Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

プラハ城 チェコ、プラハにある最も古く大きい城。史実と伝説が混在し建築された確かな年代は不明だが、10世紀には既に完成していたものと思われる。 広く緩やかなフランチャヌィの丘の上に建てられたこの城は、城下町マラー・ストラナに囲まれており、かつてはボヘミア国王や神聖ローマ皇帝の居城であった。 この城には、改築、再建に伴ってさまざまな建築様式が取り入れられ、ゴシック様式の聖ヴィート大聖堂、ロマネスク様式の聖イジー教会のバシリカと修道院、そして宮殿、庭園、尖塔などがある。 第二次世界大戦が始まり、ナチスによるチェコスロバキア占有に呑まれたこの城は、軍人ラインハルト・ハイドリヒの活動の本拠地となった。ラインハルトはボヘミア王の冠を頭上に載せ、彼自身も王様のように振舞った。 だが、ボヘミア王の冠にはそれを頭上に載せた簒奪者に死をもたらすという伝説があり、彼は権力を握って1年も経たぬうちにイギリス特殊作戦執行部によって暗殺された。その冠は今もこの城に保管されている。

130
8
ピンもと:Sworld

世界の美しい街の灯り特集

世界の美しい街の灯り特集 | Sworld

21
2

雅子さま:晩さん会出席…11年ぶり オランダ国王迎え - 毎日新聞

4

雅子さま:晩さん会出席…11年ぶり オランダ国王迎え - 毎日新聞

1

雅子さま:晩さん会出席…11年ぶり オランダ国王迎え - 毎日新聞

3
ピンもと:Foursquare

Mauritshuis

マウリッツハイス(Mauritshuis)美術館の再オープンを宣言したウィレム・アレクサンダー(Willem-Alexander)オランダ国王と、エミリー・ゴーデンカー(Emilie Gordenker)館長(2014年6月27日撮影)。(c)AFP/ANP/MARTIJN BEEKMAN ▼28Jun2014AFP|「真珠の耳飾りの少女」の美術館、改装終了で再オープン http://www.afpbb.com/articles/-/3019059 #Mauritshuis #Willem_Alexander #Emilie_Gordenker

1

オランダがオレンジ一色に!国王誕生を祝う「キングズ・デイ」 www.mariholland.com/ #キングズデイ #オランダ

ピンもと:Foursquare

Mauritshuis

マウリッツハイス(Mauritshuis)美術館で絵画を鑑賞するウィレム・アレクサンダー(Willem-Alexander)オランダ国王とエミリー・ゴーデンカー(Emilie Gordenker)館長(2014年6月27日撮影)。(c)AFP/ANP/MARTIJN BEEKMAN ▼28Jun2014AFP|「真珠の耳飾りの少女」の美術館、改装終了で再オープン http://www.afpbb.com/articles/-/3019059 #Mauritshuis #Willem_Alexander #Emilie_Gordenker

1

オランダ皇太子

当店の特別販売品である飾り絵皿と酒器セットが国賓として来日の オランダ国王陛下ならびに随行員への外務省献上推薦品に選ばれました。贅を尽くした日本の伝統工芸品をご高覧くださいませ。