Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

TOPIC ☆ トピック・話題|進化する日本の食品技術。お取り寄せブームと地域活性化の功労者|食品通販の現状と賢い活用法に食材のスカウトが迫る お取り寄せ・グルメ通販 徹底解剖|最近では鮮魚も気軽にお取り寄せできるようになりました。その背景には国内の氷温などの鮮度保持技術・急速冷凍技術・輸送冷媒技術などがあります。従来お取り寄せが難しかった生鮮食料品は最新技術で宅配便を利用したお取り寄せを可能にし、地方から届けられる食品の幅を拡大しています。

リステリア菌|食品衛生の観点から| 食物の味や匂いを変えない[1]。リステリアは−4℃でもゆっくりと増殖可能であるが、−18℃では増殖しない。10%の食塩水の中でも増殖し、30%の食塩水にも耐える。食肉製品に使用許可になっている程度の亜硝酸塩にも抵抗性があり、これが食肉加工製品からも検出される理由の1つと考えられる。つまり冷蔵庫での保存や塩分の添加、亜硝酸塩への抵抗性など、他の菌の増殖を抑えられるような環境で増殖して感染の原因になる場合がある。近年の食品保存や輸送技術の発達に伴い、冷蔵輸送や長期冷蔵保存が増えたことが、リステリア症の発生の一助であると言われている。冷蔵庫を過信しない。リステリア菌は熱に弱く、食品衛生法に規定された条件で不活化すれば、十分に安全性が確保される。汚染の実態は、欧米と変わらないと考えられる[4][5]。食中毒が疑われる場合は、24時間以内に最寄りの保健所に届け出る。

不思議な世界。冷凍ではない。零下なのに凍らない。高鮮度まま熟成する。世界最先端技術 氷温技術・氷温熟成。活きている食べ物。凍るギリギリの世界で自然界のうま味・糖度が増大。 1991年、冬眠ヒラメの輸送実験で氷温域で乾燥させた冬眠状態のヒラメをアメリカ合衆国ニューヨークへ空輸。水槽でゆっくり常温で戻したところ蘇生して泳ぎ出す。実験はアメリカ国民の度肝を抜いて一挙に氷温の注目度を集めました。 日本では古来から「寒仕込(寒造り)」、「寒干し」、「寒ざらし」等、寒さというストレスを与えることで素材のうま味を引き出し、保存性を高める加工法を生み出してきました。自然の摂理にのっとり、この状態を人工的に作り出すことに成功 したのが氷温技術です。氷温貯蔵では、部分凍結貯蔵、冷凍貯蔵による細胞膜破壊は起こりません。細胞は健康状態を保っています。一方、冷凍貯蔵では、凍ると細胞は壊れてしまい、解凍すると細胞液とともに有用な成分が失われます。

(C)NHK    日本の折り紙が世界の先端科学分野で活用されている。宇宙から医療まで幅広く、「ORIGAMI」として浸透しているという。理由の1つは、「折るだけで、二次元から三次元の立体を作り出せる」ことだ。これにより、ロボットや人工血管を作る新技術が誕生した。コンパクトに収納できて自由自在に展開できるのも理由の1つと考えられる。輸送効率を求

ピンもと:Twitter

無人機bot on

犬馬ロボット(견마로봇)。韓国にあるKITECH(韓国生産技術研究院)によって発表されたギョンマ(견마、犬馬の意)のような歩行を行える設計のロボット。機関銃や擲弾発射機などを搭載可能とのこと。監視や輸送に対応する。

1
ピンもと:レシピと料理アイデア1000万皿 | SnapDish

居酒屋motto刺身 長崎産剣先イカ 北海道産水だこ

居酒屋mottoの刺身は長崎産剣先イカと北海道産水だこです。 今日の仕入はデパ地下、便利だねー。 居ながらにして南北の美味しい刺身が食べれます。 輸送技術に感謝 - 136件のもぐもぐ - 居酒屋motto刺身 長崎産剣先イカ & 北海道産水だこ by mottomotto

缶ビールは1935年に初めて誕生。第2次世界大戦中にアメリカ国外にいる軍人に向けて何ミリオンもの缶ビールが輸送されたことで、爆発的にヒット。缶を使うことで大量生産ができるようになり、その技術をもって、国規模の大企業がそれぞれの地域の中小ビール会社を合併を可能にしました。

2015.JRkame-HP2.jpg

火星移住のための交通システム人2000万円に抑制目指すスペースXのCEO - 米宇宙開発ベンチャースペースXのイーロンマスク最高経営責任者CEOは27日メキシコでの国際宇宙会議で火星移住のための交通システムの整備計画を発表した巨大ロケットの連続再使用や100人以上が乗れる宇宙船のピストン輸送などにより人当たりの火星への移送費を長期的に千万円程度まで抑えるという 同社は2025年までに火星への有人飛行を実現するとしているマスク氏は安価な輸送手段は地球外に文明を築く基礎になると語り各国の宇宙機関や企業研究者に協力を呼びかけた企業が公的機関に先行して具体的な宇宙開発計画を公表するのは初めて この仕組みは移住が基本だが地球に帰る選択肢も用意するという火星は重力や日の長さが地球に近く水もあるため月と並び宇宙における有力な移住先と考えられているただ到達にはカ月程度かかる…

HITACHI : ニュースリリース : 2006年3月1日