Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

あなたの食卓にある塩はもう「塩」ではないかもしれない。 心臓病、脳卒中、糖尿病、高血圧、肥満などの生活習慣病や動脈硬化を予防するため塩分控えめの食事が推進されており、塩に対して良いイメージのなかった私。 「塩=浮腫む」というイメージが大きく、アメリカでのダンサー時代は「減塩」を試みていました。 ダンサーだった私にとってスタイルは死活問題。 そんな私が「塩の偉大さ」を知るきっかけになったのは、ある本との出逢いでした。 韓国・国立木浦大学 天日塩生命科学研究所顧問の上田秀夫氏による「塩を変えれば体は良くなる」。 私の「塩」に対するイメージを大きく覆しただけではなく、現代の塩の問題点について深く考えさせられました。 海から生まれた生物は陸に上がり、そして今、本来海からの恵みである「塩」を全く別のものに変えてしまった。 あなたの食卓にある塩はもう「塩」ではないかもしれない。 1時間40分後、全ての魚が死滅した食塩水の実験 上記の本に出てくるエピソードで私が衝撃を受けたのは、2007年9月に韓国国営放送KBSが制作したテレビ番組での実験でした。 …

pin 4

抗がん剤だけはやめなさい。

pin 3

加工肉に発がん性“50gで18%確率増”(日本テレビ系(NNN)) - Y!ニュース

pin 2

人体に有害なIH調理器。IHを売りにしている企業でさえ妊婦の使用は控えるよう呼び掛けています。危険性はまだまだ未知数で安全性は0に等しい。

pin 1

ファブリーズはいらない。殺虫剤、入浴剤、燻煙剤…。身の回りに化学製品が溢れ過ぎて感覚がマヒしていませんか?それ、本当に必要ですか?

pin 1

カフェイン摂取、どれくらいで死の危険?(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

pin 1

スタバ1杯で砂糖25杯分!ラテやモカも人間の摂取基準超、危険な砂糖依存で病気に|ビジネスジャーナル スマホ

pin 1

乳がん患者の8割は朝食にパンを食べているって本当ですか!? |wantonのブログ

pin 1

【サプリメントの「へム鉄」って何で作られているか知っていますか?】 | 久野 淳(くのじゅん)のブログ 歯科医師 栄養指導 栄養療法 オーソモレキュラー 糖質制限 MEC食 食育 食の安全 栄養マニア 料理

pin 1

副作用を招くことも! 薬と一緒に摂ると危険な食材