Tea bowl 19th century Edo period or Meiji era Raku-type earthenware with Black Raku glaze H: 7.8 W: 11.2 cm Kyoto, Japan

Tea bowl 19th century Edo period or Meiji era Raku-type earthenware with Black Raku glaze H: 7.8 W: 11.2 cm Kyoto, Japan

正倉院の宝物にも多く施されている螺鈿(らでん)の技術。元々は奈良時代に唐から輸入されたが、平安時代に漆技術の発達とともに急速に日本国内で発展を遂げた。貝を煮て外皮をはがして削っただけで、光を受けたら角度により色が変わる美しい貝片になる。これと漆器の技術が融合して日本の螺鈿技術は発達して

正倉院の宝物にも多く施されている螺鈿(らでん)の技術。元々は奈良時代に唐から輸入されたが、平安時代に漆技術の発達とともに急速に日本国内で発展を遂げた。貝を煮て外皮をはがして削っただけで、光を受けたら角度により色が変わる美しい貝片になる。これと漆器の技術が融合して日本の螺鈿技術は発達して

Japanese Art | Takatori ware tea caddy, katatsuki type | F1898.471a-b

Japanese Art | Takatori ware tea caddy, katatsuki type | F1898.471a-b

Flower bamboo vase with side opening by Sen no Rikyu (1522-1592), Japan 竹一重切花入 千利休

Flower bamboo vase with side opening by Sen no Rikyu (1522-1592), Japan 竹一重切花入 千利休

Sen no Rikyu - Kakehanaire - Japanese hanging vase used in tea ceremony / tokonoma / sakuya

Sen no Rikyu - Kakehanaire - Japanese hanging vase used in tea ceremony / tokonoma / sakuya

wakindate temae, ro (winter) season

wakindate temae, ro (winter) season

Japanese iron kettle for tea ceremony

Japanese iron kettle for tea ceremony

Tea kettle of shinnnari type, Ashiya Ware. Muromachi Period, 15th century - Tokyo National Museum

Tea kettle of shinnnari type, Ashiya Ware. Muromachi Period, 15th century - Tokyo National Museum

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗銘 銘「東」(個人蔵)

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗銘 銘「東」(個人蔵)

南天吹雪棗 秀衡塗

【茶器・茶道具/棗(なつめ)】南天吹雪/秀衡塗青柳作|高砂 宇治園

南天吹雪棗 秀衡塗

Pinterest
検索