「 林の中に住む。」施主との会話の中で出てきた何気ない言葉。 敷地は典型的な田舎の平野部、田に囲まれた人通りの少ない集落。敷地内には母屋と蔵と車庫、くたびれた日本庭園と畑があり、どこにも林の景色はありませんでした。盛土をした木々の中、建物の中心部を浮かすことで建物内部だけではなく外部にも庭の連続性を確保し、庭の気配や通風を遮らないようにしています。このことは、コンクリート量を減らし環境負荷を軽減する役割も担っています。シンプルな切妻とした屋根は、積雪地の為に大きくなる構造材の構成を工夫し、軒先部分を薄くすることで夏の日射抑制と眺望の確保を両立。そして、あえて緩 衝地帯となる縁側は設けず、北の庭と南の庭が存在感を抑えたファサードと直接繋がるようにして室内と室外の一体化を図り、この地に住む為の「林の中に住 む」という意思はカタチとなりました。所在地:福井市用途:住宅担当:丸山晴之 久永雅幸(元所員)構造設計:和田譜生構造設計事務所施工:㈱名津井建設撮影:明 直樹掲載:新建築住宅特集2012年12月号受賞:第45回中部建築賞 第9回木の建築賞 第1回ふくい建築賞

丸山晴之建築事務所が手掛けた「林の中に住む

「 林の中に住む。」施主との会話の中で出てきた何気ない言葉。 敷地は典型的な田舎の平野部、田に囲まれた人通りの少ない集落。敷地内には母屋と蔵と車庫、くたびれた日本庭園と畑があり、どこにも林の景色はありませんでした。盛土をした木々の中、建物の中心部を浮かすことで建物内部だけではなく外部にも庭の連続性を確保し、庭の気配や通風を遮らないようにしています。このことは、コンクリート量を減らし環境負荷を軽減する役割も担っています。シンプルな切妻とした屋根は、積雪地の為に大きくなる構造材の構成を工夫し、軒先部分を薄くすることで夏の日射抑制と眺望の確保を両立。そして、あえて緩 衝地帯となる縁側は設けず、北の庭と南の庭が存在感を抑えたファサードと直接繋がるようにして室内と室外の一体化を図り、この地に住む為の「林の中に住 む」という意思はカタチとなりました。所在地:福井市用途:住宅担当:丸山晴之 久永雅幸(元所員)構造設計:和田譜生構造設計事務所施工:㈱名津井建設撮影:明 直樹掲載:新建築住宅特集2012年12月号受賞:第45回中部建築賞 第9回木の建築賞 第1回ふくい建築賞

@loamox ミルボンコンテストにノミネートされたりしてる♪何千人中の2... - 写真共有サイト「フォト蔵」

@loamox ミルボンコンテストにノミネートされたりしてる♪何千人中の2... - 写真共有サイト「フォト蔵」

“Flame.” by Uemura Syoen (Japanese 1875-1949) Color painting on silk, H. 190.9 x W. 91.8 cm, (dated 1918) | Tokyo National Museum, Japan |《焔 ほのお》上村松園 (1875-1949 明治8年- 昭和24年) 1 幅, 絹本着色, 縦190.9 x 横91.8 cm 大正7年(1918) | 東京国立博物館 コレクション

“Flame.” by Uemura Syoen (Japanese 1875-1949) Color painting on silk, H. 190.9 x W. 91.8 cm, (dated 1918) | Tokyo National Museum, Japan |《焔 ほのお》上村松園 (1875-1949 明治8年- 昭和24年) 1 幅, 絹本着色, 縦190.9 x 横91.8 cm 大正7年(1918) | 東京国立博物館 コレクション

【このアプリについて】…

【このアプリについて】…

【このアプリについて】…

【このアプリについて】…

重要文化財 大阪城の櫓(やぐら)内部特別公開  「大坂の陣」の後、徳川幕府による大坂城再築工事によって建てられた数々の櫓と蔵。 城内の要所に位置し、監視や防御、武器庫にも使われた施設の一部を特別に公開します。  ●重要文化財 多聞櫓・千貫櫓・焔硝蔵  ●土日祝限定公開 3月18日(土)~11月26日(日) ※ただし春・夏休みの下記の期間中は連日公開 春 3月25日(土)~4月 9日(日) (定休なし) 夏 7月22日(土)~8月31日(木) (月曜定休)

重要文化財 大阪城の櫓(やぐら)内部特別公開 「大坂の陣」の後、徳川幕府による大坂城再築工事によって建てられた数々の櫓と蔵。 城内の要所に位置し、監視や防御、武器庫にも使われた施設の一部を特別に公開します。 ●重要文化財 多聞櫓・千貫櫓・焔硝蔵 ●土日祝限定公開 3月18日(土)~11月26日(日) ※ただし春・夏休みの下記の期間中は連日公開 春 3月25日(土)~4月 9日(日) (定休なし) 夏 7月22日(土)~8月31日(木) (月曜定休)

薪ストーブに平屋お引き渡し      いつも応援ありがとうございます     怪しい激ヤセ青汁に  手を染めてしまってますnaomiでございます                   本日Bファミリーさま邸の   むかしを想ふ家お引き渡し    photo      平屋の暖炉のあるオウチです        Bファミリーさまとの出会いは   ちょうど約年前       それまで結構な期間をかけられ  建築やさん探しをされてたそうで    回られた会社さんの数   なんと社           そんな中目の肥えられた  Bファミリーさまに見初められ     めでたく両思いとなり   ご縁いただいた次第です             畑をしながら薪ストーブがある平屋に   こむぎチャンと共に暮す      こちらがBファミリーさまの夢           建築プランナーのオウチに   薪ストーブがつくのは初      photo      でもまだ撒に火がついたところは   見れてないけん     夢実現をかみ締めていただくのは   冬までのお楽しみですね…

薪ストーブに平屋お引き渡し いつも応援ありがとうございます 怪しい激ヤセ青汁に 手を染めてしまってますnaomiでございます 本日Bファミリーさま邸の むかしを想ふ家お引き渡し photo 平屋の暖炉のあるオウチです Bファミリーさまとの出会いは ちょうど約年前 それまで結構な期間をかけられ 建築やさん探しをされてたそうで 回られた会社さんの数 なんと社 そんな中目の肥えられた Bファミリーさまに見初められ めでたく両思いとなり ご縁いただいた次第です 畑をしながら薪ストーブがある平屋に こむぎチャンと共に暮す こちらがBファミリーさまの夢 建築プランナーのオウチに 薪ストーブがつくのは初 photo でもまだ撒に火がついたところは 見れてないけん 夢実現をかみ締めていただくのは 冬までのお楽しみですね…

黒樂茶碗 銘 大黒(おおぐろ)  初代 長次郎|桃山時代(十六世紀)|重要文化財|個人蔵  今回メインの長次郎茶碗。利休の関わる長次郎茶碗を7碗集めた「利休七種」と冠される7つの茶碗、「大黒」はその筆頭ともいえる。利休の侘び茶の真髄を表し、長次郎茶碗随一と謳われている。深い存在感、静かな佇まい、小さな茶碗が宇宙を支配する。まさに「茶碗の中の宇宙」を表す茶碗。

黒樂茶碗 銘 大黒(おおぐろ) 初代 長次郎|桃山時代(十六世紀)|重要文化財|個人蔵 今回メインの長次郎茶碗。利休の関わる長次郎茶碗を7碗集めた「利休七種」と冠される7つの茶碗、「大黒」はその筆頭ともいえる。利休の侘び茶の真髄を表し、長次郎茶碗随一と謳われている。深い存在感、静かな佇まい、小さな茶碗が宇宙を支配する。まさに「茶碗の中の宇宙」を表す茶碗。

国宝 大井戸茶碗 喜左衛門(きざえもん) : 心の時空

国宝 大井戸茶碗 喜左衛門(きざえもん) : 心の時空

「あやめ」 MOA美術館蔵 黒楽茶碗 銘「あやめ」 作者	長次郎 時代	桃山時代(16世紀後期) 黒楽茶碗 銘あやめ くろらくちゃわん めい あやめ  千利休の高弟南坊宗啓が著した『南方録』によると、天正15年(1587)五月中に利休は「茶碗 黒 渓蓀」を3回用いているが、本図の茶碗はそれにあたるものと推測されている。外箱蓋表に「あやめ 長次郎作 旦(花押)」、内箱蓋表に「長次郎焼 茶碗」と宗旦が書き付けている。同じく長次郎作の茶碗「まこも」の中箱に、久須美疎安が「あやめハ千宗守ニ有之」と記しているので、「あやめ」は、宗旦から一翁宗守、さらに官休庵に伝わったと思われる。後に永楽善五郎の所持となり、草間伊兵衛に譲られた。「大黒」や「俊寛」の形式とも違った独特の作行きの茶碗で、侘びの趣きの深い名碗の一つである。全体がかなり厚手に成形されており、胴にわずかにくびれがつけられていて、肌の起伏に言い難い趣きがある。高台は小振りで低く、高台内の兜巾は渦がなくおとなしい。畳付には目跡が5つ残っている。黒釉には長次郎焼特有の黄褐色のかせがむらむらと現れていて、いかにも古色蒼然とした趣きである。

「あやめ」 MOA美術館蔵 黒楽茶碗 銘「あやめ」 作者 長次郎 時代 桃山時代(16世紀後期) 黒楽茶碗 銘あやめ くろらくちゃわん めい あやめ 千利休の高弟南坊宗啓が著した『南方録』によると、天正15年(1587)五月中に利休は「茶碗 黒 渓蓀」を3回用いているが、本図の茶碗はそれにあたるものと推測されている。外箱蓋表に「あやめ 長次郎作 旦(花押)」、内箱蓋表に「長次郎焼 茶碗」と宗旦が書き付けている。同じく長次郎作の茶碗「まこも」の中箱に、久須美疎安が「あやめハ千宗守ニ有之」と記しているので、「あやめ」は、宗旦から一翁宗守、さらに官休庵に伝わったと思われる。後に永楽善五郎の所持となり、草間伊兵衛に譲られた。「大黒」や「俊寛」の形式とも違った独特の作行きの茶碗で、侘びの趣きの深い名碗の一つである。全体がかなり厚手に成形されており、胴にわずかにくびれがつけられていて、肌の起伏に言い難い趣きがある。高台は小振りで低く、高台内の兜巾は渦がなくおとなしい。畳付には目跡が5つ残っている。黒釉には長次郎焼特有の黄褐色のかせがむらむらと現れていて、いかにも古色蒼然とした趣きである。

Pinterest
検索