量子力学入門【About Us】

量子力学入門【About Us】

EMドライヴ   EMドライヴ理論が発表されて以来、この推進装置の可能性については物議がかもされてきた。主な批判のひとつが、物理学の基本法則に反するというものだ。アイザック・ニュートンの運動の第3法則によると、あらゆる作用に対してそれと等しい反作用がある。既存のロケットエンジンやイオンエンジンは推進剤を出力する反動で加速しているが、放出される推進剤を必要としないEMドライヴはこの法則に反していると批判されてきたのだ。  研究チームは、EMドライヴの推進メカニズムに関する仮説として、量子力学を解釈する理論を挙げている。実験で確認された力を説明するための「物理モデルは、非局所的な隠れた変数理論に分類できる」と論文には記されている。  EMドライヴ理論は、英国の技術者ロジャー・ショーヤーが2000年代に発表したもので、マイクロ波を鏡の密閉容器内で何度も反射させることによって宇宙船を加速するというものだ。反射の過程で発生する光子によって推力が得られるとされている。

EMドライヴ EMドライヴ理論が発表されて以来、この推進装置の可能性については物議がかもされてきた。主な批判のひとつが、物理学の基本法則に反するというものだ。アイザック・ニュートンの運動の第3法則によると、あらゆる作用に対してそれと等しい反作用がある。既存のロケットエンジンやイオンエンジンは推進剤を出力する反動で加速しているが、放出される推進剤を必要としないEMドライヴはこの法則に反していると批判されてきたのだ。 研究チームは、EMドライヴの推進メカニズムに関する仮説として、量子力学を解釈する理論を挙げている。実験で確認された力を説明するための「物理モデルは、非局所的な隠れた変数理論に分類できる」と論文には記されている。 EMドライヴ理論は、英国の技術者ロジャー・ショーヤーが2000年代に発表したもので、マイクロ波を鏡の密閉容器内で何度も反射させることによって宇宙船を加速するというものだ。反射の過程で発生する光子によって推力が得られるとされている。

量子力学 1 KS物理専門書 猪木慶治/著 川合光/著 講談社

量子力学 1 KS物理専門書 猪木慶治/著 川合光/著 講談社

Amazon.co.jp: 量子力学 原書第4版: ディラック, P. A. M. Dirac, 朝永 振一郎, 玉木 英彦, 木庭 二郎, 大塚 益比古, 伊藤 大介: 本

Amazon.co.jp: 量子力学 原書第4版: ディラック, P. A. M. Dirac, 朝永 振一郎, 玉木 英彦, 木庭 二郎, 大塚 益比古, 伊藤 大介: 本

ほとんどの科学者は、死後の概念などナンセンスなもので、どうあっても立証できないと言うかもしれない。しかし、米ノースカロライナ州ウェイク・フォレスト医科大の量子物理学者ロバート・ランザ教授は、量子物理学の世界では理論的には死の世界が存在するという。ランザ

ほとんどの科学者は、死後の概念などナンセンスなもので、どうあっても立証できないと言うかもしれない。しかし、米ノースカロライナ州ウェイク・フォレスト医科大の量子物理学者ロバート・ランザ教授は、量子物理学の世界では理論的には死の世界が存在するという。ランザ

■◇  さいころ  ◆□:◇  オカルト環境学  ◇

■◇ さいころ ◆□:◇ オカルト環境学 ◇

次に「こと」や「概念」の場合を考えてみます。例えば野球という概念のなかには、バットやグローブ、ボール、選手、スタジアム、ビール……といった要素があり、その全体が野球という概念の範囲になります。今度はボールという概念を考えてみると、野球のほかにサッカーやバレーボールもあれば、ミートボールやミラーボールといった要素も浮かびあがってきます。さてこのとき、おかしなことが起きていますよね。ボールは、野球から見ると部品なのに、ボールから見ると野球が部品になっているのです。クルマを分解するとエンジンが出てきますが、エンジンを分解しても、決してクルマは出てきません。これこそが、「もの」と「こと」の違いです。「こと」=概念は、部品ではなく状態として捉えるべきで、さらにはこの部品と状態の違いが、実は物質の世界と量子の世界の違いと符合しているのです。この2つの世界の境界線は、実は原子の内側と外側のさかいめに存在します。

次に「こと」や「概念」の場合を考えてみます。例えば野球という概念のなかには、バットやグローブ、ボール、選手、スタジアム、ビール……といった要素があり、その全体が野球という概念の範囲になります。今度はボールという概念を考えてみると、野球のほかにサッカーやバレーボールもあれば、ミートボールやミラーボールといった要素も浮かびあがってきます。さてこのとき、おかしなことが起きていますよね。ボールは、野球から見ると部品なのに、ボールから見ると野球が部品になっているのです。クルマを分解するとエンジンが出てきますが、エンジンを分解しても、決してクルマは出てきません。これこそが、「もの」と「こと」の違いです。「こと」=概念は、部品ではなく状態として捉えるべきで、さらにはこの部品と状態の違いが、実は物質の世界と量子の世界の違いと符合しているのです。この2つの世界の境界線は、実は原子の内側と外側のさかいめに存在します。

量子力学の原理を情報処理に応用するコンピューター、「量子コンピューター」。スーパーコンピューターが数千年もかかって解く問題を、数秒で計算できるようになると期待されている。

量子力学の原理を情報処理に応用するコンピューター、「量子コンピューター」。スーパーコンピューターが数千年もかかって解く問題を、数秒で計算できるようになると期待されている。

量子力学の基礎を築いた物理学者、ハイゼンベルク

量子力学の基礎を築いた物理学者、ハイゼンベルク

>実は企業やブランドも、非局所的に成立しています。「いかにもレクサスらしい内装」と言ったとき、定量的な色やデザインが決まっているわけではないのに、人はレクサスらしいからしくないか、ある程度判断がつくと思います。あるいは「ナイキらしさを感じさせるスポーツイヴェント」と言われると、何となくナイキならこういう演出をする、という感覚ってあると思います。「ソニーらしさを感じさせないデザイン」なんて言い方もよくされますが、これは「ソニーらしさ」をわかっていることの裏返しでもあり、デザインの特定の色や部分ではなく、デザイン全体が非局所的にもっている何か、もっと言うとソニーがもっている何かを基に判断をしているわけです。ややアナロジー的ですが、こうして、企業やブランドが非局所的なキャラクターとして成立しているのならば、非局所性を扱うのが得意な量子数理を使って理解をしていくのが道理であることを、おわかりいただけるかもしれません。

>実は企業やブランドも、非局所的に成立しています。「いかにもレクサスらしい内装」と言ったとき、定量的な色やデザインが決まっているわけではないのに、人はレクサスらしいからしくないか、ある程度判断がつくと思います。あるいは「ナイキらしさを感じさせるスポーツイヴェント」と言われると、何となくナイキならこういう演出をする、という感覚ってあると思います。「ソニーらしさを感じさせないデザイン」なんて言い方もよくされますが、これは「ソニーらしさ」をわかっていることの裏返しでもあり、デザインの特定の色や部分ではなく、デザイン全体が非局所的にもっている何か、もっと言うとソニーがもっている何かを基に判断をしているわけです。ややアナロジー的ですが、こうして、企業やブランドが非局所的なキャラクターとして成立しているのならば、非局所性を扱うのが得意な量子数理を使って理解をしていくのが道理であることを、おわかりいただけるかもしれません。

Pinterest
検索