Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

【nasakura.japan】さんのInstagramをピンしています。 《【秋分の日:祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日】 元々農村部では、春分の頃に豊作を祈り、秋分の頃に豊作を祝う自然信仰があり、山の神様である祖先の霊を送り迎えしていました。 しかし、仏教の浸透とともに秋分は「秋の彼岸」として祖先を供養する意味を持ち始めました。 明治時代に秋分の中日を「秋季皇霊祭〔しゅうきこうれいさい〕」と定め、宮中において祖先をまつる日となった事がきっかけで、一般市民の間でもそのように定着していきました。 1948年には、お寺参りの日・先祖供養の日など、宗教的慣例としてのまつりの日だけではなく、広い意味で「祖先を敬い、亡くなった人を忍ぶ日」として国民の祝日に制定されました。 (日本文化いろは辞典より) お墓参りには行けなくても、祖先を敬う心を忘れずに持っていましょう。 「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、確かに・・・このところ気温がぐっと下がって肌寒い日が続いています。 体調管理をしっかりとしてくださいね(^_-)-☆ Japanese Beauty in Daily Life…

沖縄の洞窟で世界最古とみられる釣り針2個が発見されました 巻貝から作られた釣り針は約2万3000年前のものだそう 私たちの祖先はそんなに昔から住んでいたんですね tags[沖縄県]

彼らの獲物に起きた形態や行動の変化に適応する必要性と結びつけて語られるもので、進化におけるある種の“軍拡競争”の結果としか考えられてこなかった。 むしろ得られたのは、この間にアメリカ大陸を寒冷化・乾燥化させ、森林を減少させて平野を広げることになった気候の変化と完全に重なったという結果だ。 気候変動は、平野での生活のために森林を捨てることを、イヌ科の祖先たちに強いたのだろう。

1

ピカイア、あらゆる生物の祖先!カンブリア爆発の謎!

1

「Last Universal Common Ancestor」(最終普遍共通祖先)、略して「LUCA」は、その起源を約40億年前にまでさかのぼることのできる単細胞生物だ。  LUCAはきわめて頑強で、今日でも地球上に存在している熱水噴出孔に似た環境、つまり酸素がなく非常に高温で、鉱物の豊富な極限環境でも生存できたという。

もうすぐお盆ですね お盆とはそもそも何をするのか3歳の娘にそろそろちゃんと教えていこうと思う今日この頃です笑 お盆とは お盆とは祖先の霊を祀るまつるために現在の8月15日頃旧暦7月15日頃に行われる行事のことで仏教行事のひとつと位置付けられていますが墓参りなどをしてご先祖を思い出して過ごす日ともいえるでしょうか 祖先の霊が帰ってくる 現代では一般的にお盆とは年に一度祖先の霊が私達のもとに帰ってくる期間とされ迎え火を焚いて祖先が迷わずに戻って来られるようにしてお迎えし祖先の霊の供養をしお盆が終わると送り火を焚いてお送りします お盆休みについて 一般的に企業などもお盆の期間現在の8月15日前後を夏期休暇とする企業が多いですがこれは江戸時代に奉行人たちに実家に帰る休みの日としていたものが盆休みとして定着してきたものですぜひ家族揃って祖先の霊をお迎えする機会として受け継いでいきたいものです ご家族が集まるので お盆には一般的にご家族やご親族が集まる機会が多いのではないでしょうか今から相続について考えていくご家族初盆で相続についての話し合い遺産分割協議などをされるご家庭も多いことでしょう…

フィリピンマニラの市街地に突如現れる岸壁の洞窟。隈研吾によるフィリピン祖先の知恵博物館 | Architecturehack - アーキテクチャーハック

6

本日リニューアルオープン 滋賀県草津市の湖をテーマにしたミュージアム県立琵琶湖博物館 湖の淡水魚や歴史琵琶湖と人間との関わりについて学ぶことができます その昔琵琶湖は滋賀県にはなく三重県の上野盆地にあったそうです 琵琶湖は400万年かけてゆっくりと北に移動してきたのです そして250万年180万年前にはなんとゾウの祖先も棲んでいたそうですよ tags[滋賀県]

ピンもと:DDN JAPAN

日本人と同じ祖先を持つ「100年前のインディアンの姿」を撮影した、独学の写真家 エドワード・S・カーティス

日本人と同じ祖先を持つ「100年前のインディアンの姿」を撮影した、独学の写真家 エドワード・S・カーティス:DDN JAPAN

1
ピンもと:キナリノ - 暮らしを素敵に丁寧に。

メキシコのカラフル可愛いガイコツ祭り【死者の日】がすごい

元来メキシコでは祖先のガイコツを飾る習慣があり、その名残で死者の日は様々な場所でガイコツを見かけます。 オフレンダはお墓だけでなく街中にも飾られ、骸骨をモチーフにした様々な食べ物、雑貨がお店に並びます。 人々も骸骨のフェイスペイントなど死者の仮装をして街を出歩きます。 死者を想いながらも、そこは南米らしく明るく陽気に祝うのが現代の死者の日の祝いかたです。

2