Unryu-in temple, Kyoto, Japan 雲龍院 対比で切り取る。

Unryu-in temple, Kyoto, Japan 雲龍院 対比で切り取る。

悟りの窓の画像 雲龍寺

悟りの窓の画像 雲龍寺

【文殊丸(Holly NOVELS)[新書]】 著者:須和雪里 / イラスト:紺野キタ 時は平安のある春のころ、天桃山の瑞調寺近くの森に白い鳥が姿を見せるようになった。気味の悪いことに、鳥は夜な夜な文殊丸の名をさえずり続けていた。僧侶たちは、鳥に死霊が取り憑いているのではないかと怯え、調伏を冬弦に頼む。そんななか瑠璃若とウロは、興味津々で鳥を見に出かける・・・。恋しい人、親、子を想う心、人を赦し受け入れる心を、優しい眼差しで描いた愛のお話。

【文殊丸(Holly NOVELS)[新書]】 著者:須和雪里 / イラスト:紺野キタ 時は平安のある春のころ、天桃山の瑞調寺近くの森に白い鳥が姿を見せるようになった。気味の悪いことに、鳥は夜な夜な文殊丸の名をさえずり続けていた。僧侶たちは、鳥に死霊が取り憑いているのではないかと怯え、調伏を冬弦に頼む。そんななか瑠璃若とウロは、興味津々で鳥を見に出かける・・・。恋しい人、親、子を想う心、人を赦し受け入れる心を、優しい眼差しで描いた愛のお話。

隅入角皿 瑠璃釉 陶器 寺村光輔 画像2

隅入角皿 瑠璃釉 陶器 寺村光輔 画像2

瑠璃寺のしだれ桜(舞鶴市吉田)

瑠璃寺のしだれ桜(舞鶴市吉田)

【hiro__23】さんのInstagramをピンしています。 《『神蔵寺 (Jinzo-ji Temple)』 本堂 (瑠璃殿) 結縁の大賽銭箱 〜明智光秀公 駒返しの大桜〜 天正10年(1582)夏、「敵は本能寺にあり」と馬を返す光秀の軍勢を見下ろす山桜の幼木があった(亀岡市曽我部町)。 伝教大師・最澄が神蔵寺を開創以来1200年目の平成2年(1990)、大木となった桜木が伐採されることになり、有志縁者によってその桜の材を使って作られ奉納された賽銭箱。》

【hiro__23】さんのInstagramをピンしています。 《『神蔵寺 (Jinzo-ji Temple)』 本堂 (瑠璃殿) 結縁の大賽銭箱 〜明智光秀公 駒返しの大桜〜 天正10年(1582)夏、「敵は本能寺にあり」と馬を返す光秀の軍勢を見下ろす山桜の幼木があった(亀岡市曽我部町)。 伝教大師・最澄が神蔵寺を開創以来1200年目の平成2年(1990)、大木となった桜木が伐採されることになり、有志縁者によってその桜の材を使って作られ奉納された賽銭箱。》

屋上のウインドノーツ【楽天ブックス「みんなとつながることができない」私立中学の三年生・給前志音(きゅうぜん・しおん)。これまで勉強やスポーツ、そして人間関係さえも唯一の友達・青山瑠璃に頼り切って生きてきたが、離れて暮らしていた父との再会をきっかけに、あえて友達がひとりもいない県立高校への進学を決意。しかし志音の父はその後、過労が原因で急死ーー。父の遺品の中からドラムと「志音、大志を抱け」と書かれた日記を見つけた志音は、ひとりドラムの練習を始める。県立高校入学後、学校の屋上でドラム(エアで)の練習をしていた志音は吹奏楽部の部長・日向寺大志(ひゅうがじ・たいし)から入部を誘われる。一度は入部を断った志音だったが、大志の強い誘いと「何かが変わるかもしれない」という予感で入部する。いっぽうの大志は、実は過去の部活運営での失敗を抱え、その傷を乗り越えられないままでいた(部長になったのも実はくじびきの結果!)。志音の出現は「何か」を変えるのか?

屋上のウインドノーツ【楽天ブックス「みんなとつながることができない」私立中学の三年生・給前志音(きゅうぜん・しおん)。これまで勉強やスポーツ、そして人間関係さえも唯一の友達・青山瑠璃に頼り切って生きてきたが、離れて暮らしていた父との再会をきっかけに、あえて友達がひとりもいない県立高校への進学を決意。しかし志音の父はその後、過労が原因で急死ーー。父の遺品の中からドラムと「志音、大志を抱け」と書かれた日記を見つけた志音は、ひとりドラムの練習を始める。県立高校入学後、学校の屋上でドラム(エアで)の練習をしていた志音は吹奏楽部の部長・日向寺大志(ひゅうがじ・たいし)から入部を誘われる。一度は入部を断った志音だったが、大志の強い誘いと「何かが変わるかもしれない」という予感で入部する。いっぽうの大志は、実は過去の部活運営での失敗を抱え、その傷を乗り越えられないままでいた(部長になったのも実はくじびきの結果!)。志音の出現は「何か」を変えるのか?

瑠璃寺「吉田の枝垂れ桜」

瑠璃寺「吉田の枝垂れ桜」

県内の紅葉スポットの一つ、大雄山最乗寺(南足柄市大雄町)では、境内への入り口「瑠璃門」近くの大モミジが見ごろを迎えた。歴史を感じさせる建物を深紅に縁取るような姿に、多くの観光客やカメラマンが足を止めていた。 例年は同寺を取り囲むように色づ...

県内の紅葉スポットの一つ、大雄山最乗寺(南足柄市大雄町)では、境内への入り口「瑠璃門」近くの大モミジが見ごろを迎えた。歴史を感じさせる建物を深紅に縁取るような姿に、多くの観光客やカメラマンが足を止めていた。 例年は同寺を取り囲むように色づ...

寺村光輔 隅入小皿

寺村光輔 隅入小皿

Pinterest
検索