Pinterest • 世界中のおしゃれアイデアまとめ

肩こりの病態と症状—本態性・症候性肩こり: 脊椎脊髄ジャーナル: Vol 29, No 11

ピンもと:デイリースポーツ online

北島三郎 自宅風呂場で転倒し手術 頸椎症性脊髄症、一時歩行も困難に

北島三郎 自宅風呂場で転倒し手術 頸椎症性脊髄症、一時歩行も困難に #北島三郎

北島三郎 自宅風呂場で転倒し手術 頸椎症性脊髄症、一時歩行も困難に #北島三郎

16-10-06 相談者の難病卒業式  今年の2月に相談に来られた視神経脊髄炎、33歳の女性が 9月30日に相談者を卒業することになりました。 昨年、発病し嘔吐、めまい。ふらつき、歩行困難、眼振から 視神経脊髄炎と診断され、ステロイドパルス治療を受け 退院後もステロイド40mg、免疫抑制剤3mgを服用されていました。 その後、食事を変え、七葉純茶、メンタルケアを行いました。 ご本人も様々な身体によいことを試されたと聞いています。 治したい一心で進んでおられるのを強く感じました。 その後、症状も治まり、スムーズに減薬し、8月に断薬に成功しました。

bone spongy structure close-up, healthy texture of bone  科学者たちはHBをさまざまな実験でテストした。まず、複数の骨の枠組みに人間の幹細胞を置いたところ、細胞が何の問題なく成長し、新しい骨を再構成するのに必要なミネラルもつくり出したことを発見した。別の実験では、研究者たちはこの骨をマウスの皮膚下に移植した。この場合も細胞はうまく反応した。HBは急速に成長し、免疫反応や炎症を起こすことはなかった。 実際の外科的状況でもテストが行われた。マウスの脊柱の2つの脊椎を一緒に融合させたり、サルの頭骨の病気にかかった脊髄の一部を交換したりした。いずれの場合も、このHBインプラントは完全に組織に吸収され、血管の成長を促進した。

神経幹細胞の中で、組織への分化や細胞の複製に重要な遺伝子の働きを調節する仕組みに注目。ヒトのiPS細胞から作った神経幹細胞を、この仕組みが働かなくなるようにする「GSI」という薬につけてから、脊髄(せきずい)が損傷したマウスに移植した。

脊髄損傷からの麻痺が治る?「e-Dura」でラットが再び歩いた

これまで脊髄損傷などによって下半身不随になった場合、回復は不可能と考えれてきました。しかし、最近の研究では、脳にチップを埋め込むことで脊髄をバイパスして信号を脳に送ることで腕を動かせるようになる四

夜の営みを手術でより良く? 脊髄に電極を埋め込んでオーガズムを得られる機械

ポーランドとイギリスの科学者チームの歴史的成果。嗅神経鞘細胞の自家移植によって脊髄を再生して、胸部から下が麻痺していた40歳のポーランド人男性が歩くことに成功した。