Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

気鋭の教育者として知られる品川女子学院の漆紫穂子校長(左)。右は「よくわかる人工知能」著者の清水亮氏。「よくわかる人工知能」発売記念セミナーにて。  東ロボくんという人工知能は、東大受験目指してるんですけど、今、偏差値57です。  大半の日本人はAIに負けてる、偏差値というレベルでは。しかもこれは深層学習使ってないんですね。深層学習を使ったら、そのうち東大に本当に入っちゃうでしょう。そうすると東大生の価値もなくなるわけです。だから東大生ばかりが研究してる東ロボくんは、進路変更したんでしょうね。自分たちの価値がなくなっちゃうことを自分たちで証明しちゃうことになるので。

偽薬とわかっていても、プラシーボ効果を得られることが証明される 研究者たちは、プラシーボ効果は必ずしも患者の期待によって起こるものではなく、むしろ患者と医師という関係性によって生じるものとしています。共著者であるTed Kaptchukさんいわく「治療に没頭するのが良いのです。ここで言う治療とは、医師や看護師とコミュニケーションを取ったり、薬を飲んだりといった、医療的な行動様式やシンボルを意味します。体がこうした『治療』に反応してしまうのです」。彼は、このような行動様式が患者の症状を変化させ、脳に存在する症状を調整する領域を活性化させているのではないかと疑っています。 もちろんこの研究はとても面白い結果ですが、いくつかの注意点があります。それは、サンプル数が少ないことと、実験の期間が短すぎて長期的な効果については不明なことです。

1

安河内治一郎著『人物写真の研究』(東京朝日新聞社、昭和9年4月)口絵、主婦之友写真室のカメラマンを勤めていた著者によるお手本写真より。モデルは吉野作造の末娘の吉野文子。文化学院出身の絵に描いたようなモダンガール姿に惚れ惚れ。

2

低糖質でグルテンフリーのパン「クラウドブレッド」が、欧米のSNSやインスタグラムで話題です。雲(クラウド)のような形をしたふわふわ食感のパンは、そのまま食べても、具材を乗せたり、はさんだりしてもOK!クラウドブレッドの本の著者でもあるお菓子研究家の吉川文子さんによれば、「クリームチーズ、卵、砂糖、ベーキング

ピッツバーグ大学医学部の研究チームは、SNSが精神に及ぼす影響について調査を行った。その結果、SNSの利用頻度が高ければ高いほど、うつ病になりやすことがわかった。論文の著者でメディアとテクノロジーの健康への影響を研究する、ブライアン・A・プ

ベストセラー『日本会議の研究』の著者、菅野完氏に聞く!日本会議の正体とは?|Ghost Riponの屋形(やかた)

あの日【楽天ブックス】STAP騒動の真相、生命科学界の内幕、業火に焼かれる人間の内面を綴った衝撃の手記。1研究者への夢 2ボストンのポプラ並木 3スフェア細胞 4アニマル カルス 5思いとかけ離れていく研究 6論文著者間の衝突 7想像をはるかに超える反響8ハシゴは外された 9私の心は正しくなかったのか 10メディアスクラム 11論文撤回 12仕組まれたES細胞混入ストーリー 13業火etc.

『あなたのための物語』 長谷敏司 著者自身も認めているようにグレッグ・イーガンの影響を受けているが、 日本人にとってはイーガンより長谷の世界観の方が受け入れやすいと思う。AI の研究も欧米はイーガン的であり、日本は長谷的である。イーガンの『ディアスポラ』と比べて日欧のAI の違いを認識してほしい。

研究発表のためのスライドデザイン 著者: 宮野公樹 見た瞬間に伝わってしまうスライドを作れる スライドの出来次第で、発表の印象は大きく変わる 必要な情報がきちんと伝わるスライドは、聴衆にとって「わかりやすい」ものになっている。 本書はスライド作りに欠かせない根本的な考え方と「見た瞬間に伝わってしまうスライド」のルールを厳選収録。 ルールを守るだけで、誰でも簡単に「わかりやすいスライド」を作れるようになる。

この本は、著者が子どもを小児がんで亡くした母親にインタビューした内容を、グラウンデッド・セオリー・アプローチで 分析した研究結果を1冊の書籍にまとめられたものです。リッチなデータをどのようにカテゴライズしたのか などの研究手法は記載されていませんが(こちらは戈木先生の専門書をご参照ください)、母親の生き生きとしたデータからその時の心情や体験が手に取るように浮かんでくる心を揺さぶられる内容です。・・・・(続きは下のリンクからどうぞ。)