Pinterest • 世界中のおしゃれ画像まとめ

サラダ 語源

「コールラビ(緑・紫)」 地中海沿岸地方が原産地のアブラナ科の野菜で、キャベツの一種です。 コールラビの語源はドイツ語で、コールは「キャベツ」、ラビは「カブ」を意味します。 風味はキャベツに似ていて、果肉は白色。カブよりもシャキッとした歯触りです。 生のままスライスしてサラダや浅漬けに。また、ポトフなどの煮物や炒め物など、クセがないのでいろんなお料理で食されます。

3