Tsutomu Abe

29 ピン168 フォロワー
ここが阿部邸の「中心」。左の大きな絵は、フランスの画家、ウジェーヌ・カリエール。義父がパリで模写したものだそうだ。

中心のある家正しく古いものは永遠に新しい41年の歳月が育んだ心地良さ

ここが阿部邸の「中心」。左の大きな絵は、フランスの画家、ウジェーヌ・カリエール。義父がパリで模写したものだそうだ。

中心のある家正しく古いものは永遠に新しい41年の歳月が育んだ心地良さ

中心のある家正しく古いものは永遠に新しい41年の歳月が育んだ心地良さ

本物の無垢素材が経年変化で作る味わい 1974年竣工。建築家・阿部勤さんの自邸は、築41年という年月を経てもなお新しく感じる。それどころか、年月を重ねるほどにどんどん味わいが増している。阿部さんの自著『中心のある家』の中にもあるように、まさに「正しく古いものは永遠に新しい」、そんな家なのだ。スウェーデンの画家、カール・ラーションの家の天井に描かれている言葉だそうだ。 「人が昔から慣れ親しんできた、石や木や土といった本物の無垢素材は、経年変化によって風合いが出てくるんです」 鳥が運んできた種が芽吹いた庭の木や、建物の高さを越すほどに育った玄関先の欅が、住宅街に美しい風景を作っている。 「建物を設計することとは、隣人との関係、住む人との関係、人と人との関係、光との関係、物との関係、物と物との関係、空間と空間との関係……、あらゆるものとの関係性を設計することだと思っています」 男の台所、ペニンシュラキッチン 20年前に料理上手な奥様を亡くしてから、キッチンを大きく作り変えた。 「男がひとりで生きていくキッチンを作ろうと思ったんです」 奥様が使っていたI型のキッチンに、半島を加えたT型のペニン

「私の家」阿部勤・自邸 : 建築_空間

「私の家」阿部勤・自邸 : 建築_空間

「私の家」阿部勤・自邸 : 建築_空間

「私の家」阿部勤・自邸 : 建築_空間

阿部勤さん自邸 住宅見学ツアー 当選! : 早田建築設計事務所 Blog

阿部勤さん自邸 住宅見学ツアー 当選! : 早田建築設計事務所 Blog

正しく古いものは永遠に新しい 阿部勤 邸 - 建築家の自邸を訪ねて | 家の時間 自分らしい住まいと暮らし見つけるウェブマガジン

正しく古いものは永遠に新しい 阿部勤 邸 - 建築家の自邸を訪ねて | 家の時間 自分らしい住まいと暮らし見つけるウェブマガジン

日芸デザイン学科建築デザイン • 阿部勤先生の自邸「中心のある家」訪問

日芸デザイン学科建築デザイン • 阿部勤先生の自邸「中心のある家」訪問

正しく古いものは永遠に新しい 阿部勤 邸 - 建築家の自邸を訪ねて | 家の時間 自分らしい住まいと暮らし見つけるウェブマガジン

正しく古いものは永遠に新しい 阿部勤 邸 - 建築家の自邸を訪ねて | 家の時間 自分らしい住まいと暮らし見つけるウェブマガジン

日芸デザイン学科建築デザイン • 阿部勤先生の自邸「中心のある家」訪問

日芸デザイン学科建築デザイン • 阿部勤先生の自邸「中心のある家」訪問

相片:日本建築家特輯|阿部 勤 (あべ つとむ,1936年~) 阿部先生的家:http://space09.exblog.jp/18575405 相當酷的官方網站:http://abeartec.com/ 下文的介紹說到,阿部先生一直很喜歡東南亞、南島風情。1995年起在日本的屋久島開始蓋自己的小屋,享受其中地一點一點親手建造,至今仍在持續進行中。(←真棒) 日本の建築家である。60年早稲田大学理工学部建築学科卒業後、坂倉準三建築研究所勤務。その間にタイ国にて、農業工業学校25校の設計管理でタイ国中を歩き廻り東南アジアや南の島の風土がすっかり好きになる。1975年にアルテック設立。1995年から屋久島に手造りで小屋を建て始め、現在まだ完成していない。時々行って少しずつ造ることを楽しんでいる。2004年 「私の家」第5回日本建築家協会25年賞受賞。現在、日本大学芸術学部非常勤講師。

相片:日本建築家特輯|阿部 勤 (あべ つとむ,1936年~) 阿部先生的家:http://space09.exblog.jp/18575405 相當酷的官方網站:http://abeartec.com/ 下文的介紹說到,阿部先生一直很喜歡東南亞、南島風情。1995年起在日本的屋久島開始蓋自己的小屋,享受其中地一點一點親手建造,至今仍在持續進行中。(←真棒) 日本の建築家である。60年早稲田大学理工学部建築学科卒業後、坂倉準三建築研究所勤務。その間にタイ国にて、農業工業学校25校の設計管理でタイ国中を歩き廻り東南アジアや南の島の風土がすっかり好きになる。1975年にアルテック設立。1995年から屋久島に手造りで小屋を建て始め、現在まだ完成していない。時々行って少しずつ造ることを楽しんでいる。2004年 「私の家」第5回日本建築家協会25年賞受賞。現在、日本大学芸術学部非常勤講師。

Pinterest
検索