Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

#枯山水 #盆栽 #庭 #garden(Via: shaped trees and stone )庭に浮かぶ島みたいでかっこいいですね。枯山水の庭砂にK砂をどうぞ。

22
1

ルーシー・リー展 国立新美術館で - マダムJのヨーロッパ的生活★ファッション・ブランド・旅file

5

12月の鳥取砂丘&砂の美術館 (鳥取市) - 旅行のクチコミサイト フォートラベル

Tottori Sand Dunes, Japan 鳥取砂丘

20

鳥取砂の美術館今年のクリスマスは砂像と3Dプロジェクションマッピングのコラボ映像ショーが開催されます テーマは砂と光の幻想曲伝説の黄金郷エルドラド黄金を求めて これはすごい迫力あるショーになりそう 鳥取砂丘 砂の美術館 伝説の黄金郷エルドラド黄金を求めて 期間年月日月日tags[鳥取県]

<廣田硝子>砂時計を眺めて、たまには時の流れをゆっくり感じてみませんか?

そんな、廣田硝子が制作した「スナ式トケイ」と名付けられたガラス製の砂時計が、 スペイン国立プラド美術館で発売され人気を呼んでおり、 現地では「洗練されたデザイン、品質ともに、プラドにふさわしい」と絶賛されています。 自社製品はクラシカルな雰囲気のガラスが多い…と思っていた廣田社長が、 「アナログなイメージを大切にしつつ新商品を作りたい」と考案されたものだそうです。 優美な曲線を描くガラス管の中を砂が滑り落ちるシンプルなものですが、 原料の確保やガラス加工の難しさから安定的に生産できるまで約2年を要したという、珠玉の一品です。

1

いまやほんのり定期イベントになりつつある鳥取砂の美術館 ナイトミュージアム 10月も14日にすでにあったみたい 21日にも開催されるらしくて夕方18時から20時までの日が暮れてからの探検です もしかしたらまた開催されるかもしれないけど一度は参加してみたいよね http://ift.tt/2dC87Rz 10月21日砂の美術館ナイトミュージアム 参加者募集 | 鳥取砂丘 砂の美術館 tags[鳥取県]

久しぶりの鳥取砂丘です 相変わらず大きく綺麗です_ 横には砂の美術館もあるので是非鳥取に来られた際は寄ってください 砂の美術館 http://ift.tt/1b6WVjN #鳥取 #砂丘 #砂 #美術館 tags[鳥取県]

安藤緑山(大正〜昭和30年頃)『竹の子と梅』(京都三年坂美術館所蔵) 日本の象牙彫刻は牙彫(げちょう)と呼ばれ、江戸時代の印籠や煙草入れなどにつける根付け細工に始まる。明治時代の半ばに外貨獲得の国策として海外に輸出され隆盛を究めた。大正時代にブームは過ぎたが、安藤緑山が忽然と現れた。 安藤緑山は東京彫工会に所属し、御徒町に住んでいたことくらいしか分かってない。子や弟子に技術は継がれなかった。昭和30年まで生きていたらしい。 象牙という材料は均質で粘りがあり、精緻な彫刻に向く。牙彫は象牙の色や肌合いを生かす彫刻だったが、緑山は色つけをしたので異端視された。現代の牙彫師が再現を試みている(18日かけて粗彫り→左刃で掻くように削り取る→砥草や房州砂といった自然の研磨剤を使い丹念に磨きをかける→磨き分けることで物の質感の違いを生み出す→20日目で素彫り・磨きが完成→熱した酢に漬けて下処理→酸性染料で重ね塗りをして色づけ→22日目に完成。象牙は現在はワシントン条約前の在庫で作っている)

安藤緑山(大正〜昭和30年頃)『竹の子と梅』(京都三年坂美術館所蔵) 日本の象牙彫刻は牙彫(げちょう)と呼ばれ、江戸時代の印籠や煙草入れなどにつける根付け細工に始まる。明治時代の半ばに外貨獲得の国策として海外に輸出され隆盛を究めた。大正時代にブームは過ぎたが、安藤緑山が忽然と現れた。 安藤緑山は東京彫工会に所属し、御徒町に住んでいたことくらいしか分かってない。子や弟子に技術は継がれなかった。昭和30年まで生きていたらしい。 象牙という材料は均質で粘りがあり、精緻な彫刻に向く。牙彫は象牙の色や肌合いを生かす彫刻だったが、緑山は色つけをしたので異端視された。現代の牙彫師が再現を試みている(18日かけて粗彫り→左刃で掻くように削り取る→砥草や房州砂といった自然の研磨剤を使い丹念に磨きをかける→磨き分けることで物の質感の違いを生み出す→20日目で素彫り・磨きが完成→熱した酢に漬けて下処理→酸性染料で重ね塗りをして色づけ→22日目に完成。象牙は現在はワシントン条約前の在庫で作っている)

安藤緑山(大正〜昭和30年頃)『竹の子と梅』(京都三年坂美術館所蔵) 日本の象牙彫刻は牙彫(げちょう)と呼ばれ、江戸時代の印籠や煙草入れなどにつける根付け細工に始まる。明治時代の半ばに外貨獲得の国策として海外に輸出され隆盛を究めた。大正時代にブームは過ぎたが、安藤緑山が忽然と現れた。 安藤緑山は東京彫工会に所属し、御徒町に住んでいたことくらいしか分かってない。子や弟子に技術は継がれなかった。昭和30年まで生きていたらしい。 象牙という材料は均質で粘りがあり、精緻な彫刻に向く。牙彫は象牙の色や肌合いを生かす彫刻だったが、緑山は色つけをしたので異端視された。現代の牙彫師が再現を試みている(18日かけて粗彫り→左刃で掻くように削り取る→砥草や房州砂といった自然の研磨剤を使い丹念に磨きをかける→磨き分けることで物の質感の違いを生み出す→20日目で素彫り・磨きが完成→熱した酢に漬けて下処理→酸性染料で重ね塗りをして色づけ→22日目に完成。象牙は現在はワシントン条約前の在庫で作っている)