Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

2015年度一般公募の部:過去の受賞作品:朝日広告賞 もっと見る

pin 1
heart 1

2012年度 TCC 新人賞 | 東京コピーライターズクラブ

第31回受賞作品(2014年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

第26回受賞作品(2009年度) : クリエイターの部 : 読売広告大賞 : 広告賞のご案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)ふたを開けたままでも最大で2週間乾かないペン先をユーモラスに表現した。 サインペンは人が「頑張っている」時に使われる道具である。 サインペンで描かれる線は、黒く、太く、消しゴムや修正液で消される事が無い。 それはその時覚悟を決めた使用者の存在の証明となっている。 そのため使用シーンでは、使用者は決断を迫られる、ときに窮地に立たされている。 そんな状況で、『でも、乾きまペンでよかった!』と思える瞬間がきっとあるに違いない。 そんな場面をちょっと面白く表現することで、商品に乾きまペンという名前をつけてしまう課題主のユーモラスさを表現しようとした。

未読26件 - Yahoo!メール

美容広告の常識を覆す大胆な『変顔』広告 | ブレーン 2015年1月号

空を飛ばせてくれたお父さんの足へ。 父の日に靴下を贈ろう。 〈制作意図〉 小さい頃、誰もが両親に履かせてもらった靴下。 「大好きだったお父さん」との思い出。 その「靴下」と「大好きだったお父さんとの思い出」の両者が、 年代・性別を超えて、多くの人の心に強く残っている記憶として 鮮明に残っているシーンを、広告のメインビジュアルにしました。 それが、お父さんの靴下を履いた足に子供の胸が 乗っている「飛行機」のシーンです。 父親の娘への想いと、父親への感謝の気持ちを 言葉で表現しました。 このワンシーンが、父親から注いでもらっていた愛情のことを 思い出すきっかけになれば、そして、靴下がそういうことに 一役買えれば、とてもうれしく思います。 http://www.tabio.com/jp/corporate/news/1292/

「食」の向こうにあるドラマ。心揺さぶる新聞広告コンテスト2014の作品集

THE・インパクトデザイン。 | POO-MONOLOGUE

Japanese Design 1999:: SHISEIDO :: 昔のデザイン::一富士二鷹三茄子 もっと見る