本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗 銘「七里」(五島美術館蔵)

本阿弥光悦(1558-1637)作 黒楽茶碗 銘「七里」(五島美術館蔵)

カフェ茶蔵|店舗案内|信州小布施で栗菓子二百年 桜井甘精堂

カフェ茶蔵|店舗案内|信州小布施で栗菓子二百年 桜井甘精堂

. 2017年4月14日(金) .  明日の準備をしていると... 🐈🐈ママ、何してるにゃ🤔❔ .  明日から1泊で東京行きます🚄 「ねこ雑貨店茶蔵」は臨時休業となりますので、よろしくお願いいたします🙇 .  新しい学び🤗 ワクワク・ドキドキです💓 チャイ、チロル、パパの言う事聞いて、お利口に待っててね。 .  晴れて自由の身になったので(笑)念願の赤ネイル💅テンションあがる~✨✨✨ . .  #ねこ部#ネコ部#猫部#姉妹猫#ターキッシュバン#三毛猫#白茶猫#にゃんすたぐらむ#ふわもこ部#ねこのいる暮らし#セルフネイル#ジェルネイル#真っ赤なネイル#よく見ないでね雑だから😌

. 2017年4月14日(金) . 明日の準備をしていると... 🐈🐈ママ、何してるにゃ🤔❔ . 明日から1泊で東京行きます🚄 「ねこ雑貨店茶蔵」は臨時休業となりますので、よろしくお願いいたします🙇 . 新しい学び🤗 ワクワク・ドキドキです💓 チャイ、チロル、パパの言う事聞いて、お利口に待っててね。 . 晴れて自由の身になったので(笑)念願の赤ネイル💅テンションあがる~✨✨✨ . . #ねこ部#ネコ部#猫部#姉妹猫#ターキッシュバン#三毛猫#白茶猫#にゃんすたぐらむ#ふわもこ部#ねこのいる暮らし#セルフネイル#ジェルネイル#真っ赤なネイル#よく見ないでね雑だから😌

銘「大文字屋」 個人蔵 高さ8.2cm 口径13.3~13.8cm 高台径5.0cm

銘「大文字屋」 個人蔵 高さ8.2cm 口径13.3~13.8cm 高台径5.0cm

本阿弥光悦(1558-1637)作 膳所光悦(MOA美術館蔵)。小堀遠州が、徳川将軍に茶をお点てするのに際し、光悦に作らせた2つの茶碗の一つ。膳所焼(ぜぜやき)は、滋賀県大津市膳所の窯で、茶陶として名高く、遠州七窯の一つ。寛永6年(1629)、膳所藩主 菅沼定芳が、相模川の左岸に御用窯を築き、本阿弥光悦・小堀遠州・松花堂昭乗との交友に影響を受け茶器を焼いた。膳所藩領内で安土桃山時代から江戸時代初期に焼かれた大江焼・勢多焼・国分焼の3古窯と、膳所焼が廃れた後に復興を目指した梅林焼・雀ケ谷焼・瀬田焼を総称して膳所焼という場合もある。

本阿弥光悦(1558-1637)作 膳所光悦(MOA美術館蔵)。小堀遠州が、徳川将軍に茶をお点てするのに際し、光悦に作らせた2つの茶碗の一つ。膳所焼(ぜぜやき)は、滋賀県大津市膳所の窯で、茶陶として名高く、遠州七窯の一つ。寛永6年(1629)、膳所藩主 菅沼定芳が、相模川の左岸に御用窯を築き、本阿弥光悦・小堀遠州・松花堂昭乗との交友に影響を受け茶器を焼いた。膳所藩領内で安土桃山時代から江戸時代初期に焼かれた大江焼・勢多焼・国分焼の3古窯と、膳所焼が廃れた後に復興を目指した梅林焼・雀ケ谷焼・瀬田焼を総称して膳所焼という場合もある。

本阿弥光悦(1558-1637)作 膳所光悦(個人蔵)。小堀遠州が、徳川将軍に茶をお点てするのに際し、光悦に作らせた2つの茶碗の一つ。膳所焼(ぜぜやき)は、滋賀県大津市膳所の窯で、茶陶として名高く、遠州七窯の一つ。寛永6年(1629)、膳所藩主 菅沼定芳が、相模川の左岸に御用窯を築き、本阿弥光悦・小堀遠州・松花堂昭乗との交友に影響を受け茶器を焼いた。膳所藩領内で安土桃山時代から江戸時代初期に焼かれた大江焼・勢多焼・国分焼の3古窯と、膳所焼が廃れた後に復興を目指した梅林焼・雀ケ谷焼・瀬田焼を総称して膳所焼という場合もある。

本阿弥光悦(1558-1637)作 膳所光悦(個人蔵)。小堀遠州が、徳川将軍に茶をお点てするのに際し、光悦に作らせた2つの茶碗の一つ。膳所焼(ぜぜやき)は、滋賀県大津市膳所の窯で、茶陶として名高く、遠州七窯の一つ。寛永6年(1629)、膳所藩主 菅沼定芳が、相模川の左岸に御用窯を築き、本阿弥光悦・小堀遠州・松花堂昭乗との交友に影響を受け茶器を焼いた。膳所藩領内で安土桃山時代から江戸時代初期に焼かれた大江焼・勢多焼・国分焼の3古窯と、膳所焼が廃れた後に復興を目指した梅林焼・雀ケ谷焼・瀬田焼を総称して膳所焼という場合もある。

銘「筒井筒」 筒井順慶、豊臣秀吉、毘沙門堂伝来 個人蔵 重要文化財 高さ7.9cm 口径14.5cm 高台径4.7cm

銘「筒井筒」 筒井順慶、豊臣秀吉、毘沙門堂伝来 個人蔵 重要文化財 高さ7.9cm 口径14.5cm 高台径4.7cm

数寄者手帳 本阿弥光悦|freemlより 銘「雪片」個人蔵 光悦七種の一つ 典型的な筒茶碗の形をした、光悦にしてみては灰汁の少ない茶碗。手捻り感は全く出しておらず、高台も小さくするなど通常の筒茶碗とすれば異形です。口縁は不要な部分をバッサリ切り落とした思い切りの良さがあります。銘は雪片が胴のあたりに舞う様を意識したのでしょう。

数寄者手帳 本阿弥光悦|freemlより 銘「雪片」個人蔵 光悦七種の一つ 典型的な筒茶碗の形をした、光悦にしてみては灰汁の少ない茶碗。手捻り感は全く出しておらず、高台も小さくするなど通常の筒茶碗とすれば異形です。口縁は不要な部分をバッサリ切り落とした思い切りの良さがあります。銘は雪片が胴のあたりに舞う様を意識したのでしょう。

数寄者手帳 本阿弥光悦|freemlより 黒楽茶碗無銘 個人蔵 「七里」によく似通った黒楽。相変わらずの刀剣の持つ曲線美に似たこの茶碗の持つ曲線には感心します。黒釉が所々剥げており、それがこの茶碗の持つ味を醸し出しています。

数寄者手帳 本阿弥光悦|freemlより 黒楽茶碗無銘 個人蔵 「七里」によく似通った黒楽。相変わらずの刀剣の持つ曲線美に似たこの茶碗の持つ曲線には感心します。黒釉が所々剥げており、それがこの茶碗の持つ味を醸し出しています。

本阿弥光悦(1558-1637)作 飴釉茶碗 銘「円城」(個人蔵)

本阿弥光悦(1558-1637)作 飴釉茶碗 銘「円城」(個人蔵)

Pinterest
検索