自己愛性人格障害

関連トピックを見てみる

自己愛性人格障害の人の口癖

自己愛性人格障害の人の口癖

自己愛性人格障害は人の話を聞かない

自己愛性人格障害は人の話を聞かない

自己愛性人格障害の言い訳の特徴

自己愛性人格障害の言い訳の特徴

自己愛性人格障害の人は謝らない?

自己愛性人格障害の人は謝らない?

自己愛性人格障害の人は自慢話が大好き

自己愛性人格障害の人は自慢話が大好き

自己愛性人格障害の人はなぜ偉そうなのか

自己愛性人格障害の人はなぜ偉そうなのか

モラハラ男・自己愛性人格障害との別れ方 - モラハラ資料

モラハラ男・自己愛性人格障害との別れ方 - モラハラ資料

モラハラ夫は、八つ当たりの天才 | 離婚しない 『モラハラ』『自己愛性人格障害』対処の超裏技!!

モラハラ夫は、八つ当たりの天才 | 離婚しない 『モラハラ』『自己愛性人格障害』対処の超裏技!!

トランプは世界最強ナルシストかもしれない 何が彼を突き動かしているのか   アメリカでは、心理学者や医師が、自分が直接、診察をせずに公の人物について診断をし、メディアに話してはいけないという「ゴールドウォータールール」というものがある。  そうしたルールを破って、ハーバード・メディカル・スクール、カリフォルニア大学の教授ほか、数々の専門家が声を上げ始めたのだ。もちろん、主治医以外は誰も、確定診断は出せないわけだが、もし仮に、こうした傾向を彼が持っているとすれば、実に多くの言動に極めて明快に説明がつく。   「アメリカ精神医学会の分類と診断の手引き」によれば、自己愛性パーソナリティ障害(Narcissistic Personal Disorder)と呼ばれる精神疾患の診断基準は以下のとおりだ。   1.自己の重要性に関する誇大な感覚(自分の実績や人格を誇張し、優れていると認められることを期待する)。   2.限りない成功や権力欲にとりつかれている。   3.自分が「特別」であり、「独特」であり、「特別な地位の高い人々や組織だけに理解される」と信じている。

トランプは世界最強ナルシストかもしれない 何が彼を突き動かしているのか アメリカでは、心理学者や医師が、自分が直接、診察をせずに公の人物について診断をし、メディアに話してはいけないという「ゴールドウォータールール」というものがある。 そうしたルールを破って、ハーバード・メディカル・スクール、カリフォルニア大学の教授ほか、数々の専門家が声を上げ始めたのだ。もちろん、主治医以外は誰も、確定診断は出せないわけだが、もし仮に、こうした傾向を彼が持っているとすれば、実に多くの言動に極めて明快に説明がつく。 「アメリカ精神医学会の分類と診断の手引き」によれば、自己愛性パーソナリティ障害(Narcissistic Personal Disorder)と呼ばれる精神疾患の診断基準は以下のとおりだ。 1.自己の重要性に関する誇大な感覚(自分の実績や人格を誇張し、優れていると認められることを期待する)。 2.限りない成功や権力欲にとりつかれている。 3.自分が「特別」であり、「独特」であり、「特別な地位の高い人々や組織だけに理解される」と信じている。

自己愛性人格障害の恋愛の特徴

自己愛性人格障害の恋愛の特徴

Pinterest
検索