Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

「世界の半分がある」と称されたイマーム・モスクの内部装飾、その圧倒的な壮麗

イラン中部の都市イスファハーンにあるイスラム寺院「イマーム・モスク (Imam Mosque)」中央礼拝堂の内部装飾。17世紀初頭、絶頂期を迎えたサファビー朝アッバース1世によって建設されたこの建築は、鍾乳石を模し瑠璃色を基調とした彩釉タイルが彩るアラベスク模様が目を奪う。

pin 124
heart 8

from 金沢(岩本) – 5 - 田中聡美デザインからみる金沢。2

from 金沢(岩本) – 5 - 田中聡美デザインからみる金沢。2 | dacapo (ダカーポ) the web-magazine

pin 110
heart 9

歌川芳藤(1828 – 1887)『流好温泉の圖』(1880)

pin 125
heart 9

一度は行ってみたい世界の絶景 on

埋め込み画像

pin 43
heart 1

Gray Shino Glaze Tea Bowl named “Autumn Leaves at Crests”, Circa 16th century Momoyama-period, Tokugawa Museum 鼠志野茶碗 銘「峯紅葉」(桃山時代16世紀末期~17世紀初期、高8.9cm/口径14.0cm/底径6.1cm/重487.4g、五島美術館蔵、重要文化財) 「鼠志野」は美濃焼(岐阜県)の一種。器の内側と外側の腰部分までに、美濃で鉄絵に用いる鉄分を含んだ土石(鬼板)と粘土、水を混ぜたもので表面に化粧掛けを施し、亀甲文と桧垣文様の部分を掻き落とし、志野釉を掛けたもの。白く鮮明にあらわれた文様と赤みがかった釉色が美しく、銘はその景色と山道のある口辺から付いたものであろう。伝世する「鼠志野」の茶碗は十碗ほどしかない。近代に入り、国宝「卯花墻」(志野茶碗 三井記念美術館蔵)、重要文化財「山端」(鼠志野茶碗 根津美術館蔵)とともに桃山時代の志野焼を代表する茶碗とされる。

pin 45
heart 1

織部沓形茶碗 桃山時代(17世紀) 口径12.4 高6.4 池田コレクション 七尾市美術館

pin 27
heart 3

from 金沢(岩本) – 5 - 田中聡美デザインからみる金沢。2

from 金沢(岩本) – 5 - 田中聡美デザインからみる金沢。2 | ダカーポ – The Crossmedia-Magazine

pin 106
heart 16

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。スミレのモチーフには「ちいさな幸せ」という、スミレの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。スミレのモチーフ:直径約1.2cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。スミレのモチーフには「ちいさな幸せ」という、スミレの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。スミレのモチーフ:直径約1.2cm

信楽茶碗 銘「初時雨」 桃山時代の茶会記には信楽茶碗の記載が多く見られるが、信楽焼の茶碗そのものの遺品は少ない。この茶碗は、塗り土をして焼成したもので、暗い紫褐色に焼き上がっているが、胴から高台にかけての一部に赤みを帯びた朽葉色の灰釉がかかり、この景色から初時雨という銘がつけられている。作行きは美濃焼を思わせる半筒形で、口部を三角形にゆがめ、さらに胴の一方にくびれをつけ、大振りのがっしりとした高台をつけている。胴回りや高台内の箆使いも手慣れており、口縁はわずかに内側に抱えられている。広々とした見込みをもつ、豪快で侘びた茶碗である。内箱蓋表に金粉字形で「志からき 初時雨」と記されている。 時代 桃山時代(16世紀~17世紀初期) サイズ 高8.8 口径13.0×11.9 高台径7.0×6.3

pin 33
heart 4