Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

“Flame.” by Uemura Syoen (Japanese 1875-1949) Color painting on silk, H. 190.9 x W. 91.8 cm, (dated 1918) | Tokyo National Museum, Japan |《焔 ほのお》上村松園 (1875-1949 明治8年- 昭和24年) 1 幅, 絹本着色, 縦190.9 x 横91.8 cm 大正7年(1918) | 東京国立博物館 コレクション

25
3
ピンもと:homify.jp

丸山晴之建築事務所が手掛けた「林の中に住む

「 林の中に住む。」施主との会話の中で出てきた何気ない言葉。 敷地は典型的な田舎の平野部、田に囲まれた人通りの少ない集落。敷地内には母屋と蔵と車庫、くたびれた日本庭園と畑があり、どこにも林の景色はありませんでした。盛土をした木々の中、建物の中心部を浮かすことで建物内部だけではなく外部にも庭の連続性を確保し、庭の気配や通風を遮らないようにしています。このことは、コンクリート量を減らし環境負荷を軽減する役割も担っています。シンプルな切妻とした屋根は、積雪地の為に大きくなる構造材の構成を工夫し、軒先部分を薄くすることで夏の日射抑制と眺望の確保を両立。そして、あえて緩 衝地帯となる縁側は設けず、北の庭と南の庭が存在感を抑えたファサードと直接繋がるようにして室内と室外の一体化を図り、この地に住む為の「林の中に住 む」という意思はカタチとなりました。所在地:福井市用途:住宅担当:丸山晴之 久永雅幸(元所員)構造設計:和田譜生構造設計事務所施工:㈱名津井建設撮影:明 直樹掲載:新建築住宅特集2012年12月号受賞:第45回中部建築賞 第9回木の建築賞 第1回ふくい建築賞

46
5
ピンもと:Twitter

ケンイチ on

世が平和になると同時に必要とされなくなってしまった同田貫が江戸〜明治初めまで薄暗い蔵や押入れの中で戦に連れていかれることも床の間に飾られることもなく、ただただ己が朽ちていくのを待つその時間がどれだけ恐ろしく辛かっただろうかと考える

8
2

重美 紫式部図 尾形光琳 MOA 美術館蔵 江戸時代18 世紀 石山寺参籠中に紫式部が『源氏物語』の着想を得たという伝説をもとに、湖水に映る月を眺めながら執筆する姿が描かれている。画面中央に配された花頭窓、上下を二分する屋根の庇の水平線と柱の垂直線、四分円状の湖面と丸い月など、光琳の理知的な画面構成がみられる。印章の「道崇」の号は宝永元年より使用されたもので、光琳が江戸下向後に制作したことが分かる。落款は「法橋光琳」「道崇」(白文方印)。『光琳百図』所載。

11

黒織部 多治見市美濃焼ミュージアム 蔵 電燈所た禰コレクション 焼成中に窯から引き出して急冷することにより、鉄釉を漆黒に発色させるのは、瀬戸黒と同じ技法を用います。黒織部は鉄釉をかけ残した部分に鉄絵を描いたり、あるいは掻き落としや型抜きを行ったりして、黒と白による文様を加えます。また、形を大きく歪ませて、意識的に飲み口をつくり出しているのも、黒織部の特色です。

7

鳴海織部 多治見市美濃焼ミュージアム 蔵 さまざまな種類がある織部の中でも、最も手が込んでいるのが鳴海織部です。上の部分に白土を、下の部分に鉄分を含む赤土を用いて、両者を接ぎ合わせています。白土の上には青織部に使う銅緑釉をかけて、緑の発色を際立たせています。また、赤土の部分には白泥を塗り、鉄絵を加えています。緑釉と赤土、白泥という独特の組み合わせが、他の織部製品にはない雰囲気を醸しだしています。

4

紅葉を見ながらお酒も楽しめる大人の紅葉狩りならいいちこ日田蒸留所にて行われる紅葉祭がおすすめです 敷地内の広葉樹を眺めながら 通常では公開されていない焼酎蔵の中を蔵人による大麦の醗酵工程の説明とともに巡ることのできる蔵人による焼酎蔵見学ツアーも開催されていて毎年大盛況 原酒の杜の音楽会や地元特産のグルメを集めた食の広場も予定されています 日田の美味しいお酒と食事を頂きながら 美しい紅葉を眺める大人のデートスポットとして 夫婦でのお出かけにもおすすめですよ いいちこ日田蒸留所 大分県日田市西有田810-1 http://ift.tt/2ffrXQI tags[大分県]

「あやめ」 MOA美術館蔵 黒楽茶碗 銘「あやめ」 作者 長次郎 時代 桃山時代(16世紀後期) 黒楽茶碗 銘あやめ くろらくちゃわん めい あやめ  千利休の高弟南坊宗啓が著した『南方録』によると、天正15年(1587)五月中に利休は「茶碗 黒 渓蓀」を3回用いているが、本図の茶碗はそれにあたるものと推測されている。外箱蓋表に「あやめ 長次郎作 旦(花押)」、内箱蓋表に「長次郎焼 茶碗」と宗旦が書き付けている。同じく長次郎作の茶碗「まこも」の中箱に、久須美疎安が「あやめハ千宗守ニ有之」と記しているので、「あやめ」は、宗旦から一翁宗守、さらに官休庵に伝わったと思われる。後に永楽善五郎の所持となり、草間伊兵衛に譲られた。「大黒」や「俊寛」の形式とも違った独特の作行きの茶碗で、侘びの趣きの深い名碗の一つである。全体がかなり厚手に成形されており、胴にわずかにくびれがつけられていて、肌の起伏に言い難い趣きがある。高台は小振りで低く、高台内の兜巾は渦がなくおとなしい。畳付には目跡が5つ残っている。黒釉には長次郎焼特有の黄褐色のかせがむらむらと現れていて、いかにも古色蒼然とした趣きである。

7

蔵で旅するBookStoreは浜松市都田町にあるドロフィーズに併設された書店です。築100年の古い蔵をリノベーションした落ち着いた雰囲気の空間の中で様々な書籍をお楽しみいただけます。

シーズン5のブレア&チャッ...

2