原 はるみ さんのゆで卵を使った「タルタルソース」。 NHK「きょうの料理」で放送された料理レシピや献立が満載。

サラダに使うことが多いきゅうり。意外に炒め物にするとさっぱりしておかずにもなるんです。お試しあれ!

サラダに使うことが多いきゅうり。意外に炒め物にするとさっぱりしておかずにもなるんです。お試しあれ!

粉類ナシ!材料使いきり!混ぜるだけ!とーっても美味しい自慢のNYチーズケーキです♪

粉類ナシ!材料使いきり!混ぜるだけ!とーっても美味しい自慢のNYチーズケーキです♪

乳酸キャベツ健康レシピ」 <材料> 新鮮なキャベツ1個(約1kg)、粗塩 小さじ4、きび砂糖 小さじ1/2 ①キャベツの外葉がある場合は剥く。4等分にし芯を落として洗い、よく水気をきって千切りに。細かいほど発酵しやすい。 ②まず半量のキャベツに半量の塩を混ぜるとよく味がしみこむ。 ③残りのキャベツと塩と砂糖を加え、袋の上からなじませるようによくもむ。密閉袋(大)1枚にちょうどキャベツ1個分が入る。 ④手でぎゅぎゅっと押して、余分な空気を抜き(酸素が多いと発酵が進まない)ぴっちり口を閉じ、重し(500mlのペットボトル3本など)を載せて常温に置く。 ⑤3〜6日置き、時々味を見ます(その都度、空気を抜いてぴっちり口を閉じ直す)。酸味がある、泡(炭酸ガス)が立つなどの現象が現れたら、発酵している証拠。清潔な瓶に移す。 ⑥冷蔵庫に保存する。日を追うごとに、酸味が出て旨味が深くなる。冷蔵保存で約1ヶ月もつ。

乳酸キャベツ健康レシピ」 <材料> 新鮮なキャベツ1個(約1kg)、粗塩 小さじ4、きび砂糖 小さじ1/2 ①キャベツの外葉がある場合は剥く。4等分にし芯を落として洗い、よく水気をきって千切りに。細かいほど発酵しやすい。 ②まず半量のキャベツに半量の塩を混ぜるとよく味がしみこむ。 ③残りのキャベツと塩と砂糖を加え、袋の上からなじませるようによくもむ。密閉袋(大)1枚にちょうどキャベツ1個分が入る。 ④手でぎゅぎゅっと押して、余分な空気を抜き(酸素が多いと発酵が進まない)ぴっちり口を閉じ、重し(500mlのペットボトル3本など)を載せて常温に置く。 ⑤3〜6日置き、時々味を見ます(その都度、空気を抜いてぴっちり口を閉じ直す)。酸味がある、泡(炭酸ガス)が立つなどの現象が現れたら、発酵している証拠。清潔な瓶に移す。 ⑥冷蔵庫に保存する。日を追うごとに、酸味が出て旨味が深くなる。冷蔵保存で約1ヶ月もつ。