柔らかいクリーム色の壁・床にドーム型の天井。全て曇りガラスの窓と相まって繭の中に包まれているような優しく、幻想的な雰囲気のお部屋でした。  そんな一風変わったお部屋は「渋谷駅」から代官山方面へ徒歩8分の場所に。入口は建物が面する坂の上にあり、そこから4Fのお部屋に。荷物の搬入が多い業種には配達屋さん泣かせのお部屋かもしれません。  室内は天高最大4.3mの10帖ほどの洋室に、人によっては立てる高さのロフト(最大1.9m)。そして5帖弱はあるであろう優雅なバスルーム。これは一体何事…?と思う程美しく広いバスルームです。 事前の注意点としては2点。1つはロフトの階段が古民家顔負けの垂直階段であること。そして2つ目はバスルームの扉が素敵な木の扉であること。うっとりするヘリンボーン模様ですが、これは湿気でどうなってしまうのか…!  そんな贅沢なお部屋ですが、賃料も店舗を想定しているのかと思うほど強気です。事務所はもちろん、非日常的な空間を活かした予約制のサロンなどが良さそうに思います。  *事務所可  (担当:タナカ)

柔らかいクリーム色の壁・床にドーム型の天井。全て曇りガラスの窓と相まって繭の中に包まれているような優しく、幻想的な雰囲気のお部屋でした。 そんな一風変わったお部屋は「渋谷駅」から代官山方面へ徒歩8分の場所に。入口は建物が面する坂の上にあり、そこから4Fのお部屋に。荷物の搬入が多い業種には配達屋さん泣かせのお部屋かもしれません。 室内は天高最大4.3mの10帖ほどの洋室に、人によっては立てる高さのロフト(最大1.9m)。そして5帖弱はあるであろう優雅なバスルーム。これは一体何事…?と思う程美しく広いバスルームです。 事前の注意点としては2点。1つはロフトの階段が古民家顔負けの垂直階段であること。そして2つ目はバスルームの扉が素敵な木の扉であること。うっとりするヘリンボーン模様ですが、これは湿気でどうなってしまうのか…! そんな贅沢なお部屋ですが、賃料も店舗を想定しているのかと思うほど強気です。事務所はもちろん、非日常的な空間を活かした予約制のサロンなどが良さそうに思います。 *事務所可 (担当:タナカ)

柔らかいクリーム色の壁・床にドーム型の天井。全て曇りガラスの窓と相まって繭の中に包まれているような優しく、幻想的な雰囲気のお部屋でした。  そんな一風変わったお部屋は「渋谷駅」から代官山方面へ徒歩8分の場所に。入口は建物が面する坂の上にあり、そこから4Fのお部屋に。荷物の搬入が多い業種には配達屋さん泣かせのお部屋かもしれません。  室内は天高最大4.3mの10帖ほどの洋室に、人によっては立てる高さのロフト(最大1.9m)。そして5帖弱はあるであろう優雅なバスルーム。これは一体何事…?と思う程美しく広いバスルームです。 事前の注意点としては2点。1つはロフトの階段が古民家顔負けの垂直階段であること。そして2つ目はバスルームの扉が素敵な木の扉であること。うっとりするヘリンボーン模様ですが、これは湿気でどうなってしまうのか…!  そんな贅沢なお部屋ですが、賃料も店舗を想定しているのかと思うほど強気です。事務所はもちろん、非日常的な空間を活かした予約制のサロンなどが良さそうに思います。  *事務所可  (担当:タナカ)

柔らかいクリーム色の壁・床にドーム型の天井。全て曇りガラスの窓と相まって繭の中に包まれているような優しく、幻想的な雰囲気のお部屋でした。 そんな一風変わったお部屋は「渋谷駅」から代官山方面へ徒歩8分の場所に。入口は建物が面する坂の上にあり、そこから4Fのお部屋に。荷物の搬入が多い業種には配達屋さん泣かせのお部屋かもしれません。 室内は天高最大4.3mの10帖ほどの洋室に、人によっては立てる高さのロフト(最大1.9m)。そして5帖弱はあるであろう優雅なバスルーム。これは一体何事…?と思う程美しく広いバスルームです。 事前の注意点としては2点。1つはロフトの階段が古民家顔負けの垂直階段であること。そして2つ目はバスルームの扉が素敵な木の扉であること。うっとりするヘリンボーン模様ですが、これは湿気でどうなってしまうのか…! そんな贅沢なお部屋ですが、賃料も店舗を想定しているのかと思うほど強気です。事務所はもちろん、非日常的な空間を活かした予約制のサロンなどが良さそうに思います。 *事務所可 (担当:タナカ)

柔らかいクリーム色の壁・床にドーム型の天井。全て曇りガラスの窓と相まって繭の中に包まれているような優しく、幻想的な雰囲気のお部屋でした。  そんな一風変わったお部屋は「渋谷駅」から代官山方面へ徒歩8分の場所に。入口は建物が面する坂の上にあり、そこから4Fのお部屋に。荷物の搬入が多い業種には配達屋さん泣かせのお部屋かもしれません。  室内は天高最大4.3mの10帖ほどの洋室に、人によっては立てる高さのロフト(最大1.9m)。そして5帖弱はあるであろう優雅なバスルーム。これは一体何事…?と思う程美しく広いバスルームです。 事前の注意点としては2点。1つはロフトの階段が古民家顔負けの垂直階段であること。そして2つ目はバスルームの扉が素敵な木の扉であること。うっとりするヘリンボーン模様ですが、これは湿気でどうなってしまうのか…!  そんな贅沢なお部屋ですが、賃料も店舗を想定しているのかと思うほど強気です。事務所はもちろん、非日常的な空間を活かした予約制のサロンなどが良さそうに思います。  *事務所可  (担当:タナカ)

柔らかいクリーム色の壁・床にドーム型の天井。全て曇りガラスの窓と相まって繭の中に包まれているような優しく、幻想的な雰囲気のお部屋でした。 そんな一風変わったお部屋は「渋谷駅」から代官山方面へ徒歩8分の場所に。入口は建物が面する坂の上にあり、そこから4Fのお部屋に。荷物の搬入が多い業種には配達屋さん泣かせのお部屋かもしれません。 室内は天高最大4.3mの10帖ほどの洋室に、人によっては立てる高さのロフト(最大1.9m)。そして5帖弱はあるであろう優雅なバスルーム。これは一体何事…?と思う程美しく広いバスルームです。 事前の注意点としては2点。1つはロフトの階段が古民家顔負けの垂直階段であること。そして2つ目はバスルームの扉が素敵な木の扉であること。うっとりするヘリンボーン模様ですが、これは湿気でどうなってしまうのか…! そんな贅沢なお部屋ですが、賃料も店舗を想定しているのかと思うほど強気です。事務所はもちろん、非日常的な空間を活かした予約制のサロンなどが良さそうに思います。 *事務所可 (担当:タナカ)

『2つ目の窓』

UAと村上淳の長男・村上虹郎の主演映画『2つ目の窓』から予告編、村上のキスシーンも

『2つ目の窓』

「2つ目の窓」(2014)監督・河瀨直美予告編(カンヌ映画祭映像入り) :Futatsume-no-Mado:Director・Naomi Kawase(2014)

「2つ目の窓」(2014)監督・河瀨直美予告編(カンヌ映画祭映像入り) :Futatsume-no-Mado:Director・Naomi Kawase(2014)

仕事に子育てに目が回りそうな毎日を工夫いっぱいの空間で楽しんで乗り切るマンションリノベ、マンションリノベーション事例。忙しくても家族の時間を大切に!―課題は家事時短と子ども達との距離。共働きでお忙しい毎日の中、使いやすい間取りやお子さんの成長に合わせ可変できる子どもスペースの確保と収納スペースの必要性を感じ、リフォームすることにしました。家事時短はまず動線整理から!朝、起きて着替えたら、隣室の洗濯機をON、そのまますぐに朝ごはんの支度。おうちに帰ってきたら手を洗って、ウォークインクローゼットで着替えてまっすぐキッチンへGO。夕食の支度にもすぐに取り掛かれます。「ここには取っ手はあった方がいいですよ」 まるで自分のお家をつくるように、我がことのように、一緒に悩み提案してくれて、経験値の高さを感じました。と、お客様に喜んでいただけました♪また、リビングと一体の透明ガラスの室内窓で囲まれた子どもスペースは入り口が2つ。お子さんが成長したら、ベッドで仕切ることでそれぞれの個室が作れます。ママのプランナーが、働くママと一緒につくった、ママ目線のおうちの完成しました。

仕事に子育てに目が回りそうな毎日を工夫いっぱいの空間で楽しんで乗り切るマンションリノベ、マンションリノベーション事例。忙しくても家族の時間を大切に!―課題は家事時短と子ども達との距離。共働きでお忙しい毎日の中、使いやすい間取りやお子さんの成長に合わせ可変できる子どもスペースの確保と収納スペースの必要性を感じ、リフォームすることにしました。家事時短はまず動線整理から!朝、起きて着替えたら、隣室の洗濯機をON、そのまますぐに朝ごはんの支度。おうちに帰ってきたら手を洗って、ウォークインクローゼットで着替えてまっすぐキッチンへGO。夕食の支度にもすぐに取り掛かれます。「ここには取っ手はあった方がいいですよ」 まるで自分のお家をつくるように、我がことのように、一緒に悩み提案してくれて、経験値の高さを感じました。と、お客様に喜んでいただけました♪また、リビングと一体の透明ガラスの室内窓で囲まれた子どもスペースは入り口が2つ。お子さんが成長したら、ベッドで仕切ることでそれぞれの個室が作れます。ママのプランナーが、働くママと一緒につくった、ママ目線のおうちの完成しました。

ニッチの小物置きとオーバーヘッドシャワーと天窓のあるバスルーム

【楽しさと可愛らしさ】窓とニッチで至るところに遊び心満載の家

ニッチの小物置きとオーバーヘッドシャワーと天窓のあるバスルーム

映画祭開幕前に日本の報道陣に対して「これが間違いなく自分の最高傑作」と語り、最高賞獲得への強い意欲を示した河瀬監督。同作品については、2011年の東日本大震災が製作のきっかけになったとしており、自然は時として猛威を振るうものだが、その美しさは人々の心を奪い、そしてその脅威となり得る自然のそばで生きることを人は選択してしまうと語っている。- AFP | パルムドール狙う河瀬監督の『2つ目の窓』上映、賛否両論

映画祭開幕前に日本の報道陣に対して「これが間違いなく自分の最高傑作」と語り、最高賞獲得への強い意欲を示した河瀬監督。同作品については、2011年の東日本大震災が製作のきっかけになったとしており、自然は時として猛威を振るうものだが、その美しさは人々の心を奪い、そしてその脅威となり得る自然のそばで生きることを人は選択してしまうと語っている。- AFP | パルムドール狙う河瀬監督の『2つ目の窓』上映、賛否両論

第67回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、コンペティション部門出品作『2つ目の窓(Still the Water)』のフォトコールに登場した(左から)村上虹郎(Nijiro Murakami)、河瀬直美(Naomi Kawase)監督、吉永淳(Jun Yoshinaga、2014年5月20日撮影)。(c)AFP/LOIC VENANCE ▼21May2014AFP|パルムドール狙う河瀬監督の『2つ目の窓』上映、賛否両論 http://www.afpbb.com/articles/-/3015446 #Jun_Yoshinaga #Naomi_Kawase #Nijiro_Murakami #Cannes_Film_Festival

第67回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)で、コンペティション部門出品作『2つ目の窓(Still the Water)』のフォトコールに登場した(左から)村上虹郎(Nijiro Murakami)、河瀬直美(Naomi Kawase)監督、吉永淳(Jun Yoshinaga、2014年5月20日撮影)。(c)AFP/LOIC VENANCE ▼21May2014AFP|パルムドール狙う河瀬監督の『2つ目の窓』上映、賛否両論 http://www.afpbb.com/articles/-/3015446 #Jun_Yoshinaga #Naomi_Kawase #Nijiro_Murakami #Cannes_Film_Festival

第67回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)のコンペティション部門出品作『2つ目の窓(Still the Water)』の上映会に出席した(左から)松田美由紀(Miyuki Matsuda)、吉永淳(Jun Yoshinaga)、河瀬直美(Naomi Kawase)監督、村上虹郎(Nijiro Murakami)、村上淳(Jun Murakami)、渡辺真起子(Makiko Watanabe、2014年5月20日撮影)。(c)AFP/ALBERTO PIZZOLI ▼21May2014AFP|パルムドール狙う河瀬監督の『2つ目の窓』上映、賛否両論 http://www.afpbb.com/articles/-/3015446 #Naomi_Kawase #Cannes_Film_Festival

第67回カンヌ国際映画祭(Cannes Film Festival)のコンペティション部門出品作『2つ目の窓(Still the Water)』の上映会に出席した(左から)松田美由紀(Miyuki Matsuda)、吉永淳(Jun Yoshinaga)、河瀬直美(Naomi Kawase)監督、村上虹郎(Nijiro Murakami)、村上淳(Jun Murakami)、渡辺真起子(Makiko Watanabe、2014年5月20日撮影)。(c)AFP/ALBERTO PIZZOLI ▼21May2014AFP|パルムドール狙う河瀬監督の『2つ目の窓』上映、賛否両論 http://www.afpbb.com/articles/-/3015446 #Naomi_Kawase #Cannes_Film_Festival

Pinterest
検索