まるでレゴ!メキシコ・カラフルな世界遺産の街「グアナファト」 | メキシコ | トラベルjp<たびねす>

まるでレゴ!メキシコ・カラフルな世界遺産の街「グアナファト」

まるでレゴ!メキシコ・カラフルな世界遺産の街「グアナファト」 | メキシコ | トラベルjp<たびねす>

Raku Ware,16th century,Japan,長次郎作 黒樂茶碗 勾当(16世紀)

Raku Ware,16th century,Japan,長次郎作 黒樂茶碗 勾当(16世紀)

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちい...|ハンドメイド、手作り、手仕事品の通販・販売・購入ならCreema。

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちい...|ハンドメイド、手作り、手仕事品の通販・販売・購入ならCreema。

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。スミレのモチーフには「ちいさな幸せ」という、スミレの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。スミレのモチーフ:直径約1.2cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。スミレのモチーフには「ちいさな幸せ」という、スミレの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。スミレのモチーフ:直径約1.2cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。スミレのモチーフには「ちいさな幸せ」という、スミレの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。スミレのモチーフ:直径約1.2cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。スミレのモチーフには「ちいさな幸せ」という、スミレの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。スミレのモチーフ:直径約1.2cm

タティングレース始めました。 | Mazourka-Iris

タティングレース始めました。 | Mazourka-Iris

歌川芳藤(1828 – 1887)『流好温泉の圖』(1880)

歌川芳藤(1828 – 1887)『流好温泉の圖』(1880)

【超技巧】16世紀の「天才甲冑師 フィリッポ・ネグローリ」欧州国王たちから絶賛された史上最高の作品たち

【超技巧】16世紀の「天才甲冑師 フィリッポ・ネグローリ」欧州国王たちから絶賛された史上最高の作品たち

時は14世紀〜16世紀、、古典古代文化を復興しようとするルネッサンスの動きがヨーロッパに広まっていた時代、ローマ皇帝やフランスの王など、皇族・王族に愛された鎧師の血族がいた。イタリア、ネグローリ家がまさにそれで、特にその中でも突出した才能を持っていたフィリ

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。スミレのモチーフには「ちいさな幸せ」という、スミレの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。スミレのモチーフ:直径約1.2cm

16世紀にイタリアで基本的な技法ができたといわれ、17〜19世紀にヨーロッパの貴婦人の間で女性らしいエレガントな手芸としてもてはやされたタティングレース。ちいさなシャトルに巻いた糸で結び目を作っていくレースの技法です。18世紀の貴婦人たちは、装飾のあるシャトルを持って肖像画を描いてもらう事を好みました。スイスの美術・歴史博物館にはタティングレースのシャトルを持つ7歳のマリー・アントワネットの肖像(1762)が残されています。merciのタティングレースはとても細い糸をひとめひとめ丁寧に結んでいます。手作りなので、ひとつひとつのモチーフがそれぞれの表情を持っています。そして、モチーフにはそれぞれ想いがあります。スミレのモチーフには「ちいさな幸せ」という、スミレの花言葉にちなんだ想いをこめて糸を結びました。スミレのモチーフ:直径約1.2cm

普段はかぎ針でドイリーを編んだりアクセサリー作ったりしているのですが、 ずっと気になっていたタティングをはじめました。 ドイリーの編み図載っている本にも大体タティングも一緒になっていて、 「なんだこれ?」と思っていたのですが今となっては 「編み図載っててよかった~!」と喜んでいるところです。 そもそもタティングとは? タティングを知らない方にちょっとだけご説明。  タティング(Tatting)とは、タティングレースと普段呼ばれているもので、 歴史を見れば16世紀まで遡ります。 そんな古いものなのかと思うのも納得のとてもシンプルな技法です。 しかし出来上がりは綺麗!! タティングは「編む」のではなく「結う」のです。 タティングレースはクロッシェと道具が違い、糸とシャトルと呼ばれる舟型の道具を使います。 作れるものは作る!という私はシャトルから作りました。 これがシャトルです。  作り方は簡単です。 空のボビンにあわせて厚紙を切ります。 この時どれくらいの長さがいいかはおそらく好みの問題だと思うので 画像参照にとりあえず切ってみてください。…

普段はかぎ針でドイリーを編んだりアクセサリー作ったりしているのですが、 ずっと気になっていたタティングをはじめました。 ドイリーの編み図載っている本にも大体タティングも一緒になっていて、 「なんだこれ?」と思っていたのですが今となっては 「編み図載っててよかった~!」と喜んでいるところです。 そもそもタティングとは? タティングを知らない方にちょっとだけご説明。 タティング(Tatting)とは、タティングレースと普段呼ばれているもので、 歴史を見れば16世紀まで遡ります。 そんな古いものなのかと思うのも納得のとてもシンプルな技法です。 しかし出来上がりは綺麗!! タティングは「編む」のではなく「結う」のです。 タティングレースはクロッシェと道具が違い、糸とシャトルと呼ばれる舟型の道具を使います。 作れるものは作る!という私はシャトルから作りました。 これがシャトルです。 作り方は簡単です。 空のボビンにあわせて厚紙を切ります。 この時どれくらいの長さがいいかはおそらく好みの問題だと思うので 画像参照にとりあえず切ってみてください。…

Pinterest
検索