Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

60127 植物性油脂はほぼ遺伝子組み換え - waca-jhiのブログ

モンサント模擬法廷---世界の証言者からのメッセージ

みなさんこんにちは、食と農業担当の関根です。「モンサント」という大企業を、いま日本でどれくらいの方がご存知でしょうか?実は海外では、世界の”食”をコントロールするこの大企業に反発する動きが活発化しています。その動きはもちろん、日本でも。今日は、前回のブログでおしらせしたモンサント社に対する模擬裁判の報告と、日本での「反モンサント大行進」の模様、そしてグリーンピースも参加した「土と平和の祭典」の様子をお知らせします。巨大多国籍企業モンサントとは?モンサントは、世界の遺伝子組み換え食品の90%を生産する巨大多国籍企業。遺伝子組み換え種子以外にも、枯れ葉剤や成長ホルモンなど、食にまつわるさまざまなものを生産していて、世界の食をコントロールする企業

宝石のようなこのトウモロコシ「グラス・ジェム・コーン」は、ネイティブアメリカンの農家によって開発されました。遺伝子組み換えではなく、品種改良によってこの鮮やかな色を実現しているとのこと。茹でるとさらに色鮮やかになり、ちゃ […]

Yumiko☆希望とサステナブルな未来を on

あゝ、恐ろしや。これからは、うかうか外食でバターコーンとか焼きとうもろこしも食べれないよ #ngfood @tomo_nada: 日本政府、枯れ葉剤(2,4-D)耐性の #遺伝子組み換え トウモロコシ承認。栽培も食用もOKだと…。 農水省 http://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/carta/index.html (fuku00011)

「遺伝子組み換え食品会社」ワーストはJオイル、2位日清オイリオ:MyNewsJapan

食品添加物、大気汚染、残留農薬、遺伝子組み換え食品・・・、 わたし達は今、人類が始まって以来「はじめて」とも言えるほどの量の未知の物質に囲まれて生活をしています。 それらの人体に与える具体的な影響は、少しずつ分かり始めていますが、 国内で認められている化学物質や農薬の害は、その時には誰もわからず、あとになってから明らかになるケースが圧倒的に多い傾向にあります。 周りを見渡せば、不治の病、難病、原因不明な症状に苦しんでいる方々は溢れかえっています。 日本人の病的死因No1のガンですら、まだ延命治療しかままならないのが現状。 ガンや難病を告知される方の殆んどが、「何で私が?!」という驚きを隠せないのが、現代の病の怖さなのかもしれません。 そんな現代を生きるわたし達に、不食の人で知られる森氏。彼女の経験は何を伝えようとしているのでしょうか? 「不食」、「断食」、食べないことから得られるメリットとは一体何なのでしょう? 「不食の人」、森美智代氏。 脊髄小脳変性症を断食(西式甲田療法)で克服し、数々のメディアで取り上げられている「不食の人」、森美智代氏。…

遺伝子組み換え食品に対する安全性には多くの人達が不安を抱いています。賛成派はそのメリットを強調しますが、まだわからない点も多く危険性を指摘した研究結果も出されています。GMOの表示義務化の動きも加速してきている今、私達自信の意識自体をもっと高めていきたいですね。#自然療法#健康#ヘルス#医療#ナチュロパシー

1

The daily olive news on

遺伝子組み換えパンやラーメンやうどんがお店に並ぶ

遺伝子組み換え蚕が生み出すクモの糸「モンスターシルク」|WIRED.jp

1

ずっとウソだった: 遺伝子組み換え原料入り商品はこんなにある!もっと調べれば数限りなく出てきそうです。