Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

This looks like the higher self sending out a facet to earth. I wonder what was intended...KANO Hougai (1828~1888), Japan 悲母観音 狩野芳崖

狩野芳崖「仁王捉鬼」(1886)Hougai KANO ”Niou Sokki” (1886), Japan

1

フリー絵画 狩野芳崖作「飛龍戯児図」

狩野芳崖 “寿老人”

狩野芳崖「鏻姫像」

Hōgai Kanō, Niō sokki zu, 1886, The National Museum of Modern Art, Tokyo 狩野芳崖 『仁王捉鬼図』 明治19年、東京国立近代美術館所蔵

KANO Hougai (1828~1888), Japan 悲母観音 狩野芳崖

狩野芳崖「悲母観音」

artist: Kano Hogai

Hōgai Kanō, Fukuryū Rakan zu,1885, Fukui Prefectural Museum of Art 狩野芳崖 『伏龍羅漢図』 明治18年、福井県立美術館所蔵 http://info.pref.fukui.jp/tenshin/tunagari/kanouhougai.html 狩野芳崖は、長門長府(山口県下関)に御用絵師の子として生まれ、江戸で狩野勝川に入門し頭角をあらわすが、狩野派の型にはまった絵画に満足せず雪舟などの古典絵画を研究し独自の画風を模索した。 当時新しい日本絵画の創出を模索していたアメリカ人教師フェノロサや岡倉天心の思想に共鳴し、ともに日本画の再興に尽くした。 また天心と共に図画取調所(美術学校の前身)を設け、引き続き美術学校の設立に尽力したが開校前に没した。 狩野派的な描線を残しながらも西洋画法を取り入れた仏教的画題や山水図に取り組み、近代日本画の基礎をつくった。 本作は、明治18年第一回鑑画会大会で三等賞となった作品で、フェノロサの理論と芳崖の独創が融合した近代日本画の始まりを告げる記念碑とも言える作品である。