人間国宝、志村ふくみさんの展覧会をHOBONICHIのTOBICHIで開催するにあたり、はじめて志村ふくみさんを知る方のためのコンテンツをご用意いたします。

人間国宝、志村ふくみさんの展覧会をHOBONICHIのTOBICHIで開催するにあたり、はじめて志村ふくみさんを知る方のためのコンテンツをご用意いたします。

pin 45
heart 6
光の湖/志村ふくみ    東京国立博物館蔵 『つむぎ おり』

光の湖/志村ふくみ 東京国立博物館蔵 『つむぎ おり』

pin 71
heart 6
画禅至随筆 | 書家/書道家 木下真理子 公式サイト

画禅至随筆 | 書家/書道家 木下真理子 公式サイト

pin 30
heart 6
使う人と道具の関わりは、時間を重ねるほどに深くなっていきます。購入時はそれほど気にかけなかったのに、連れ添ううちに愛着がわくことも。新品にありがちなとげとげしさがとれて、手にしっくりきたり、部屋になじんだり。随筆家の山本ふみこさんは、道具を選ぶときのポイントとして実直、シンプル、へんてこ(!)を挙げます。

使う人と道具の関わりは、時間を重ねるほどに深くなっていきます。購入時はそれほど気にかけなかったのに、連れ添ううちに愛着がわくことも。新品にありがちなとげとげしさがとれて、手にしっくりきたり、部屋になじんだり。随筆家の山本ふみこさんは、道具を選ぶときのポイントとして実直、シンプル、へんてこ(!)を挙げます。

劇作家、童話作家、随筆家などとして活躍する別役実が犯罪者の心理を冷静に描く。「犯罪―その処方箋」、「犯罪―そのデザイン」、「犯罪―そのイロニー」などを収録。 カバーに微スレ、一部ヤケ有。天地・小口にヤケ、少シミ有。本文に少ヤケ有。

劇作家、童話作家、随筆家などとして活躍する別役実が犯罪者の心理を冷静に描く。「犯罪―その処方箋」、「犯罪―そのデザイン」、「犯罪―そのイロニー」などを収録。 カバーに微スレ、一部ヤケ有。天地・小口にヤケ、少シミ有。本文に少ヤケ有。

pin 1
岩手県盛岡市中央通にある啄木新婚の家  明治38年新婚の石川啄木が中学時代からの友人妻節子啄木の父母妹と暮らした家です 父母と妹が同居する新婚生活は窮迫しここで暮らしたのはたった3週間だそうですがそれでももとは茅葺屋根だったほかはほぼ当時のまま残されています 随筆我が四畳半に当時のことが書かれています  この建築様式は藩政時代の中級武士の武家屋敷をモデルにしているそうで資料的にも貴重と言われています 石川啄木ファンは必見ですよ  tags[岩手県]

岩手県盛岡市中央通にある啄木新婚の家 明治38年新婚の石川啄木が中学時代からの友人妻節子啄木の父母妹と暮らした家です 父母と妹が同居する新婚生活は窮迫しここで暮らしたのはたった3週間だそうですがそれでももとは茅葺屋根だったほかはほぼ当時のまま残されています 随筆我が四畳半に当時のことが書かれています この建築様式は藩政時代の中級武士の武家屋敷をモデルにしているそうで資料的にも貴重と言われています 石川啄木ファンは必見ですよ tags[岩手県]

pin 2
発見された、随筆家でイタリア文学者の須賀敦子さんの書簡 ▼17Oct2014時事通信|「私の恋は終りました」=須賀敦子さんの書簡発見 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201410/2014101700937 #Atsuko_Suga

発見された、随筆家でイタリア文学者の須賀敦子さんの書簡 ▼17Oct2014時事通信|「私の恋は終りました」=須賀敦子さんの書簡発見 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201410/2014101700937 #Atsuko_Suga

『エッセイスト』『地球の名言』。新しいエッセーに触れたいときに便利。

『エッセイスト』『地球の名言』。新しいエッセーに触れたいときに便利。

日本の張子の虎とがらくた Japanese Toy Tiger and Odd Objects 1932年 85.3x125.7cm 油彩/カンヴァス 福武書店蔵   明治39年(1906)、17才で渡米して以来、国吉は日本を、ふるさと岡山をどのように思い、懐かしんでいたのか。国吉の郷里岡山に暮らす人間として常々気にかかる点であった。  彼と同じ年、明治22年(1889)5月、国吉の生まれた出石町とはちょうど後楽園をはさんで旭川の対岸の古京町に生まれた随筆家の内田百聞も、東大独文科入学以来、国吉同様、岡山には生涯一度しか帰ってこなかった。しかし、百聞のふるさと岡山への複雑な心情は、彼の随筆から多くを推し測ることができる。百聞は死の間際まで、彼が生まれ育った当時の岡山を痛々しいほどに懐かしみ涙している。  アメリカという異国の地で、生涯彼の地の市民になりきろうと努力した国吉の、祖国日本、あるいは郷里岡山への思いもまた複雑であったであろう。たと

日本の張子の虎とがらくた Japanese Toy Tiger and Odd Objects 1932年 85.3x125.7cm 油彩/カンヴァス 福武書店蔵 明治39年(1906)、17才で渡米して以来、国吉は日本を、ふるさと岡山をどのように思い、懐かしんでいたのか。国吉の郷里岡山に暮らす人間として常々気にかかる点であった。 彼と同じ年、明治22年(1889)5月、国吉の生まれた出石町とはちょうど後楽園をはさんで旭川の対岸の古京町に生まれた随筆家の内田百聞も、東大独文科入学以来、国吉同様、岡山には生涯一度しか帰ってこなかった。しかし、百聞のふるさと岡山への複雑な心情は、彼の随筆から多くを推し測ることができる。百聞は死の間際まで、彼が生まれ育った当時の岡山を痛々しいほどに懐かしみ涙している。 アメリカという異国の地で、生涯彼の地の市民になりきろうと努力した国吉の、祖国日本、あるいは郷里岡山への思いもまた複雑であったであろう。たと

「弘賢随筆」(ひろかたずいひつ)  幕臣で能書家、故実家、蔵書家の屋代弘賢(やしろひろかた、1758~1841)の手もとにあった雑稿を取りまとめて、編綴したものです。  その大部分は毎月15日、弘賢の知友が会合して、持ち寄りの文章を披露し合った、三五会の会員たちの草稿からなっています。今回展示するのは第55冊目に所収の「うつろ舟の蛮女」。  享和3年(1803)2月22日、常陸国の沖を漂流していた奇妙な船と、船中にいた異国女性の絵が描かれています。

「弘賢随筆」(ひろかたずいひつ) 幕臣で能書家、故実家、蔵書家の屋代弘賢(やしろひろかた、1758~1841)の手もとにあった雑稿を取りまとめて、編綴したものです。 その大部分は毎月15日、弘賢の知友が会合して、持ち寄りの文章を披露し合った、三五会の会員たちの草稿からなっています。今回展示するのは第55冊目に所収の「うつろ舟の蛮女」。 享和3年(1803)2月22日、常陸国の沖を漂流していた奇妙な船と、船中にいた異国女性の絵が描かれています。

Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ
Search