Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

花皿(中)2枚セット|皿・お椀・ボウル|ハンドメイド・手仕事品の販売・購入 Creema(クリーマ)

33
7

綿の指とおしアームカバー

【お椀や うちだ ふち塗り(中川政七商店)】/福井県鯖江市で越前漆器を8代200年に渡りつくり続けている「漆琳堂」。毎日の暮らしの中で使い続けられるものをつくりたい。その想いから生まれたのが、漆のお椀ブランド「お椀や うちだ」です。色拭き漆椀のふちに塗りわけの技術を用い、色漆で真塗りを施しました。色合わせも楽しいツートン椀です。透明感のあるマットなツヤ感と、漆独特のなめらかでつるりとした口当たりが感じられる、拭き漆と真塗りの良さを併せ持ったお椀です。 #bowl #urushi #shitsurindo #owanyauchida #crafts

65
7

【一汁一菜】お味噌汁中心の食事:冬瓜、人参、椎茸

18
2

金魚のお椀 | love this bowl

216
100

owan;a Japanese traditional wooden bowl@時代椀の葡萄紋様の写しもどうぞ。:葡萄蒔絵黒端反四つ椀・奥田志郎・竹田省:和食器・漆器・お椀 japan lacquerware

51
2

黒楽茶碗No.13 銘 千声 桃山時代・16世紀後期 高8.3cm 口径11.0cm 底径5.5cm 重352.5g 五島美術館蔵 楽家初代の長次郎(?~1589)の作と伝える黒釉の掛かった黒楽茶碗。轆轤を使わない手捏ねにより成形し、腰に丸みの少ない角張った形をなす。口縁部は、緩やかな高低がついた山道風の変化を見せる。長次郎以来の楽家では、黒楽の釉薬の原料は、京都加茂川上流に産する自然石である加茂川石を用い、歴代によって釉調は異なる。小規模な窯を屋内に築き(内窯)、焼成中に窯から引き出す技法(引き出し黒)を用いて黒色の釉色を得る。そのため、その際に使用した挟み跡が残る。銘は、表千家六代覚々斎宗左(原叟 1678~1730)による。

2
1

日本の昭和の漆器 越前漆器の匠の技の結集!日本の漆器 最高級 春秋蒔絵付椀 (内金箔) 1組

13
1

サハリ椀の朱もやって来てくれました!:紅朱サハリ椀・奥田志郎:和食器・漆器・お椀 japan lacquerware

19

「土田和茂作 福椀」の画像|-ももふく的日常- |Ameba (アメーバ)

5

瀬戸黒茶碗 銘「ワラヤ」 美濃焼 時代 桃山時代(16世紀後期) 高台がきわめて低く、裾の角張った半筒形をした、典型的な美濃の瀬戸黒茶碗である。胴をわずかにすぼめ、口縁は外反りにしている。口縁には山の端状の変化が見られ、胴には縦に箆削りが認められる。見込み中央の茶溜りには轆轤目が渦状に残っている。高台脇を少し残して、全面に漆黒の釉薬がかけられており、堂々とした力強い作行きである。高台脇には、表千家6世、覚々斎原叟(1678~1730)の筆になる「ワラヤ(花押)」の銘が朱漆で記され、内箱の蓋裏には同8世、そつ啄斎(1744~1808)が「瀬戸黒 茶碗 覚々 銘ワラヤ(花押)」と記している。 時代 桃山時代(16世紀後期) サイズ 高9.7 口径12.2 高台径5.2

18