NISA口座を開設すると、もれなく投資信託2,000円分プレゼント!

NISA口座を開設すると、もれなく投資信託2,000円分プレゼント!

「MONEX 個人投資家サーベイ 2016 年4 月調査」 ~ジュニアNISA の認知度や口座開設状況の調査を実施~|マネックス証券株式会社のプレスリリース

「MONEX 個人投資家サーベイ 2016 年4 月調査」 ~ジュニアNISA の認知度や口座開設状況の調査を実施~|マネックス証券株式会社のプレスリリース

抱き合わせ販売のからくり!?  最大500万円の上場株式や公募株式投資信託の配当や譲渡益が非課税となる、NISA(少額投資非課税制度)の創設に伴い、各金融機関での口座獲得が行われています。この口座は、どの金融機関でも開設できますが、一つの口座を開設すると、他の金融機関では開設できません。従って口座内の資金の運用は、自分が選んだ金融機関の取り扱う投資商品に限定されます。銀行では上場株式や、上場投資信託(REIT・ETF)等は取り扱っていないので、銀行が取り扱う投資信託での運用になります。銀行は投資信託を販売すると、販売手数料が入ります。また、運用期間中には、信託報酬という手数料が毎年入ります。NISA口座の開設者には定期預金の金利を優遇しますというキャンペーンが展開されるのは、金利の優遇をしても、その後期待される手数料収入を見込めるという銀行の事情があるのです。

抱き合わせ販売のからくり!? 最大500万円の上場株式や公募株式投資信託の配当や譲渡益が非課税となる、NISA(少額投資非課税制度)の創設に伴い、各金融機関での口座獲得が行われています。この口座は、どの金融機関でも開設できますが、一つの口座を開設すると、他の金融機関では開設できません。従って口座内の資金の運用は、自分が選んだ金融機関の取り扱う投資商品に限定されます。銀行では上場株式や、上場投資信託(REIT・ETF)等は取り扱っていないので、銀行が取り扱う投資信託での運用になります。銀行は投資信託を販売すると、販売手数料が入ります。また、運用期間中には、信託報酬という手数料が毎年入ります。NISA口座の開設者には定期預金の金利を優遇しますというキャンペーンが展開されるのは、金利の優遇をしても、その後期待される手数料収入を見込めるという銀行の事情があるのです。

Pinterest
検索