Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

過熱する「人工光合成」技術開発!真のクリーンエネルギー社会へ導くか | FUTURUS(フトゥールス)

河鍋暁斎『今昔未見 生物猛虎之真図』(1860)ニューヨークRonin Gallery蔵

9

食戟のソーマ20/現遠月学園の頂点の料理人・司瑛士との一騎打ち! 洗練された技術に対し、創真は想像を越えたオリジナルのフレンチを披露する! はたして、勝敗は…!? さらには、1年生達にとって最大の難関が待ち受ける!

ピンもと:中川政七商店公式通販サイト

吉野桧の鍋しき

【吉野桧の鍋しき(中川政七商店)】/奈良県の吉野桧でつくった、クロス型の桧の鍋しきです。使いこむほどに味わい深い木の表情が楽しめます。吉野杉・吉野桧は日本三大美林のひとつとされ、年輪幅が密で真円に近く真っ直ぐで良質な木材は吉野材ブランドとして重宝されました。そんな「吉野材ブランド」をより身近に伝えるべく生まれた道具です。職人さんの木を愛でる心と確かな技術力で、最後の仕上げまでこだわってつくりました。 #crafts #tableware #wood

1

真の「クール・ジャパン」とは? ✓Resilience(回復力) ✓Human Touch(人間味) ✓Past Forward(過去からの技術の承継)✓Balance(調和) ✓Auto-artisan(テクノロジーと職人技術の融合)

真のナポリピッツァ技術教本 改訂版 「真のナポリピッツァ協会」日本支部 http://www.amazon.co.jp/dp/4751110306/ref=cm_sw_r_pi_dp_JLErvb0MPNHDK

1

真に重要なイノヴェイション実現を目指す10社 « WIRED.jp

日本発のプレミアムブランド「レクサス」 誕生以来、高級の本質を見つめながら、 先鋭の技術で革新しつづけています。 ハイブリッド技術やおもてなしの精神の体現など、 「真のプレミアムブランドとは?」 の答えを提案してきました。 しかし、レクサスが求めているのは、 常にお客様の期待を超え続けていくこと。 日本発のプレミアムブランドは何を目指すべきなのか? お客様はプレミアムブランドに何を求めているのか? 今、ここに日本を代表する10人の編集長が集結し、 共に日本のプレミアムとは何かを考えていきたいと思います。 ※10誌に2012年10月~2012年12月に掲載された内容です。 http://lexus.jp/cp/10editors/index.html ※掲載写真の権利及び管理責任は各編集部にあります。LEXUS pinterestに投稿されたコメントは、LEXUSの基準により取り下げる場合があります。

2

めざしたのは完全な「光の球」。 今までにもあった形の真球ですが、それらは上に光を通さない 金属の蓋が使われていたりと、どこか一部が欠けた「光の球」でした。 SPHEREは、その上の部分を本体と同じ樹脂素材で作り、蓋まで 光らせることで、真球に近づけています。 樹脂カバーを採用することで、軽量で割れにくいので安心です。 手に触れるまではガラスだと思わせてしまう高質感と、あたたかな光は 素材や塗装のこだわりと、完璧な技術により実現されています。