❻(2016.06)盃 金銀彩 高橋 亜希 1976 京都市伏見区生まれ 1999 佐賀県立有田窯業大学卒業 2001 作陶活動を始める

❻(2016.06)盃 金銀彩 高橋 亜希 1976 京都市伏見区生まれ 1999 佐賀県立有田窯業大学卒業 2001 作陶活動を始める

建築家:村田 純「K House / 清州の住宅 木造築37年のリノベーション」

固定概念を払拭!発想の転換が鍵となる和室空間

建築家:村田 純「K House / 清州の住宅 木造築37年のリノベーション」

現代茶の湯の道具展の茶会 - 『息継庵』

現代茶の湯の道具展の茶会 - 『息継庵』

正倉院の宝物にも多く施されている螺鈿(らでん)の技術。元々は奈良時代に唐から輸入されたが、平安時代に漆技術の発達とともに急速に日本国内で発展を遂げた。貝を煮て外皮をはがして削っただけで、光を受けたら角度により色が変わる美しい貝片になる。これと漆器の技術が融合して日本の螺鈿技術は発達して

正倉院の宝物にも多く施されている螺鈿(らでん)の技術。元々は奈良時代に唐から輸入されたが、平安時代に漆技術の発達とともに急速に日本国内で発展を遂げた。貝を煮て外皮をはがして削っただけで、光を受けたら角度により色が変わる美しい貝片になる。これと漆器の技術が融合して日本の螺鈿技術は発達して

小火鉢展 開催中 : 器・UTSUWA&陶芸blog

小火鉢展 開催中 : 器・UTSUWA&陶芸blog

Japanese sweets

Japanese sweets

Lacquer tray for tea ceremony by Jihei MURASE, Japan 村瀬治兵衛

Lacquer tray for tea ceremony by Jihei MURASE, Japan 村瀬治兵衛

半夏生の庭(建仁寺塔頭・両足院)後編 : 花景色-K.W.C. PhotoBlog

半夏生の庭(建仁寺塔頭・両足院)後編 : 花景色-K.W.C. PhotoBlog

女郎花の花・・・いつものように、いろんな表現を考えながら、今回は最初、花の部分を、黄色の地に金泥で彩色したものを試みたのですが、どうも色の出がもう一つで・...

女郎花の花・・・いつものように、いろんな表現を考えながら、今回は最初、花の部分を、黄色の地に金泥で彩色したものを試みたのですが、どうも色の出がもう一つで・...

❸(2016.03)金彩白金彩市松ぐい呑 富田 啓之 1977 大磯生まれ 1998 さいとう工房にて金属造形を学ぶ 2000 陶芸家伊集院真理子に師事 2007 伊勢原市にて独立 金と白金を彩色する時はお互いが混じ合わないように僅かな 隙間を空けて彩色されています (6.7×H4.9)

❸(2016.03)金彩白金彩市松ぐい呑 富田 啓之 1977 大磯生まれ 1998 さいとう工房にて金属造形を学ぶ 2000 陶芸家伊集院真理子に師事 2007 伊勢原市にて独立 金と白金を彩色する時はお互いが混じ合わないように僅かな 隙間を空けて彩色されています (6.7×H4.9)

Pinterest
検索