Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

人間国宝、志村ふくみさんの展覧会をHOBONICHIのTOBICHIで開催するにあたり、はじめて志村ふくみさんを知る方のためのコンテンツをご用意いたします。

pin 23
heart 6

光の湖/志村ふくみ 東京国立博物館蔵 『つむぎ おり』

pin 62
heart 6

画禅至随筆 | 書家/書道家 木下真理子 公式サイト

pin 24
heart 1

使う人と道具の関わりは、時間を重ねるほどに深くなっていきます。購入時はそれほど気にかけなかったのに、連れ添ううちに愛着がわくことも。新品にありがちなとげとげしさがとれて、手にしっくりきたり、部屋になじんだり。随筆家の山本ふみこさんは、道具を選ぶときのポイントとして実直、シンプル、へんてこ(!)を挙げます。

劇作家、童話作家、随筆家などとして活躍する別役実が犯罪者の心理を冷静に描く。「犯罪―その処方箋」、「犯罪―そのデザイン」、「犯罪―そのイロニー」などを収録。 カバーに微スレ、一部ヤケ有。天地・小口にヤケ、少シミ有。本文に少ヤケ有。

pin 1

“Nature is full of genius, full of the divinity; so that not a snowflake escapes its fashioning hand.” Henry David Thoreau quotes (American Essayist, Poet and Philosopher, 1817-1862)

pin 6
heart 3

読書の秋に【小説篇】。キナリノ女子におすすめの本を集めました

小説家・武田泰淳さんの妻で、随筆家の武田百合子さんのエッセイ。食に纏わるエピソードを中心に、古い記憶を辿りながら独特の感性とユーモア溢れる文章で描いています。ノスタルジックで、どこか「死」を連想する不思議な本。野中ユリさんの挿し絵も素敵です。

pin 2

岩手県盛岡市中央通にある啄木新婚の家 明治38年新婚の石川啄木が中学時代からの友人妻節子啄木の父母妹と暮らした家です 父母と妹が同居する新婚生活は窮迫しここで暮らしたのはたった3週間だそうですがそれでももとは茅葺屋根だったほかはほぼ当時のまま残されています 随筆我が四畳半に当時のことが書かれています この建築様式は藩政時代の中級武士の武家屋敷をモデルにしているそうで資料的にも貴重と言われています 石川啄木ファンは必見ですよ tags[岩手県]

pin 2

白洲次郎・正子夫妻の美しい棲家。「武相荘(Buaiso)」で古き良き日本の暮らしを知ろう

正子は、随筆家として活躍。造詣が深い能についてや、生涯を通して愛した骨董品など「美しいもの」についての著書が多数あり、それらは没後も人気で、再編本・新版で出版され続けています。また、収集した骨董品の数々を紹介するムック本も多く発刊されています。

人魚の嘆き・ 水島 爾保布(みずしま におう)/ Mizushima Niou

pin 1