黒楽茶碗 銘「あやめ」    作者	長次郎 時代	桃山時代(16世紀後期)     黒楽茶碗 銘あやめ くろらくちゃわん めい あやめ…

黒楽茶碗 銘「あやめ」 作者 長次郎 時代 桃山時代(16世紀後期) 黒楽茶碗 銘あやめ くろらくちゃわん めい あやめ…

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗 銘「七里」(五島美術館蔵)

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗 銘「七里」(五島美術館蔵)

本阿弥光悦(1558-1637)作 白楽茶碗 銘「冠雪」(個人蔵)。

本阿弥光悦(1558-1637)作 白楽茶碗 銘「冠雪」(個人蔵)。

本阿弥光悦 雨雲

本阿弥光悦 雨雲

HANDEISHI KAWAKITA 川喜多半泥子 | SHINGORI.COM

HANDEISHI KAWAKITA 川喜多半泥子 | SHINGORI.COM

赤楽茶碗No.37 赤楽茶碗 銘「湖月」 五島美術館蔵 ほとんど白楽、といってもいいくらい赤みの抜けた赤楽茶碗。これも長次郎作らしく、如心斎の極めがついています。作風としては4、「太郎坊」や9、「獅子」と同じ歪みのない静かな造形です。それにしても驚かれるのが、まるで萩茶碗のごとき貫入(茶碗表面の細かいひび割れ、井戸茶碗の特徴)であります。私はこれを萩茶碗だとして紹介されても納得してしまうでしょう。また胴には二本のくびれもついています。

赤楽茶碗No.37 赤楽茶碗 銘「湖月」 五島美術館蔵 ほとんど白楽、といってもいいくらい赤みの抜けた赤楽茶碗。これも長次郎作らしく、如心斎の極めがついています。作風としては4、「太郎坊」や9、「獅子」と同じ歪みのない静かな造形です。それにしても驚かれるのが、まるで萩茶碗のごとき貫入(茶碗表面の細かいひび割れ、井戸茶碗の特徴)であります。私はこれを萩茶碗だとして紹介されても納得してしまうでしょう。また胴には二本のくびれもついています。

重要文化財 初代 長次郎『赤楽茶碗 無一物』

重要文化財 初代 長次郎『赤楽茶碗 無一物』

黒樂茶碗 銘 大黒(おおぐろ)

黒樂茶碗 銘 大黒(おおぐろ)

「無一物」 穎川美術館蔵 初代 長次郎(1516-1592)作 赤楽茶碗 銘「無一物」(桃山時代、口径11.2cm/高8.5cm/高台高0.7cm/同径5.0cm、重要文化財)。赤褐色軟質陶胎の短円筒形で低い高台を付す。縁は内反りに薄めの丸縁で、下方に従って肉厚となり底が部厚く、内外全面に低火度の赤楽釉をかける。黒楽茶碗「大黒」とほぼ同態の作調。素地・釉調から天正年間後期の作と認められ、長次郎赤楽茶碗の代表作。茶道史上、陶磁史上においても桃山時代における重要な作例で、松平不昧公所持の中興名物として古来著名な名碗。

「無一物」 穎川美術館蔵 初代 長次郎(1516-1592)作 赤楽茶碗 銘「無一物」(桃山時代、口径11.2cm/高8.5cm/高台高0.7cm/同径5.0cm、重要文化財)。赤褐色軟質陶胎の短円筒形で低い高台を付す。縁は内反りに薄めの丸縁で、下方に従って肉厚となり底が部厚く、内外全面に低火度の赤楽釉をかける。黒楽茶碗「大黒」とほぼ同態の作調。素地・釉調から天正年間後期の作と認められ、長次郎赤楽茶碗の代表作。茶道史上、陶磁史上においても桃山時代における重要な作例で、松平不昧公所持の中興名物として古来著名な名碗。

Pinterest
検索