Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

CFRP(炭素繊維強化プラスチック)の切削加工 CFRPは成形後の部材を接合するために切削加工による穴あけが不可欠であるが、多くの機械加工メーカーにとってCFRPは未体験の被削材である。本書は、CFRPの切削加工の研究に10年以上取り組んできた著者によるCFRPの切削加工の初の技術書。

気鋭の教育者として知られる品川女子学院の漆紫穂子校長(左)。右は「よくわかる人工知能」著者の清水亮氏。「よくわかる人工知能」発売記念セミナーにて。 東ロボくんという人工知能は、東大受験目指してるんですけど、今、偏差値57です。 大半の日本人はAIに負けてる、偏差値というレベルでは。しかもこれは深層学習使ってないんですね。深層学習を使ったら、そのうち東大に本当に入っちゃうでしょう。そうすると東大生の価値もなくなるわけです。だから東大生ばかりが研究してる東ロボくんは、進路変更したんでしょうね。自分たちの価値がなくなっちゃうことを自分たちで証明しちゃうことになるので。

図4.Lypd8 は大腸上皮細胞に発現し、一部は大腸管腔に分泌される。分泌された Lypd8 は腸内細菌に結合し、腸内細菌の粘膜への侵入を防止することで、腸管炎症を抑える「私は免疫学が専門ですが、この解析の後半のプロセスは、細菌学的にいかにLypd8が腸内細菌の侵入を止めるのかの解析でした。私は細菌学は素人なので、何も指導できなかったのですが、筆頭著者の奥村 龍(おくむら りゅう)が一人で試行錯誤を繰り返しながら、メカニズムを明らかにしてくれました」 革新的な結果を導きだすために、一つの問題を違った角度から捉える。今、あらゆる研究分野で求められていることだ。

偽薬とわかっていても、プラシーボ効果を得られることが証明される 研究者たちは、プラシーボ効果は必ずしも患者の期待によって起こるものではなく、むしろ患者と医師という関係性によって生じるものとしています。共著者であるTed Kaptchukさんいわく「治療に没頭するのが良いのです。ここで言う治療とは、医師や看護師とコミュニケーションを取ったり、薬を飲んだりといった、医療的な行動様式やシンボルを意味します。体がこうした『治療』に反応してしまうのです」。彼は、このような行動様式が患者の症状を変化させ、脳に存在する症状を調整する領域を活性化させているのではないかと疑っています。 もちろんこの研究はとても面白い結果ですが、いくつかの注意点があります。それは、サンプル数が少ないことと、実験の期間が短すぎて長期的な効果については不明なことです。

1

『あなたのための物語』 長谷敏司 著者自身も認めているようにグレッグ・イーガンの影響を受けているが、 日本人にとってはイーガンより長谷の世界観の方が受け入れやすいと思う。AI の研究も欧米はイーガン的であり、日本は長谷的である。イーガンの『ディアスポラ』と比べて日欧のAI の違いを認識してほしい。

安河内治一郎著『人物写真の研究』(東京朝日新聞社、昭和9年4月)口絵、主婦之友写真室のカメラマンを勤めていた著者によるお手本写真より。モデルは吉野作造の末娘の吉野文子。文化学院出身の絵に描いたようなモダンガール姿に惚れ惚れ。

2

バビロン Ⅰ ー女ー|著者:野﨑まど|イラスト:ざいん|講談社タイガ|東京地検特捜部検事・正崎善(せいざき・ぜん)は、製薬会社と大学が関与した臨床研究不正事件を追っていた。その捜査の中で正崎は、麻酔科医・因幡信(いなば・しん)が記した一枚の書面を発見する。そこに残されていたのは、毛や皮膚混じりの異様な血痕と、紙を埋め尽くした無数の文字、アルファベットの「F」だった。正崎は事件の謎を追ううちに、大型選挙の裏に潜む陰謀と、それを操る人物の存在に気がつき!?

ベストセラー『日本会議の研究』の著者、菅野完氏に聞く!日本会議の正体とは?|Ghost Riponの屋形(やかた)

低糖質でグルテンフリーのパン「クラウドブレッド」が、欧米のSNSやインスタグラムで話題です。雲(クラウド)のような形をしたふわふわ食感のパンは、そのまま食べても、具材を乗せたり、はさんだりしてもOK!クラウドブレッドの本の著者でもあるお菓子研究家の吉川文子さんによれば、「クリームチーズ、卵、砂糖、ベーキング

ピッツバーグ大学医学部の研究チームは、SNSが精神に及ぼす影響について調査を行った。その結果、SNSの利用頻度が高ければ高いほど、うつ病になりやすことがわかった。論文の著者でメディアとテクノロジーの健康への影響を研究する、ブライアン・A・プ