悠久の時代より脈々と受け継がれてきた、法隆寺裂 、名物裂 、有職裂 などの伝統的な文様をデリカビーズで表現したフォーマルバッグです。 当社が使用する『デリカビーズ』は、約1400度のガラスを 細長いストロー状にし、それを1mmにカットしてから表面を軽く焼き、その後、着色加工が施されます。そのため形が均一で高品質、さらに色も豊富です。専用の織機にたて糸を張りビーズを一粒ずつ丁寧に通して、模様が織り上げられます。色とりどりのビーズをふんだんに使い、直線や曲線を描きながら古典文様を表現致した繊細で豪華な輝きを放つビーズ織りは、熟練の職人の手によって、バッグに仕立てられます。小さなガラスの粒だけで表現された世界は、何時間見ていても見飽きないほど。 3~4万粒のビーズが生み出す優雅な輝きは、日本の美意識そのもの。溜息が出るほど美しく輝く格調高いこのバッグは、訪問着や留袖などの和装スタイルはもちろんのこと、洋装に用いても大いに活躍してくれます。

悠久の時代より脈々と受け継がれてきた、法隆寺裂 、名物裂 、有職裂 などの伝統的な文様をデリカビーズで表現したフォーマルバッグです。 当社が使用する『デリカビーズ』は、約1400度のガラスを 細長いストロー状にし、それを1mmにカットしてから表面を軽く焼き、その後、着色加工が施されます。そのため形が均一で高品質、さらに色も豊富です。専用の織機にたて糸を張りビーズを一粒ずつ丁寧に通して、模様が織り上げられます。色とりどりのビーズをふんだんに使い、直線や曲線を描きながら古典文様を表現致した繊細で豪華な輝きを放つビーズ織りは、熟練の職人の手によって、バッグに仕立てられます。小さなガラスの粒だけで表現された世界は、何時間見ていても見飽きないほど。 3~4万粒のビーズが生み出す優雅な輝きは、日本の美意識そのもの。溜息が出るほど美しく輝く格調高いこのバッグは、訪問着や留袖などの和装スタイルはもちろんのこと、洋装に用いても大いに活躍してくれます。

2016年9月1~2日にザ・リッツ・カールトン京都にて開催されました 帯の新作展示会『斐成會』においては、 ご多忙の折にも関わらずお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。 2日間の短い期間でしたが、皆様のおかげをもちまして、 盛況のうちに展示会を執り行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。 今回の展示会は、『いけばな嵯峨御流』様とのコラボレーションにより 織物と草花の競演は訪れる人達を魅了し続け、 その周囲を取り巻く龍村の帯を、より一層引き立ててくれました。 今後とも皆様のご期待に沿えますよう、 社員一同全力をあげて社業に努める所存でございますので 何卒末永くご愛顧くださいますようお願い申し上げます。 さて本日は、展示会で人気のあった新作袋帯をご紹介いたします。 2位 天竺彫彩錦(てんじくちょうさいにしき) 世界遺産タージマハルなどの石彫から。

2016年9月1~2日にザ・リッツ・カールトン京都にて開催されました 帯の新作展示会『斐成會』においては、 ご多忙の折にも関わらずお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。 2日間の短い期間でしたが、皆様のおかげをもちまして、 盛況のうちに展示会を執り行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。 今回の展示会は、『いけばな嵯峨御流』様とのコラボレーションにより 織物と草花の競演は訪れる人達を魅了し続け、 その周囲を取り巻く龍村の帯を、より一層引き立ててくれました。 今後とも皆様のご期待に沿えますよう、 社員一同全力をあげて社業に努める所存でございますので 何卒末永くご愛顧くださいますようお願い申し上げます。 さて本日は、展示会で人気のあった新作袋帯をご紹介いたします。 2位 天竺彫彩錦(てんじくちょうさいにしき) 世界遺産タージマハルなどの石彫から。

2016年9月1~2日にザ・リッツ・カールトン京都にて開催されました 帯の新作展示会『斐成會』においては、 ご多忙の折にも関わらずお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。 2日間の短い期間でしたが、皆様のおかげをもちまして、 盛況のうちに展示会を執り行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。 今回の展示会は、『いけばな嵯峨御流』様とのコラボレーションにより 織物と草花の競演は訪れる人達を魅了し続け、 その周囲を取り巻く龍村の帯を、より一層引き立ててくれました。 今後とも皆様のご期待に沿えますよう、 社員一同全力をあげて社業に努める所存でございますので 何卒末永くご愛顧くださいますようお願い申し上げます。 さて本日は、展示会で人気のあった新作袋帯をご紹介いたします。 3位 雅桐菱花文(がとうりょうかもん) 能衣装の図柄です。五、七の桐文様とバラの花のデザイン。 異色の組み合わせがおもしろいです。

2016年9月1~2日にザ・リッツ・カールトン京都にて開催されました 帯の新作展示会『斐成會』においては、 ご多忙の折にも関わらずお立ち寄りいただき、誠にありがとうございました。 2日間の短い期間でしたが、皆様のおかげをもちまして、 盛況のうちに展示会を執り行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。 今回の展示会は、『いけばな嵯峨御流』様とのコラボレーションにより 織物と草花の競演は訪れる人達を魅了し続け、 その周囲を取り巻く龍村の帯を、より一層引き立ててくれました。 今後とも皆様のご期待に沿えますよう、 社員一同全力をあげて社業に努める所存でございますので 何卒末永くご愛顧くださいますようお願い申し上げます。 さて本日は、展示会で人気のあった新作袋帯をご紹介いたします。 3位 雅桐菱花文(がとうりょうかもん) 能衣装の図柄です。五、七の桐文様とバラの花のデザイン。 異色の組み合わせがおもしろいです。

Kiri Arabesque Pattern Heizo Tatsumura Summer Hon-Fukuro Obi

Kiri Arabesque Pattern Heizo Tatsumura Summer Hon-Fukuro Obi

初秋に行われる展示会「斐成會(あやなすかい)」のお知らせです。 “あやなす”とは、晋代の文学者である左思(さし・3世紀後半) の 漢詩「貝錦斐成、濯色江波」 (貝殻の文様のように美しい錦、色鮮やかな糸を集めて織りなした錦のように ”あや”があって美しいさま) から引用した会名です。 毎年大勢のお客様にお越しいただき、ご好評頂くこの会に さらに大本山大覚寺・いけばな嵯峨御流様にもご参加して頂きます。 新作袋帯と嵯峨御流のコラボレーション、2つの感性がぶつかりあった初めての展示会。 是非、皆様お誘い合わせの上お越し下さい。 (平成30年、大本山大覚寺様は戊戌開封法会と嵯峨御流1200年を迎えられます) 第63回 龍村の帯展 「斐成會」 (関西店 関東店合同催事) ■日時 2016年9月1日(木)~2日(金) 午前10時~午後5時 ■会場 ザ・リッツカールトン京都 地下2階 TAKANE 京都市中京区鴨川二条大橋畔 ■電話 075-746-5590(展示開催時のみ)

初秋に行われる展示会「斐成會(あやなすかい)」のお知らせです。 “あやなす”とは、晋代の文学者である左思(さし・3世紀後半) の 漢詩「貝錦斐成、濯色江波」 (貝殻の文様のように美しい錦、色鮮やかな糸を集めて織りなした錦のように ”あや”があって美しいさま) から引用した会名です。 毎年大勢のお客様にお越しいただき、ご好評頂くこの会に さらに大本山大覚寺・いけばな嵯峨御流様にもご参加して頂きます。 新作袋帯と嵯峨御流のコラボレーション、2つの感性がぶつかりあった初めての展示会。 是非、皆様お誘い合わせの上お越し下さい。 (平成30年、大本山大覚寺様は戊戌開封法会と嵯峨御流1200年を迎えられます) 第63回 龍村の帯展 「斐成會」 (関西店 関東店合同催事) ■日時 2016年9月1日(木)~2日(金) 午前10時~午後5時 ■会場 ザ・リッツカールトン京都 地下2階 TAKANE 京都市中京区鴨川二条大橋畔 ■電話 075-746-5590(展示開催時のみ)

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
検索