Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

16~17世紀テューダー朝貴族女性。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16世紀西ヨーロッパで人気。テューダー朝。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 これはヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 Tudor Set 1 | Richard Jenkins Photography

1

16~17世紀テューダー朝貴族女性。アン・ブーリン。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16~17世紀西ヨーロッパ。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 アン・ブーリン - Wikipedia

16世紀テューダー朝貴族女性。 GableHood(ゲーブルフード)=女性の髪飾り。切妻型の形をしている。(切妻造(きりづまづくり)とは屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根。 広義には当該屋根形式をもつ建築物のことを指す) 16世紀イングランド。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 A Gable Hood

16世紀テューダー朝貴族女性。メアリー・ブーリン。 GableHood(ゲーブルフード)=女性の髪飾り。切妻型の形をしている。(切妻造(きりづまづくり)とは屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根。 広義には当該屋根形式をもつ建築物のことを指す) 16世紀イングランド。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 メアリー・ブーリン - Wikipedia

ピンもと:Hathaways of Haworth

The easy Gable hood guide

16世紀テューダー朝貴族女性。 GableHood(ゲーブルフード)=女性の髪飾り。切妻型の形をしている。(切妻造(きりづまづくり)とは屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根。 広義には当該屋根形式をもつ建築物のことを指す) 16世紀イングランド。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 annehorenbout

16~17世紀テューダー朝貴族女性。アン・ブーリン。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16~17世紀西ヨーロッパ。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。映画「ブーリン家の姉妹」を観る - 夫婦で楽しむナチュラル スロー ライフ

16世紀テューダー朝貴族女性。 GableHood(ゲーブルフード)=女性の髪飾り。切妻型の形をしている。(切妻造(きりづまづくり)とは屋根形状のひとつで屋根の最頂部の棟から地上に向かって二つの傾斜面が本を伏せたような山形の形状をした屋根。 広義には当該屋根形式をもつ建築物のことを指す) 16世紀イングランド。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。Gable hood - Wikipedia

16~17世紀貴族女性。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16世紀西ヨーロッパで人気。テューダー朝。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴である切妻フード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 これはヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 Late 1500s to late 1600s

1
1

16~17世紀テューダー朝貴族女性。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16世紀に西ヨーロッパで人気。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 ヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否・廃止されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 Tudor (1485-1603) | Richard Jenkins Photography

2

16~17世紀テューダー朝貴族女性。エリザベス・シーモア。 FrenchHood(フレンチフード)=女性の髪飾り。16世紀西ヨーロッパで人気。 フレンチフードは丸みを帯びた形状が特徴であるフード。髪形の上に着用され、背面に黒いベールが取り付けらている。着用時オデコは常時見えていた。 これはヘンリー8世の2番目の妻であるアン・ブーリンがフランスから持ち帰り、イギリスに導入された(アンは新興富裕階級の純粋なイングランド人だが、フランスで教育を受けフランス宮廷に仕えていた)。 アンの死後、フレンチフードは後妻ジェーン・シーモアによって拒否されGableHoodへと変遷を遂げたが、ジェーンの死後、再びフレンチフードに戻った。 French hood - Wikipedia