正倉院の宝物にも多く施されている螺鈿(らでん)の技術。元々は奈良時代に唐から輸入されたが、平安時代に漆技術の発達とともに急速に日本国内で発展を遂げた。貝を煮て外皮をはがして削っただけで、光を受けたら角度により色が変わる美しい貝片になる。これと漆器の技術が融合して日本の螺鈿技術は発達して

正倉院の宝物にも多く施されている螺鈿(らでん)の技術。元々は奈良時代に唐から輸入されたが、平安時代に漆技術の発達とともに急速に日本国内で発展を遂げた。貝を煮て外皮をはがして削っただけで、光を受けたら角度により色が変わる美しい貝片になる。これと漆器の技術が融合して日本の螺鈿技術は発達して

Inro kiku decorated 印籠

Inro kiku decorated 印籠

◆ kimono selector ◆ 1 円 hairpin 2 piece set antique y4534 / [Buyee] "Buyee" Japan Shopping Service | Buy from Yahoo! Buy from Japan!

◆ kimono selector ◆ 1 円 hairpin 2 piece set antique y4534 / [Buyee] "Buyee" Japan Shopping Service | Buy from Yahoo! Buy from Japan!

Takashi Tomii - Google 搜尋

Takashi Tomii - Google 搜尋

【お椀や うちだ ふち塗り(中川政七商店)】/福井県鯖江市で越前漆器を8代200年に渡りつくり続けている「漆琳堂」。毎日の暮らしの中で使い続けられるものをつくりたい。その想いから生まれたのが、漆のお椀ブランド「お椀や うちだ」です。色拭き漆椀のふちに塗りわけの技術を用い、色漆で真塗りを施しました。色合わせも楽しいツートン椀です。透明感のあるマットなツヤ感と、漆独特のなめらかでつるりとした口当たりが感じられる、拭き漆と真塗りの良さを併せ持ったお椀です。 #bowl #urushi #shitsurindo #owanyauchida #crafts

【お椀や うちだ ふち塗り(中川政七商店)】/福井県鯖江市で越前漆器を8代200年に渡りつくり続けている「漆琳堂」。毎日の暮らしの中で使い続けられるものをつくりたい。その想いから生まれたのが、漆のお椀ブランド「お椀や うちだ」です。色拭き漆椀のふちに塗りわけの技術を用い、色漆で真塗りを施しました。色合わせも楽しいツートン椀です。透明感のあるマットなツヤ感と、漆独特のなめらかでつるりとした口当たりが感じられる、拭き漆と真塗りの良さを併せ持ったお椀です。 #bowl #urushi #shitsurindo #owanyauchida #crafts

Urushi lacquer tea caddy by Kuroda Tatsuaki (1904–1982) Japan 黒田辰秋 白檀四稜茶器

Urushi lacquer tea caddy by Kuroda Tatsuaki (1904–1982) Japan 黒田辰秋 白檀四稜茶器

Japanese mother-of-pearl(螺鈿) hairpin(簪) .#japan

Japanese mother-of-pearl(螺鈿) hairpin(簪) .#japan

飴色 櫛 簪 くし かんざし 金彩 螺鈿

飴色 櫛 簪 くし かんざし 金彩 螺鈿

珍しい鷲のモチーフで螺鈿青貝細工 櫛簪セット 0724J5r※ /【Buyee】 Japan Shopping Service | Buy from Yahoo!

珍しい鷲のモチーフで螺鈿青貝細工 櫛簪セット 0724J5r※ /【Buyee】 Japan Shopping Service | Buy from Yahoo!

本鼈甲珊瑚蝶貝螺鈿櫛笄、明示‐大正時代

本鼈甲珊瑚蝶貝螺鈿櫛笄、明示‐大正時代

Pinterest
検索